LINEで送る
Pocket

 モノクロやセピアのエフェクトをかけるiPhoneアプリはいろいろありますが、このMonoPhixは1つでモノクロ・セピア・アンティークとエフェクトがかけれるアプリです。アプリ名だけ見るとモノクロだけと思われがちですが、アップデートで拡張されました。エフェクトも自分で調整できるところが良いのですが、中でも一番気に入っているところは、読み込んだ写真のサイズそのままで保存できるところです。なおこのアプリにはカメラを呼び出す機能は付いてなく、全て写真アルバムからの選択になります。

サポートサイトは下記になります。
Phoenxsoftware – Computer entertainment Belgium
App Storeでは写真カテゴリーにあります。
MonoPhix [iTunes]icon
また機能制限版で広告の出る無料版のMonoPhix Liteもあります。
MonoPhix Lite [iTunes]icon

 以下はMonoPhixの説明になります。
 起動してすぐの画面ですが、操作もシンプルで、写真の読込(Open)、エフェクトをかける、保存する(Save)になります。アンドゥはありませんが、取り込んだ元の写真に戻すこと(Return)は可能です。
 なお、元の写真に戻すことは、写真にエフェクトをかけた後から有効になるので、一度写真を読み込んで、エフェクトをかけて保存し、Returnで元の写真に戻すことができます(保存しなくてもReturnは可能です)。つまり違うエフェクトを1枚の写真にかけて保存したい場合には、その都度写真を選びなおさなくて良いので便利です。

 写真を選んだら、エフェクトの種類を決めます。
 画面の下に、セピア(Sepia)、モノクロ(Mono)、アンティーク(Antique)が表示されるので、その中の好きなエフェクトをタップしてエフェクトをかけます。

 以下は各エフェクトをかけている時の画面になります。左からセピア・モノクロ・アンティークになります。プレビュー画面の周りには、明るさの強さと暗さの強さを調整できるボタンがありますが、下のスライドバーでも調整できます。調整が終わって、下にあるApplyボタンをタップするとエフェクトがかかります。エフェクトをかけている間はこのボタンがApplying…という表示に変わります。Cancelはこのエフェクトを中止します。

 下はエフェクトをかけた(Applyが完了した)後の画面です。この画面の上のSaveボタンで保存、Returnボタンで元の写真に戻ります。Openボタンで新しい写真を写真アルバムから選択できます。保存は元の写真のサイズのままカメラロールに保存されます。

 単にモノクロ・セピア・アンティークにエフェクトがかかるだけでなく調整できるところは良いのですが、プレビュー画面が小さいかなという感じがします。

 MonoPhixを使った写真がこれですが、月が偶然入っててラッキーでした。

Tree