連続撮影した写真にエフェクトがかけられアニメーションGIFまで作成できるiPhoneアプリ Gemini

 連続撮影した写真にエフェクトをかけて1枚の写真にできるアプリはいくつかあり、私もいろいろ使っていましたが、このGemini – Multi-Shot Animatorの機能は、エフェクトの多さ(ノーマル含めて9種類)、それに加えてアニメーションGIFの作成もできるところが特徴です。エフェクトを加えたアニメーションGIFができるのは面白いと思います。
複数の撮影写真を1枚におさめるiPhoneカメラアプリ | favLife 

 このアプリのアイコンで気付いた方もおられるかもしれませんが、このGemini、ハイコントラストなモノクロ写真が作成できるSpicaの開発者さんでもあります。

 Spicaはシンプルにモノクロのエフェクトだけに機能に絞ったアプリでしたが、こちらはエフェクトが8種類もあります。Twitterへの投稿もサポートしています。(今のSpicaにもTwitterへの投稿はサポートされています。)
サポートサイトは下記になります。
Gemini – Multi-Shot Animator | iPhoneDev.null-null.net
App Storeでは写真カテゴリーにあります。
● Gemini – Multi-Shot Animator [iTunes]icon

 起動した時には写真の表示はなく画面下のメニュー一番左のカメラマークをタップして撮影します。ただその前に連続撮影の確認も含め設定が必要です。それは画面一番右のギアのマークをタップして変更できます。
 ここでの画面下のメニューは右からカメラ、ライブラリ、エフェクト、保存(ライブラリかカメラロール)、メールやTwitterへのエクスポート、設定になります。

 カメラの時はシャッターボタンの横に進捗状況を表してくれるので、あとどのくらいカメラで撮っていればいいのかがわかり便利です。またiPhone 3GSでは標準カメラと同じようにフォーカスを合わせたい所で画面タップをすると調整できます。
 
 最初は設定画面からでここの設定が撮影時に有効になります。上からカメラの部分の設定では、撮影枚数(Shooting Count:2, 4, 8, 16枚)、撮影間隔(Interval:0.1, 0.2, 0.5, 1.0, 2.0, 3.0秒)、エフェクトの種類(Filter:Vivid, Color Cross, Polaroid, Staid, Vintage, Flash, Mono, Super Mono)、自動保存(Auto Save:ライブラリとカメラロール)が指定できます。エフェクトに関しては、撮った後でエフェクトの画面から変更ができます。
 次はエクスポートするアニメーションGIFの設定で何色のGIFにするか(Color Number:2, 4, 8, 16, 32, 64, 128, 256色)、サイズ(Image Size:Quarter, Half, Original)、減色処理で綺麗に見せるためのディザ処理のON/OFFが設定できます。
 次のアップロード(Upload)はTwitterアカウントの設定になります。1度登録するとアプリ側で保存されるので1度目だけ設定が必要です。

 設定が終わるとカメラで撮影ですが、撮った写真は、設定した枚数と撮影間隔で画面にアニメーションで表示されます。この時画面をタップするとアニメーション表示と連続した写真が並べられた表示を交互に切り替えられます。並べられた表示の方は保存の際にカメラロールを選択すると保存される写真になります。ここでは撮影枚数4枚にしています。

 ライブラリでは、このGemini内部でアニメーションを管理できます。ライブラリでは写真のインポートと削除ができます。インポートは最初分からなかったのですが、Geminiでカメラロールに保存した写真が対象になります。つまりその写真があればいつでもライブラリに戻すことができます。
 カメラロールに保存した写真は連続写真にはなっていますが、撮影間隔までは写真に記録できません。インポートする際には撮影間隔を指定してライブラリに取り込むことができます。エフェクトに関してはカメラロールに保存した時のエフェクトがかかっています。

 こちらはエフェクトをかける画面です。
 エフェクトの名前のところをタップすると撮った写真が動きながらエフェクトをかけることができます。
 またこちらも写真の所をタップするとワンショットずつを並べて表示した形に切り替えられます。どのエフェクトも私自身よく使うのでこれは嬉しい所です。

 撮影をして、エフェクトを決めたら後は保存の作業ですが、設定のところで自動保存をしているとここはあまり必要ではありません。保存に関しては、ライブラリへの保存とカメラロールへの保存があります。ここでカメラロールに保存するとワンショットずつ並べた写真で保存されます。この保存された写真があれば、他の人の写真をライブラリのインポートで取り込むことができます。画像サイズですが、4枚で撮影したときのオリジナルのサイズは652 x 864でした。16枚だと1300×1724でした。ただここで保存したサイズの写真をリサイズしてしまうとインポートできなくなるので注意です。
 逆にここで思ったのは保存したサイズのままで他のエフェクトがかけれるアプリを使って保存すると更に面白いことが出来そう。

 エクスポートはメールにアニメーションGIFを添付して(ファイル名はphoto.gif)送信とTwitterにもアニメーションGIFの投稿ができます。Flickrなどにメールで投稿する場合にも便利です。但しFlickrの場合は、オリジナルサイズの表示にしないとアニメーションしてくれないのは残念です。

 実際に作ったアニメーションGIFが下の写真です。256色、フルサイズで出したので大きいサイズになってしまいましたが、最初と最後の写真が繋がるような写真ができるとまたエンドレスで見れるアニメーションGIFができて面白そうです。ここではエフェクトにVividを選んでみました。

 Flickrに、このGeminiで撮影された写真を投稿できるグループがあります。
Flickr: iPhone Gemini
 SpicaのFlickrグループはこちら
Flickr: iPhone Spica
 あと個人的にこのアプリで欲しいのは手動のタイミングで撮った写真をアニメーションGIFにしてくれると変わったものが出来て良いだろうなと思いました。

関連記事

ARCHエンジニア(本職)、写真人、ライター、レビュアー

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で東京タワーの写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。アプリや雑誌などにも寄稿してます。

この著者の最新の記事

コメントは利用できません。

このページを

LINEで送る

ピックアップ記事

  1.  運良く3連休に入ってくれて助かりました。実は先週末からかなり辛い頭痛が突発的に起きて、耐えていまし…
  2.  先日、iStockのコントリビューターに合格した話をしましたが、写真の販売のための審査も50枚ほど…
  3.  もう購入してから5~6年になるNikonのD7000。今でもiPhoneのカメラのサブとして(おそ…
  4.  毎年、花粉症らしい雰囲気がただよっては治るという時期ですが、今年は特に辛いです。特に帰りの電車の中…
  5.  おそらく、iPhoneの写真アプリの中で私が一番多用しているアプリだと思います。Googleに買収…
  6. よく使うカレンダーアプリ  iPhoneで使うカレンダーアプリもGoogleカレンダーを筆頭にいろ…
  7. Pixelに対応したケースが登場  先日Momentから発表がありましたが、Google Pixe…
  8.  今回ご紹介するアプリは、タイトルの四季をフィルターで表しているカメラアプリです。この記事を書く頃は…
  9.  お店のショウウィンドウに飾られていたので写真を撮ってみました。男性にとっては無縁のひな祭りですが、…
  10.  私の住んでいるところは今月末から桜がお目見えします。今からすごく楽しみで、iPhoneもいろんなア…

Twitter でフォロー

My Instagram

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る