LINEで送る
Pocket

 このiPhoneアプリの電卓デザインを見た時に前回の記事の後だったので一瞬だけforyouさんの会社のものかと思いましたが(作者様すいません)、電卓として非常に美しく(クール)かつ、カスタマイズ可能というところで惹かれ購入しました。12月7日現在有料版は公開記念価格になっています。
 機能制限版の無料版もあります。

Calqum

サポートサイトは下記になります。
Calqum – DOTAPON Software
App Storeではユーティリティカテゴリーにあります。
Calqum [iTunes]icon
なお、テーマが2つ、数学・物理定数機能や、カーソルによる式の途中の編集、角度単位の設定(ラジアン・度)、メモリ関連(m-,m+,mr,mc)が省かれた機能限定版の無料のLite版もあります。
Calqum Lite [iTunes]icon
ここでは有料版のCalqumを使った感想です。

 この電卓(と言ってしまうともったいない感じですが)とにかくかっこいい。電卓というと機能を重視してしまいがちですが(実際重要ですが)この電卓を見てしまうと、やっぱり電卓もかっこいい方がいいなと思っていまいます。最初の時点では3面電卓画面があり、指でスライドさせることで切り替えることができます。設定画面は右の画面のギアのマークのボタンをタップすることで設定画面を表示します。設定画面ではテーマの切り替え、効果音、角度の単位(ラジアン・度)の設定ができます。

Calqum Calqum Calqum

 そして、このiPhoneアプリを見て納得させられたのが、ボタンのカスタマイズ。電卓と言ってもいろいろな種類が実際App Storeにあって、機能毎に使い分けたりするのですが、普段から使うボタンだけ配置できたら楽なんですよね。このCalqumでは、ボタンを長押しするとカスタマイズできるようになります。画面の下に各項目毎のボタンが表示され、いらないボタンはそちらにドラッグし、必要なボタンは上の電卓位置にドラッグするとカスタマイズできます。右に表示されている○で囲まれた||ボタンを押すとカスタマイズ終了です。

Calqum Calqum Calqum

Calqum このアプリの中に入っている電卓のテーマも嬉しい機能で、4種類のテーマがあります。どれもなかなか素敵なテーマで良い感じ。こういうテーマを電卓でも選べるというのは嬉しいところです。

Calqum Calqum Calqum

Calqum メモなどの文字の修正と同じような操作で入力時の計算式も後から修正ができます。ただ、電卓だけに前回終了の状態を残しておいて欲しいと思っていたら、次回のアップデートでサポートされるようです。

 また今後の機能としては、計算履歴や税込/税抜ボタンが入るということで楽しみですが、個人的にはボタンがカスタマイズできるということで、ビット演算や16進への変換の機能や演算が欲しいところです。