iPhoneアプリ GoogleリーダークライアントのMobileRSSがお気に入り

 iPhoneを使い始めてからGoogleリーダーのクライアントはBylineを使っていたのですが、最初の同期処理がとても遅いという不満点があり、その時にちょうど無料だったMobileRSSに乗り換えてみたら、その不満があっさり解消。今もMobileRSSを使っています。RSSリーダー自体はGoogleリーダーなので、クライアントのアプリを変更しても、一から設定などやりなおす必要もなく、情報が継続したままの状態で使えるので助かります。

MobileRSS

 しかしこのMobileRSS。似たものが同じ開発会社から出ています。RSSというアプリ。はっきり言って違いがわかりません。でも価格は異なります。サポートページで検索すると違いはあるように書かれていますが、バージョンアップでその機能がRSSに入りました。そしてMobileRSSのFree版があり、こちらは明確に広告が付くと書かれています。
サポートサイトは下記になります。
● Nibirutech
App StoreではMobileRSSはニュースカテゴリーにRSSはソーシャルネットワーキングカテゴリーにあります。
● MobileRSS for Google RSS Reader [iTunes]icon
● RSS [iTunes]icon
そしてMobileRSSの無料版で広告のあるMobileRSS – Free Google Readerがあります。
● MobileRSS – Free Google Reader [iTunes]icon

MobileRSS 以降 MobileRSS for Google RSS Readerで話をすすめます。最初に起動するとGoogle ReaderにログインするためのGoogleのログインIDとパスワードを入力する必要があります。入力を行うとそこで登録されているRSSを自動的に取得し、アプリ側で展開されます。展開された後にまず行うことは、画面の右下にあるギアマークをタップして設定を変更します。設定では、新しいものだけ表示/全部表示、フォントサイズ、1ページ(スクロールします)で表示する数、自動同期のON/OFF、Google Mobilizer(proxy)の使用、TwitterやInstapaper、ReadItLaterなども設定もここで行います。またこの画面の右上に表示されているEDITボタンでフィードの削除ができます。

MobileRSS Googleリーダーでジャンル分けなどをフォルダを使って行っている場合には、階層で見ることができます。ここではLifeHacksというフォルダを作っていて、その中にRSSフィードを入れていますが、各サイト名をタップするとそのサイトのRSSフィードを見ることができます。また一番上のLifeHacksフォルダをタップするとその中に入っているサイトのRSSフィードを時系列にまとめて見ることができます。
 1つ1つサイトの内容を見て回るより切り替える手間が無い分フォルダから見ると楽です。またこの時に右下にあるマークをタップすると全部既読にすることができます。

MobileRSS RSSフィードを1つ選んで見た時の画面です。ここでの私のお気に入りは、右上に前後のフィード切り替えがあるところ、右手で持って親指で読み終わったら次という風に切り替えられるのでよく使っています。
 画面下のメニューは左からそのフィードに対してメモを取るNote、そのサイトの記事をSafariで見るためのマーク、気になる記事にマークするスターのON/OFF、そのフィードを共有ON/OFF、一番右のマークでは、その記事をメールする、Twitterで流す、InstapaperやReadItLaterで保存することができます。Twitterで流すときには、その記事のタイトルとリンクが流せます。ここで嬉しいのはちゃんとURLを短縮してくれる機能が付いているところです。

MobileRSS MobileRSS

MobileRSS ここまではフィードからの話でしたが、フィードから更に内部で実際のSafariで見るような画面に移行できます。それは見ているフィードの一番下に表示されている「See Original」をタップすると切り替わります。よくフィードの中で、続きを読むという形で先が読めないフィードがありますが、そういうフィードを見るときにはこの「See Original」で続きを含めた全内容が見れて便利です。
 ここでもフィードの時と同じように画面下にメニューが表示され、中のリンクなどをタップしてページを移行しても前ページ次のページで切り替えできますし、読込を中止、またSafariで開くことやメールしたり、Instapaper、ReadItLaterに保存することができます。

MobileRSS MobileRSS

MobileRSS 私自身RSSリーダーは読むくらいで情報をシェアする機能などは使っていません。なので登録したフィードが読めてTwitterに投稿できて、Instapaperに保存できれば十分。それと速度ですね。ここが重要だったりします。またMobileRSSを使っていてうれしかったのは、Tweetie2にある機能で更新の際に一覧を下に引っ張ると更新というアイデアをMobileRSSでも取り入れてくれました。標準のメールアプリでも取り入れてくれると嬉しいんですが。ただ今のバージョン1.2不満点としては既読/未読が正しくないときがあったりします。ここは新規だけの表示にすれば解決かもしれませんが。あとはスターを付けたものは一覧表示の時にも出して欲しいな?という要望もあったりします。

 最後に他社さんが運営しているブログサービスでは無理かもしれませんが、自分で運営している場合にMobileRSSやRSSでfavicon.icoがあるにも関わらず自分のサイトのアイコンが表示されない方は、favicon.icoファイルをルート(ここだとwww.favlife.com/favicon.ico)に置くと、MobileRSSで表示してくれます。これは私自身が他のディレクトリに入れていてFirefoxなどでは見れるのにMobileRSSからは見れず、試しに入れてみたら次の更新のタイミングで表示されました。

ARCHエンジニア(本職)、写真人、ライター、レビュアー

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で東京タワーの写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。アプリや雑誌などにも寄稿してます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1.  タイムラプス撮影やスローシャッター撮影できるアプリが登場してからiPhoneを固定して撮るという機…
  2.  関東でも桜満開のニュースが目につくようになりました。しかしながらあいにくの天気で、雨やくもり空。昨…
  3.  前回の記事で、頭痛のためのアプリを紹介しました。このときに自分も頭痛がひどくて記録していましたが、…
  4.  運良く3連休に入ってくれて助かりました。実は先週末からかなり辛い頭痛が突発的に起きて、耐えていまし…
  5.  先日、iStockのコントリビューターに合格した話をしましたが、写真の販売のための審査も50枚ほど…
  6.  もう購入してから5~6年になるNikonのD7000。今でもiPhoneのカメラのサブとして(おそ…
  7.  毎年、花粉症らしい雰囲気がただよっては治るという時期ですが、今年は特に辛いです。特に帰りの電車の中…
  8.  おそらく、iPhoneの写真アプリの中で私が一番多用しているアプリだと思います。Googleに買収…
  9. よく使うカレンダーアプリ  iPhoneで使うカレンダーアプリもGoogleカレンダーを筆頭にいろ…
  10. Pixelに対応したケースが登場  先日Momentから発表がありましたが、Google Pixe…

My Instagram

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る