LINEで送る
Pocket

 個人で名刺なんて必要無いだろうなと思って、今までは作る機会が無かったのですが(仕事の名刺は持っていますが)、今回は作りたい衝動に駆られ作成しました。というのもiPhone × CameraTalk vol.02に2回行った時のこと、最初に行った時にKENさんtsurujunさんからいただいた2枚の名刺がとても気に入ってしまいどこで作ったのかを聞いて、帰宅後すぐ登録・作成・購入しまいました。

 このログペーパーのサービスで私が購入したのは、お二人からいただいたログペーパーと同じサイズの、名刺より少し小さいサイズの miniCARD(サイズは85mm × 45mm)です。お値段は1セット36枚で1,260円+送料(メール便180円/ゆうぱっく500円)。ただの紙に印刷なら自分でやった方が安上がりかもしれませんが、加工もされていて水がかかってもふにゃっとなりません。

 ただ名刺の作成は、ウェブからその場で作成できるのが面白いところで、自分のデザインで作成することができます。最近はよく写真を撮っているので自分のお気に入りの写真を付けたりということができます。またログペーパー自体は無料で登録することができるので購入しなくても試すことが可能です。また試したものはサイトに保存しておき、必要な時に購入するということが可能になっています。

logpaper「本、名刺、ポストカード、ノート」をネットで簡単作成!

 登録を行うと以降はログペーパーのサービスへはメールアドレスとパスワードでログインできるようになります。ログインして「作成する」ボタンを押すと全画面のブラウザが表示され、この画面から名刺の編集作業ができます。

logpaper

 テンプレートの変更は左のテンプレートをドラッグ&ドロップすることで簡単に変更でき、いろいろ細かい設定ができるようになっています。
 一番重要なところは名刺にどこまで個人情報を出すかというところなのですが、仕事の場合だと会社の住所があれば大丈夫ですが、個人だと心配なのでカット。電話番号はiPhoneの番号で、あと氏名、メールアドレス、ブログURL、他使ってるサービスのURL(TwitterやFlickrなど)を入れるようにしました。裏側にはiPhoneで撮った写真をログペーパーにアップロードしてそこから選択しました。
 またアイコンやQRコードを付けることができるのでそこは使用状況に寄ると思いますが、作って保存しておいて必要な時に注文できるのは便利です。
 
 そして、注文してから1週間後おしゃれな包装で到着。中を開けてあれ?と思いましたが、管理用のカードが何枚か入っているようでその1枚が一番上にありました。ところどころに入っています。

logpaper logpaper logpaper

 ということで、私の場合はiPhone × CameraTalk vol.02の開催中にお二人にお渡ししたかったのでゆうパックで頼んで8日で届き、2回目見に行った時にお渡しできました。
 名刺の中身はここでは晒さず、持ってる人しか分かりません(笑)
 iPhoneアプリで簡単に連絡先交換ができるBumpも便利だけども、写真を紙にプリントするように名刺を紙でもらうというのは良いなと思いました。 
 今回失敗したのは写真が36枚全部同じでおもいっきりクリスマスなところ。1セット36枚のカード1枚1枚異なるデザインにすることができたのに。。。アップロードされた使われない写真がポツーンと残っています。以後注意しなければ。ということでまた2010年版も、そんなに配らないと思いますが、作ろうと思っています。