LINEで送る
Pocket

 iPhoneをスタンドに置いて充電しているときに画面が真っ黒(スリープ)だと、もったいないかどうかはさておき、充電しながらでも便利であったり、和んだりというiPhoneアプリがあります。標準の写真アルバムを表示してデジタルフォトフレームのような使い方もできますが、ここではiPhoneのアプリの中から個人的に気に入っているものを選んでみました。実際のところは時計アプリベスト3としようとしてたのですが、やっぱりこれもこれも・・・で結果5つに。

 最初は、グッドデザインエキスポ2009に出展されたLCD Clock – forYou inc.
LCD Clock このアプリ自体、何度も言ってる感じがしますが、出る前からサイトの方で見てて早く出て欲しいなと待ちわびていたアプリでした。
 今のバージョンでは6種類の背景、アラームも7種類から選べるようになっています。明るさも調整できて、アプリ起動中にiPhoneを振るとバックライト点灯で明るくなるところなど操作もiPhoneらしいこだわりを感じます。あと表示されているカレンダーは(前月?)最大7ヶ月、指でスライドして表示できるところが机の上でちょっとカレンダーを確認するときなどに便利です。六曜表示も便利。iPhoneをスタンドに置く際に上下左右どの部分を下にしてもきちんと表示してくれます。
このブログでのレビュー記事
待っていたiPhoneの時計アプリ LCD Clock | favLife
LCD Clock 2.0にアップデート | favLife
LCD Clockが3.0にアップデート | favLife

LCD Clock LCD Clock

 次は、attime – Junpei Wada
attime このブログではまだ紹介したことは無かったのですが、購入からずっと入れているアプリの一つです。元々ケータイの待ち受け画面として出ているものをiPhoneで出されたようで、5種類(デジタル3種類・アナログ2種類)の時計が指でスライドさせることで切り替えられます。これまたデザインが気に入っています。
 24時間表示のON/OFF、スリープモードのON/OFFが設定でき、こちらもiPhoneをスタンドに置く際に上下左右どの部分を下にしてもきちんと表示してくれます。
サポートサイト
at:time FLASH/携帯待ち受け時計 PC

attime attime

 次は、バージョンアップで機能アップしたFlipTime – omletworks
FlipTime 最初のバージョンでは常に音が鳴っていて仕事場では使えなかったのですが、そういうところも設定できるようになって、かつ色のバリエーションも増え便利になりました。
 アナログ時計のところのタップでも設定画面が開けますが、アラームがiPodの中の音楽を選択できるようになり、自分の好きな音楽でアラーム音の指定ができます。NTPを利用した時刻合わせができるところも便利だと思います。こちらもiPhoneをスタンドに置く際に上下左右どの部分を下にしてもきちんと表示してくれます。
このブログでのレビュー記事
フリップタイプの時計アプリ FlipTime | favLife
FlipTimeが2.0になり時刻合わせや背景色変更可能に、そしてアラームも! | favLife

FlipTime FlipTime

 次は写真と一緒に情報が表示できるWired Frame(PhotoFrame)。
Wired Frame Flickrにある写真を一定間隔で表示すると共に、日付時刻や天気、そしてニュースやTwitterのつぶやきをスクロールしながら表示できるアプリです。機能が豊富な分設定も細かくできるようになっています。私の場合、ニュースやTwitterを設定しておくとそっちに気が行き集中できなくなるので非表示にしていますが、天気の表示などは助かります。
サポートサイト
● Wired Frame ? iPhoneアプリ開発 ? ラクラクテクノロジーズ

Wired Frame Wired Frame

 最後は、すでに一つiPhone時計アプリを出していて、期待しているものが出るんじゃないかと思っていて待っていたアプリ。Yoritsuki – HYBRIDWORKS, Inc.。ここからiPhoneアプリが出た時に、秋の和室かクリスマスツリーどちらか出るんじゃないかなって思ってました。クリスマスも出してくれるといいな?。
Yoritsuki このHYBRIDWORKSさんは、壁紙やアイコンのクオリティがすごく高くて、.Fav(blog)で壁紙やアイコンを紹介する時には先に自分でダウンロードしてニンマリするくらいです。そこから出るiPhoneアプリなんでクオリティは高いはずと思ったらその通りでした。アプリ自体は四季と昼夜の切り替えが自動で行われますが、手動でも切り替えることができます。障子も好みによって変更できます。音がまたサイトでは秋だけでしたが、このアプリでは四季に増えて嬉しい限りです。
サポートサイト
Yoritsuki | HYBRIDWORKS
 Windows/MAC用のアイコンや壁紙はdeviantARTからも一部ダウンロードできますが、HYBRIDWORKSさんのサイトでは2002年から毎年XMAS GIFTページが出来てそこからダウンロードできるアイコンや壁紙、スクリーンセーバーは毎年の楽しみの一つです。
HYBRIDWORKS’s Gallery – deviantART

Yoritsuki Yoritsuki Yoritsuki

 実際どうやって使い分けてるのかというと、寝るときは明るさ調整ができるLCD Clockか、好きな音楽で起きたい時は背景を黒にしたFlipTime。家に居てPCに向かっている時は音も出せるのでYoritsuki良いです。仕事場ではattimeやLCD Clock、FlipTimeもクールで良いですし、天気が気になる時や写真を次々表示させたい時などはWired Frameが便利。要はその日の気分ということで(笑)こういうところでもiPhone持ってると飽きないということで。また今後もこういうアプリが出てきたらまとめてやりたいと思います。