連絡先アプリ GRContactとFast Contacts

 連絡先アプリは、iPhone使い始めた頃、アルファベット順で表示されると日本語順がバラバラだったりするものが多かったので、iPhone標準の連絡先を使う事が最初は多かったのですが、ここ1年は日本製のGRContactが出たおかげで連絡先に関しては、かなり使いやすくなりました。ただ自分の場合、GRContactだけでは不十分なところがあり、Fast Contactsというアプリも使っています。

 このGRContact、気に入っている所は細かいところもありますが、このアプリでグループが作れたり、電話をかける際の電話番号の通知/非通知の選択ができるところです。ただ完全にiPhone標準の連絡先に置き換えれるかというとそこは連絡先の入力部分で弱いところがあるので、連絡先の入力はOutlookだったり、マップからだったり、iPhone標準の連絡先直接だったりで、整理と電話をかけるときにこのGRContact使っています。(iPhoneのマップから連絡先作成はアイコン考えなくて良かったり、お店だったりすると入力しなくても情報が揃っている場合もあったりするので意外と便利です。)

サポートサイトは下記になります。
● GRContact – Sanzo Product
App Storeでは、ユーティリティカテゴリーにあります。
● GRContact [iTunes]icon

 連絡先に入っている情報を読み込んでいると思われますが、起動が遅いと言うことはありません。画面は左側にグループタブが表示されていてそのグループタブをタップすることで、右側の表示部分がそのグループ内の連絡先表示に切り替わります。グループタブの部分は上下に(スワイプして)スライドできるのでグループが多くなっても大丈夫です。ちなみにこのグループは(Windowsの)Outlookで作成しましたが、このアプリでグループ名の変更もできるので名前の前に顔文字を入れています。この状態でOutlookと同期しても問題ありません。但しOutlookの連絡先のグループ名では顔文字の部分が・で表示されています。この・の部分を変更しなければ同期しても顔文字は消えません。

 左のグループタブをスライドさせて一番下にもってきたところの画面です。グループの表示される順番は指定できますが、私は一番下のグループに未整理、その上のグループにすべてをおいてます。グループ自体を非表示にすることも可能です。
 困るところとしては、グループの中に連絡先が増えてしまって一番下の方にある人を呼び出すのにひたすらスライドさせて移動とかしたくないものです。そういう時にも簡単に見つけられるように、一番左に縦に「あ か さ た・・・」と表示されているところを縦に指でスライドさせると簡単にその頭文字のところまで飛べるようになっています。(標準の連絡先と同じ操作です)
 そして一番下にあるマークは設定になります。
 iマークをタップすると、「設定」と「グループの管理」(設定でグループ管理がONの時)というボタンが表示されます。

 「設定」ボタンをタップすると設定画面が表示されます。クイックアクションは、目的の連絡先をタップすると電話をかけたりメールをしたりSMS/MMSを送るなどのアクションシートが表示されます。オフの場合は情報が表示されます。セクションタイトルは連絡先一覧で表示されている「あ・い・う・・・」などのセクションの表示/非表示が設定できます。グループの管理はオフにするとグループ管理(グループの順序入れ替えやグループの表示/非表示)ができなくなります。あとの部分に関しては設定に書かれている内容のままの設定項目ですが、電話の発信方法は通常発信・通知発信(+186)・非通知発信(+184)・毎回選択するが選べます。

 メールの送信方法は、メールに切り替えて送る・GRContact内でメールを起動して送る・毎回確認するから選べます(但しこれらはクイックアクションが有効の時)。検索は部分一致と前分一致から選べます。
 クイックアクションONで電話をかける際の発信方法を「毎回選択する」の設定を行うと下の右2つの画面のような遷移になります。

 あと、このGRContactで便利な機能は、連絡先グループの設定、一斉メールと、グループの変更です。
左のグループのタブを一度選択した後、もう一度タップするとアクションメニューが表示されます。そこからグループ名の変更、メンバーの編集(複数のグループに割り当てたるすることもできます。)、グループのメンバーにメールを送ることができます。また連絡先の情報を表示した際にも一番下に表示されているグループを編集ボタンを選択することでその連絡先のグループを変更することができます。

 ただ入力に関しては、カスタム着信音の設定ができなかったりするのでそこは最初からiPhoneにある連絡先から入力するしかありません。

 そしてもう一つは、連絡先であるとともにデータベースとしても使いたいのでFast Contactsも使っています。
 連絡先管理アプリですが、たとえば、グループの中にある連絡先で、東京都の人に連絡したりとグループの中のサブグループというのが出来ないので、使っています。Fast Contacts。

サポートサイトは下記になります。
FastContacts – SpiceLoop
App Storeでは、仕事効率化カテゴリーにあります。
● Fast Contacts [iTunes]icon

 他にも例えば、入力側で工夫するとこんな風になります。飲食店のグループを作っておき、その連絡先の中の会社名のところに飲食店のジャンルを入れておくと、Fast Contactsでは、飲食店グループを開いた時にそのジャンルで表示できたり住所を入力しておけば都道府県や市でセクションを分けて表示できます。

 別途データベースアプリで管理するよりも連絡先で管理する方がシンプルなので使っています。ここでは飲食店でしたが、仕事で使う場合などは訪問先グループを作っておけば会社毎に分けて表示も可能です。ただ英語圏のアプリなのでソートに関しては期待しない方が良いです。

 あと、おまけ機能かもしれませんが、誕生日を登録している人が連絡先にいる場合、指定した日数前(1,3,7,10,15日前,1ヶ月前から選択)を指定しておくと左下のところにマークが表示されます。それと画面の右下が設定になりますが、iPhone自体を横に傾けるとPhotoflowの画面に変える設定もできます。これはiPodのアルバムジャケットと同じような動きになります。

 ただこのアプリだけではGRContactと違って、グループを作成することはできませんが、グループをいっぱい作るよりもこちらで見え方を変えるだけでグループをいっぱい作らずに済むのは便利だと思います。
 あとFast Contactsに望む機能としては、1発で指定した条件の連絡先一覧を表示できるようなボタンがあれば便利だなと思っていますが、追加してくれるかは分かりません。

 OutlookとiPhoneの連絡先の同期に関しては過去のエントリーがお役に立てれば幸いです。
iPhoneとOutlook2007連絡先の同期 | favLife 

ARCHエンジニア(本職)、写真人、ライター、レビュアー

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で東京タワーの写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。アプリや雑誌などにも寄稿してます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1.  タイムラプス撮影やスローシャッター撮影できるアプリが登場してからiPhoneを固定して撮るという機…
  2.  関東でも桜満開のニュースが目につくようになりました。しかしながらあいにくの天気で、雨やくもり空。昨…
  3.  前回の記事で、頭痛のためのアプリを紹介しました。このときに自分も頭痛がひどくて記録していましたが、…
  4.  運良く3連休に入ってくれて助かりました。実は先週末からかなり辛い頭痛が突発的に起きて、耐えていまし…
  5.  先日、iStockのコントリビューターに合格した話をしましたが、写真の販売のための審査も50枚ほど…
  6.  もう購入してから5~6年になるNikonのD7000。今でもiPhoneのカメラのサブとして(おそ…
  7.  毎年、花粉症らしい雰囲気がただよっては治るという時期ですが、今年は特に辛いです。特に帰りの電車の中…
  8.  おそらく、iPhoneの写真アプリの中で私が一番多用しているアプリだと思います。Googleに買収…
  9. よく使うカレンダーアプリ  iPhoneで使うカレンダーアプリもGoogleカレンダーを筆頭にいろ…
  10. Pixelに対応したケースが登場  先日Momentから発表がありましたが、Google Pixe…

My Instagram

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る