LINEで送る
Pocket

 先日、1日1枚写真を記録してくれるiPhoneアプリのProject365を紹介しましたが、それよりも高機能で日記として使えるアプリがランキングにあがっていたので試してみました。正直このアイデアはすばらしいです。これなら私でも毎日日記をつけられそう(正確に言うとつけてもらえそう)。

 ただ日記をつけるアプリだと購入しなかったと思います。それはToDoやカレンダーアプリがあるからです。個人的にこのアプリが気に入ったところは、日記をつけなくてもFlickrに投稿したりTwitterにつぶやいたりは毎日していることで、そのデータを取ってきてくれこのアプリの日記の中に入れてくれるところです。これが正確に言うと日記をつけれそうと言う意味です。しかも発売記念で今後値上がりすると言うことを書かれているので買ってみたら自分としては買って良かったアプリでした。

サポートサイトは下記になります。
Welcome – Momento Support
App Storeではライフスタイルカテゴリーにあります。
Momento [iTunes]icon

 日記を書いていないのにFlickrやFacebook、Ladt.fmそしてTwitterに投稿したものが自動的に取り込めて日記が完成してしまう便利なアプリ(追加できるネットサービスはまだ増えるようです)。もちろん普通の日記として書き込める機能も付いています。
 そして画面のデザインも見やすく、リスト形式の表示、カレンダー表示、タグからの表示、各サービス毎の表示で切り替えて見ることができます。
 最初にこのアプリを起動して、日記を書くこともできますが、(現時点では)Twitter, Facebook,Flickr,Last.fmを使っている方にとっては、画面の左上にあるギアマークをタップして設定画面からデータを取り込む事ができます。一度設定してしまうと後は自動でアプリ側に読み込んでくれます。

 このアプリでは、日記ということでセキュリティの面からパスコード(数字4桁)を設定できます。設定すると起動時に入力しないと開けないようになっています。各サービスは設定画面の中のネットサービス名をタップすると登録できるようになります。ここではTwitterを取り込んでいる画面を表示していますが、Twitterでは最大3200件のつぶやきを取り込めます。この時に@付きで相手を指定してつぶやいているつぶやきは含める/含めないの設定が可能です。FlickrやLast.fmは取り込みましたが、私の場合Flickrは最初の写真から全て、Last.fmは2007年のデータまで取ってきました。取ってきたデータに関しては、加工などする事はできません。また日記上から削除と見ることだけです。そのサービスへのリンクなどもありません。
 データはエクスポートできますが、メールで添付されて送ることができます。拡張子は.plistになっていますが、今のところその使い道は分かりません。

 表示方法は画面下のメニューで切り替えることができます。Days, Calendar, Tags, Feedsの4種類があります。カレンダー表示の画面下メニューの下に表示されているJ・F・M・・・はここを選択するだけでその年の月移動ができるようになっています。タグに関しては、ネットサービスに関しては付加することができません。日記を付ける時に付けたタグが表示できます。フィードは追加したネットサービスを各サービス毎に表示できます。

 日記としてこのアプリに登録する場合は各表示画面の右上に表示されているアイコンをタップして記述します。この記述もコメント程度ではなく、★を付けたりいろんなタグが登録できます。
 また当日、日記を書くのを忘れてしまった場合も★マークの上に表示されている日付をタップすると日付時刻を変更して入力することができます。

 入力項目の切り替えはキーボードが表示されている上の部分をタップして切り替えます。Tag Peopleは人の入力ですが、+マークのタップで連絡先から取ってくることができます。Tag Placesは場所の入力で、+マークを押すと入力フォーマットを表示して入力もできますが、現在地からも取ってくることができます。試したところ日本語で現在地(神奈川県厚木市)が表示されました。ただこのアプリで入力した住所からマップが開いたりすることはありません。

 Tag EventsやCustom Tagはそのまま文字を入力して登録できます。写真に関しては1回で8枚登録できます。これだとProject365の1日1枚よりも多く写真が貼れます。間違って貼ったとしても写真の部分をタップすると削除ができます。

 Momentoから登録した日記はリスト表示(Days)、カレンダー表示(Calendar)でオレンジ色で表示されます。写真は複数貼り付けると左のように1枚目だけ表示され、写真をタップするとスライドさせて次々写真を表示することができます。ここでは1Eventと 1Placeの表示になっていますが、ここをタップすると登録したタグが表示できます。
 この時に画面右上のEditボタンでFlickrやTwitterなど取り込んだネットサービスを日記上から削除することが、このアプリから登録した日記に関しては編集が可能です。
 一番便利だなと思ったのは、リスト表示(Days)とフィード表示(Feeds)でサービスを選択して表示させた時に、下にスライドさせると上に検索できる項目が表示されます。インクリメンタルサーチで検索できるので過去のネットサービスや日記の検索に便利です。
 なおFlickrの写真表示に関してはネットワーク(圏外含)に繋がっていない時は表示できませんでしたが、接続すると見ることができます。

 あと欲しい機能としては、やっぱりリンク機能です。ネットサービスが取り込めるところはすごく便利ですが、そこから先が無いのが惜しいところです。しかし文字として入力しておけば検索できるところはありがたい機能です。普段、ブログやネットサービスに投稿しないものなどをこのアプリに入れていこうと思います。