FocalLab : iPhoneの魚眼レンズと相性の良さそうなアプリ

 KEN3TV主催の2009年11月30日?12月13日まで行われたiPhone x CameraTalk vol.02の中で密かに話題になった魚眼レンズ。2度目に伺った時にその使用率の高さと実際に装着させて使って面白かったのと、雰囲気に飲み込まれ、そのまま1階のモノグラムさんで購入しました。(すいません。まだ未開封ですが来年から。装着したらレビューします。)
 魚眼レンズ(GIZMON)の楽しさはKEN3TVの記事にあります。
09.1206 魚眼レンズの楽しさ発見「iPhone x CameraTalk vol.02」 ? KEN3TV×iPhone x CameraTalk

 今回紹介するのは、iPhoneの魚眼レンズ(GIZMON)を通して撮った写真に便利では無いかな?という写真アプリです。実際、イベント中は「魚眼のtsurujun」ことtsurujunさんがつぶやきで言っているようにはぴいさんが持っている魚眼レンズ「はぴいフィッシュアイ(正式名称ではありません)」も面白いです。実際に試させていただきましたがこちらのレンズは残念ながら12月28日現在、在庫無し。

FocalLab このアプリ自体は、エフェクトをかけるアプリで、あまり使う機会は無いかなと思っていたのですが、魚眼レンズを着けて撮った時にこれは使えるかなと思って使ってみたらうまくいきました。もちろん別の用途でも便利なアプリです。中でもズームのブラーエフェクトは好きです。なおこの会社はReelDirectorやReelMomentsなどiPhoneで動画編集できるアプリも開発している会社です。Vihgoというアプリも同じようにできるんですが、残念ながら写真の全部が表示できないバグがあるので止めました。

サポートサイトは下記になります。
iPhone Apps from nexvio | FocalLab
App Storeでは写真カテゴリーにあります。
● FocalLab [iTunes]icon

FocalLab エフェクトはDreamy Blur, Soft Focus, Zoom Blur, Motion Blurで、他にVignette(周辺減光), Black and White(白黒写真に変換), Resize(サイズ変更)が入り計7種類あります。この中で魚眼レンズを使った写真を撮った時に使えそうなエフェクトは、Zoom BlurとVignetteです。GIZMONの魚眼レンズだとどうしても縁の部分があるので、ここを消したいとか、光の反射具合で縁が一部だけ光ったりするときにはVignetteで縁の部分だけ暗くする事ができます。この操作は自動ではなく手動で調整が効くので便利です。また一旦アプリを終了しても終了する前の写真を表示してくれます。

 ここでは、イベントに行った時に撮った写真で試してみました。まずは元の魚眼レンズで撮った写真でレンズの縁が写っています。次が「はぴいフィッシュアイ」レンズで撮った写真。こちらは縁の部分が延びたような感じでこういうのをアプリで出来てたのを思い出しました。

魚眼レンズ 魚眼レンズ

 次はFocalLabで最初のGIZOMの魚眼レンズで撮った写真にZoom BlurとVignetteのエフェクトをかけてみます。

FocalLab FocalLab

 レンズの縁が隠せるんで良いのですが、やっぱり動画撮るときにも同じ効果が得られる「はぴいフィッシュアイ(正式名称ではありません)」には勝てない気がしますが、いつ発売再開になるか分からないのでそれまではこちらを使って遊んでみます。なお保存サイズは最大1600×1200になっています。
FocalLab FocalLabの画面メニューは、上部左から保存、真ん中がエフェクト選択、右の表示は表示されているサイズの%表示。下のメニューは、左から元に戻す、カメラ起動、写真アルバムからの写真選択、FocalLabの情報になります。
 ここではZoom BlurとVignetteのエフェクトを使ってみましたが、各エフェクトはスライドバーが下に表示され強弱の調整ができます。
 またスライダーバーだけでなく画面上のピンチイン・ピンチアウトでも同じ操作ができます。

FocalLab FocalLab

 これは、FocalLabのZoom Blurでエフェクトをかけて、CAMERAtanで元写真と合わせた写真です。こういうのもできるのは面白いです。

Fallen leaf

ARCHエンジニア(本職)、写真人、ライター、レビュアー

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で東京タワーの写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。アプリや雑誌などにも寄稿してます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1.  タイムラプス撮影やスローシャッター撮影できるアプリが登場してからiPhoneを固定して撮るという機…
  2.  関東でも桜満開のニュースが目につくようになりました。しかしながらあいにくの天気で、雨やくもり空。昨…
  3.  前回の記事で、頭痛のためのアプリを紹介しました。このときに自分も頭痛がひどくて記録していましたが、…
  4.  運良く3連休に入ってくれて助かりました。実は先週末からかなり辛い頭痛が突発的に起きて、耐えていまし…
  5.  先日、iStockのコントリビューターに合格した話をしましたが、写真の販売のための審査も50枚ほど…
  6.  もう購入してから5~6年になるNikonのD7000。今でもiPhoneのカメラのサブとして(おそ…
  7.  毎年、花粉症らしい雰囲気がただよっては治るという時期ですが、今年は特に辛いです。特に帰りの電車の中…
  8.  おそらく、iPhoneの写真アプリの中で私が一番多用しているアプリだと思います。Googleに買収…
  9. よく使うカレンダーアプリ  iPhoneで使うカレンダーアプリもGoogleカレンダーを筆頭にいろ…
  10. Pixelに対応したケースが登場  先日Momentから発表がありましたが、Google Pixe…

My Instagram

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る