LINEで送る
Pocket

 iPhoneの写真アプリで、写真カテゴリーの無料アプリでいつも上位にいるPolarize [iTunes]icon。ポラロイドカメラで撮ったような写真ができあがるので知っている方は多いと思いますが、今回はEffectsLabに続くアプリです。EffectsLabは有料ですが、これも良いです。
PhotoBoxの高機能版 画像エフェクトアプリ EffectsLab | favLife

LOFI デジタルクロスプロセスを用いた効果で、撮った写真の雰囲気を変えてくれます。また効果だけでなく、テンプレート機能もあり、複数の写真を別々に違う効果を与えて1枚の写真にしたりと、使っていて非常に面白いアプリです。
 またこのアプリはPolarizeと同じように無料です。

サポートサイトはPolarize & LOFIグループになります。
Flickr: Polarize & LOFI
App Storeでは写真カテゴリーにあります。
LOFI [iTunes]icon

LOFI アプリを起動するとPolarizeのような感じのメニューが表示されます。
 Polarizeの時はカメラを写真アルバムの選択でしが、LOFIでは、テンプレートと1枚の写真(撮影/写真アルバムから選択可能)かを選ぶメニューになります。

 PHOTOを選ぶと、カメラを起動して撮影した写真から取り込むか写真アルバムから選ぶかを選択できます。写真を指定すると12種類、1ページに6種類表示されていて下の矢印でページを切り替えて指定することができます。実際に効果を見ながら選択できます。選択すると結果が表示されますが、ここで保存せずに最初のメニューに戻りたい場合は、MENUを押してDoneボタンをタップすると戻れます。Shareはできた写真をMobypictureに(最初は登録が必要)投稿ができます。

LOFI LOFI LOFI

 メニューからたどれるもう一方のテンプレートは、複数の写真を組み合わせて一枚の写真にして保存、投稿することができます。先ほどの1枚の写真に効果を与える複数枚対応になります。
 操作は1枚の時と同じですが、複数の写真の効果を個別に与えることができるので最初の操作だけは異なります。まずテンプレートは2枚(縦と横)、4枚、9枚があります。テンプレートを選んで、枠のところをタップするとここからは1枚の時と同じ操作で、写真を選んで効果を選ぶことになります。
 これをテンプレートの枚数指定することになります。注意として、写真を選んで効果を与えたテンプレートがあるときにテンプレートを切り替えると一からやりなおしになります。
 テンプレートを選んで空きのあるまま写真を保存するとエラーメッセージが表示され保存が終わらないようです。アプリを終了するしかないようなので、必ず埋める必要があるようです。

LOFI LOFI LOFI

 なお出来上がる画像のサイズは、iPhoneの設定から指定できます。
 サイズはRegular(デフォルト), Large, Originalの3種類になります。ただFlickrのディスカッションだと更に大きいサイズで保存したいという要望が上がっています。Largerで4枚並べて1092×1079でしたが、それ以上のサイズを要望しているようです。バージョンアップもあるかもしれません。
 下はテストで作った写真です。テンプレートは2×2を使い、同じ写真で効果を変えてみました。

Test : LOFI
Test : LOFI – Flickr

 

 しかし作者は、週末プログラマということですが、他にもアプリを作っていて(もしかしたらEffectsLabに追加されるかもしれませんが)並行してこのアプリを出しているようです。すごい。