LINEで送る
Pocket

 スケジュール管理するカレンダーアプリとして前回11月の半ばに「さいすけ」を紹介しましたが、年末に.Sched [iTunes]iconを試してみました。これがまたコピー&ペースト対応でしかもGoogleカレンダーとの同期が速い(ように見せているのかもしれませんが)、見せ方が横にした時に面白いということで若干バグなどの不満点があってメールで問い合わせしたところバグ修正はすぐ対応されました。ただ要望の部分はまだ、ということで先日出てきた背景が選べるRefills [iTunes]iconも(カルワザクラブでiTunesカードが20%OFFということもあり)購入してしまいました。そして今日の.Schedのバージョンアップで要望していた事が入り、しまった?という感じでのレビューです。
 ちなみにカルワザクラブのiTunesカード20%OFFは1月10日(日)までなので必要な方はお急ぎを。(最終日とか品切れになることが多い気がします。)

 前回のさいすけのレビューはこちら。私がスケジュール管理アプリで重要視するところはGoogleカレンダーとの同期、見た目(視認性)、コピー&ペーストの容易さ、安定性です。
iPhoneのカレンダーアプリはこれに落ち着いてます。 | favLife 

 はじめに年末に購入した.Schedから。

サポートサイトは下記になります。
● .Sched (Japanese) | KJ App
App Storeでは仕事効率化カテゴリーにあります。
.Sched (Sync with Google Calendar) [iTunes]icon
また機能を絞った無料版もありますので、こちらで試してみるのも良いかと思います。
.Sched Free (Sync with Google Calendar) [iTunes]icon

 さいすけは、カレンダーの下にその日の予定が表示されていましたが、こちらはそういう表示はありません(さいすけ自体は設定で同じように変更できます)。この画面から日をタップするとその週が表示され、その下にその日の予定が表示されます。なおこの画面からは、左上の+で予定の追加と+マーク以外のバーの部分をタップすると指定した年月へジャンプする機能があります。
 日をタップした時に表示される予定の中で、右にファイルのアイコンが表示されるのは、その予定が繰り返し(ここでは毎年)になっているという意味です。そして設定ですが、これはiPhone自体を振ると表示されます。これはこのアプリを起動時に表示する設定もできるようになっています。
 この真ん中の画面の上にcopyというボタンがありますが、このボタンでコピーすることができます。コピーしたいものを追加したい場合は、+マークのタップで新しい予定を入れるときに、上にpasteというボタンが使えるようになっています。
 月表示の時に画面を指でスライド(スワイプ)させると次の月や前の月に簡単に移動できます。左右にスライドだけでなく、上下のスライド動作で移動というのもバージョン1.30から可能になりました。

 振った時に表示されるボタンですが、左上が同期、右上がスケジュールの検索、左下が設定、右下がこのメニューを閉じるボタンになります。なおバージョン1.30からこの左右上のボタンと、最初に表示されていた予定の追加の+マークは他のボタンに割り当てることが可能になりました。例えば、最初に表示される+マークのところをGoogleカレンダー切り替えボタンに割り当てて、見たいカレンダーだけ表示したりということも可能になっています。但しここでのカレンダーはGoogleカレンダーの1アカウントの中で登録されているカレンダーの中からになります。


 そして嬉しいところとしては、さいすけには履歴の編集という機能がありましたが、履歴の機能というのは、一度入力した項目を覚えておいてくれて再度入力する際に手助けしてくれる機能ですが、多くの履歴をかかえると今度は逆に選択するのが面倒になってきます。また同じ項目が重複したりということもあったり削除機能が欲しかったのですが、こちらもバージョン1.30からできるようになりました。

 予定の項目としては新しく場所(Location)の入力からマップを内部で表示できるようになっています。また繰り返しの予定も毎日・毎週・毎月・毎年の設定が可能です。この.Schedバージョンが上がる度にすごく良くなっているのですが、不満な点としては今回マップがサポートされましたが、例えば連絡先に登録されている住所が選択できたりすると便利かなと思いました。またコピー&ペーストですがペースト時の時間はコピー元の時間ではなく、現在の時刻からになるところで、日はペースト先の日で良いのですが、(これは私個人的な意見ですが)時間もコピーして欲しいところです。そして予定を追加したときの動作としてはGoogleカレンダーで設定したものが有効でこのアプリからは通知の方法(メールやポップアップなど)指定できないのが残念です。ただ予定の入力項目にあるということは・・・何れサポートされるのかなと期待します。

 iPhoneを横にした時は週表示になってくれるところとか便利ですし、設定が最初から隠れているところなどは見やすくて便利だと思います。またこの画面で当日を含む週を表示しているときは、その現在の時刻の部分に赤線が表示されています。1日の空いている時間が分かるタイムライン表示が無いところが他のアプリとは違うところです。なおカレンダーの色はRefillsも同じですが、Googleカレンダーで設定した色になっています。

 そしてもう一つ。.Schedがバージョンアップする前に買ってしまったアプリです。正直買って失敗したかというとその反対です。個人的には、さいすけの機能+見た目で今後のバージョンアップではすばらしいアプリになると思います。ただ残念ながら現在は英語メニューのみで2010年春に日本語化の予定になっています。と言っても日本語は入力もできますし予定の表示も可能です。
 このRefillsの面白いところは、機能もさることながらリフィル(背景)がダウンロードで変えられるところです。

サポートサイトは下記になります。画面のスクリーンショットも豊富ですしFAQなどもあります。私はこのサイトの充実度を見て購入を決めました。
● Refills ホーム – KGT
App Storeでは仕事効率化カテゴリーにあります。
Refills [iTunes]icon

 操作はさいすけよりも.Schedに近い感じで、左右のスライドで次の日や週、月への移動ができます。また表示の切り替えが下のメニューから簡単に日、週、月と切り替えられるのは便利です。そしてタスクもあります。このバージョンではタスクの同期は無くこのアプリだけで完結しています。下のスクリーンショットではリフィルを変えて表示していますが、リフィルを変えた時にはアプリ自体を一旦終了して再度起動すると反映されます。

 こちらのアプリの設定はアプリ側にもあるのですが、基本的な設定はiPhoneの設定からアプリケーションの中にあるRefillsから設定します。そこではGoogleアカウントの設定から、一日に表示する予定数(6?12)やタスクで表示する数(6?14)何時、何曜日始まりか、iPhoneを振った時のアクション(今日に移動・同期・何もしないから選択)などが設定できます。
 アプリからの設定は表示するカレンダーの指定や同期、リフィルの選択などができます。こちらも.Schedと同様カレンダーの色はGoogleカレンダーで設定した色が使われますが、色無し(モノクロ)も選択できます。祝日のカレンダーは日本を含め9カ国のカレンダーが最初から入っていて選択できます。ここらへんを見ると最初から世界対応しているアプリなんだなと実感できます。

 予定の入力は予定(Event)かタスク(Task)を切り替えて入力できるようになっています。こちらも.Sched同様、Locationに内部でマップ表示ができるようになっています。予定のリピートも同じで毎日・毎週・毎月・毎年が選択できます。そして、リマインダーとして.Schedでは出来なかった通知の種類としてメール・SMS・ポップアップの指定ができるようになっています。このRefillsで他のカレンダーアプリと違うなという点は、オプションにあるゲスト。これは自分のGoogleカレンダーにゲストを追加することができるのですが、これは連絡先からゲストを選択できます。そのゲストに対してのアクション(編集可能・他の人を招待・ゲストリストを見る)をチェックマークを付けることで許可できるようになっています。

 一番気になるところの予定のコピー&ペーストですが、タスクに対してもコピー&ペーストができるようになっています。これは詳細表示にした時(予定なら1つの予定表示、タスクなら1つのタスク表示)にしたときに画面下にメニューが表示されます。ここで左下にあるマークをタップすると「Duplicate Event/Task」というボタンが表示されるのでそこでコピーされ、続けて時間も日付も元と同じなので日付を変えて保存するという方法になります。

 このアプリで残念なところはまだタスクに関しては同期が無いところです。何かと同期する手段があると良いのですが、あと時々スライドして切り替えた時にGoogleカレンダーにアクセスできないエラーが1度だけ表示されました。ただ再表示すると元に戻るので問題は無いのですが、安定度はあって欲しいところです。
 なおどちらのアプリも一度同期するとデータは内部で持っているのでネットが使えないところでも既に入れている予定は見ることができます。さいすけの時は、入力オンリーで見るのは標準のカレンダーでしたが、これらのアプリを見ると標準のカレンダーよりも見やすいなと思います。たださいすけには六曜表示があったりしてそちらを重要視する方にはさいすけだと思います。
 個人的には、どれも欲しい機能を持ちつつあるので一概にこれがいいとは言うのは難しく、現時点での操作性から言うと「.Sched, Refills, さいすけ」の順と言いたいところなのですが、入力に関してはやはりRefills,さいすけが良いです。安定度から言うとすでに完成されている感じがあるさいすけ。今後の期待度から言うと、Refills,.Sched,さいすけの順かなと思います。

 問題は価格で、今回奮発してしまいましたが何かの参考になってもらえれば幸いです。どちらのアプリもサポートサイトでは動画もあったりスクリーンショットもあったり、充実しているので購入しようと思ってる方は一度見ることをオススメします。しかしカレンダーアプリもかなり洗練されてきてどれも良くて困りものです。

Mac で Windows を動かすなら act2.com