LINEで送る
Pocket

 ちょうど2ヶ月前にこのアプリのβ版を試す機会があり、いろいろと試していましたがやっとApp Storeに登場。年末間に合わないかもと言われていたんですが間に合ったようです。このアプリ、先日言っていた有名なサイト(iPhoneography.com)のオーナー(Glyn Evansさん)とLOFIやPolarizeを作った開発者(Chrisさん)とのコラボアプリです。
 私自身はこの126フィルム自体、全く知らなかったのですがアプリを試しているうちにいろいろと見て回り知ることができました。既に126フィルムは生産中止で、それをiPhoneのカメラアプリで再現するという試みがあったようです。それに加えiPhoneの写真アプリとしての要求を随時受け入れてくれてすばらしいアプリになっています。126フィルム自体は正方形フォーマットなので、もしその趣のままiPhoneで撮りたいという場合は正方形フォーマットで保存することもできるようになっています。
Format126 但し保存される写真のサイズは正方形だけで無く、通常のiPhoneで撮った写真のサイズでもエフェクトをかけ保存できるので、126フィルムを知らなくてもリサイズ・エフェクトをかけるアプリとして使うこともできます。最初にもらったβ版はiPhone 3GSでも嘘のように落ちるアプリで不安でしたが、Gold Build(最終β版)では見違えるように変わって使えるようになりました。しかも無料です。

サポートサイトは下記になります。FlickrのFormat126グループです。
Flickr: Format 126
App Storeでは写真カテゴリーにあります。
Format126 [iTunes]

Format126 起動画面はどこかで見たことある方もいると思いますが、LOFIとそっくりです。ただLOFIとは異なり、左側のキングファイルのところタップすると既に撮影して保存してある写真アルバムから選択できます。右側のカメラをタップするとカメラが起動し、写真を撮ることでFormat126に取り込めます。ここにもお二方のお名前とiPhoneography.comのリンクがあります。

 実際、写真アプリを紹介してGlyn Evansさんのコメントがあるのですが、これに関してはコメント無しですね。
● iPhone Photography – iPhoneography, just another iPhone photography blog – Journal – New iPhone Photo App:?Format126

Format126 エフェクトの種類は(そのままの写真も含めて)全部で8種類。それに加えてオプションとして、周辺減光(Vignetting)、正方形フォーマット(Square Format)、ふちの付加(Border)があります。
 最初は写真とその上にエフェクト名が表示されている状態なので、エフェクト名のところをタップすると、左のようなエフェクトやオプションが選択できる画面になります。エフェクトの部分をタップするとすぐ写真に反映されて見ることができます。このエフェクト一覧を消したい場合はまた一番上のエフェクト名をタップすることで消せます。

 ここで出力されるサイズですが、これはiPhoneの設定からアプリケーション Format126をタップしてもらうことで、Regular・Large・Originalを選択することができます。ここはサイズと共に保存するときの時間に影響します。

 エフェクトを試した結果です。ここではオプションすべてONにしています。またFlickrのFormat126のグループにはFormat126を使った写真が多くあります。(私も何枚かテストで出しています。)
Flickr: Format 126

Format126 Format126
Format126 Format126
Format126 Format126
Format126 Format126

 サイト(と言ってもGlyn Evansさん自身も写真家のようですが)と写真アプリとのコラボというのも面白い試みで、もっとこういうアプリが出てきて欲しいなと思います。
 開発者のChrisさんはLOFI,Polarizeと無料で出しておられ、今回も無料で出されていますが有料アプリも出しています。こちらはかけたフィルタを覚えておいて自分のフィルタとして使えるところが面白いアプリです。
PhotoBoxの高機能版 画像エフェクトアプリ EffectsLab | favLife