LINEで送る
Pocket

 以前からこのカメラアプリはTwitterで見かけていて知っていたのですが、最初はポラロイドを意識して作られていました。しかし似ているからAppleからダメと言われてClassicPOLAからClassicINSTAに変更されて登場です。既にClassicシリーズは4種類。うち2種類はこのブログでも紹介させていただきました。
iPhoneカメラの標準比率と異なる写真が撮れるiPhoneカメラアプリ 
3:2の比率で写真が撮れるiPhoneトイカメラアプリ ClassicTOY 

 このアプリで似ているマシカク写真の撮れるアプリと言えばShakeItPhotoSquare Cameraになりますが、このClassicINSTAにはエフェクトが10種類あります。またこのエフェクトは、既に写真アルバムに保存している写真にもかけれる事ができます。
 出来上がる写真サイズは、iPhone 3GSでは1500×1500, iPhone 3Gでは1200×1200と大きいサイズになっています。iPhone横向きでのサポートはありません。写真も横になってしまうので注意です。

サポートサイトは下記になります。
● ClassicSeries – for iPhone
App Storeでは写真カテゴリーにあります。
ClassicINSTA [iTunes]icon

 画面上部がカメラの部分で、その下に操作のメニューがあります。
 CAMERAと書かれている部分をタップするとカメラの起動(カメラ自体には周辺減光が最初からかかっています)。PHOTO LIBRARYと書かれている所をタップすると写真アルバムから写真を選択することができます。その横にあるボタンですが、これはカメラの時にはシャッターボタン、写真アルバムから選んだ写真の時は実行のボタンになっています。
 文字の下に横長のボタンのようなものがありますが、ここの部分を横にスライドさせることで、エフェクトを切り替えることができます。
 一番下のRECENT PRINTSはClassicINSTAで撮った写真の履歴です。

 写真を撮った(エフェクトをかけた)後は、下のように、写真が出てくるような演出があります。

 エフェクトはボタンの下のところのエフェクトが書かれているところを横にスライドさせて切り替えます。写真を撮る時にはエフェクトを切り替えて撮るというやり方になります。写真アルバムからの選択は、写真を選ぶ前でも後でもシャッターボタンを押すまではエフェクトの切り替えは有効です。なおエフェクトは次回起動したときも選んだ時と同じエフェクトで起動します。
 下の写真はエフェクトのCLS Originalだけ省いています。

 左からCLS MODERN, RETRO B/W, VINTAGE SEPIA.

 左からWASHED,RAINBOW,DAMAGED.

 左からREDDISH, COLORSHOCK, TOYCAMERA.

 設定する項目が画面の中にはありませんが、iPhoneの設定からアプリケーション個別の設定で、ClassicINSTAを開くと設定画面が表示されます。ここではカメラの顔の部分のスキンの変更(3種類)と演出用バイブレーション(機能しませんでした)、タイムスタンプの設定ができます。

 スキンに関しては上のスキンClassic以外に2種類ModernとMetalic Pinkがあります。


 タイムスタンプは左の写真のように、写真の左下にこのフォーマットでプリントされます。
 あと、履歴に関しては、ClassicINSTAで撮った写真を見ることができ、そこから履歴に残っている写真の削除ができます。(撮った写真はカメラロールに入っているのでこちらも消しても問題ありません)
 
 問題点としてはまだ最初のバージョンなので安定してないところがあるかもしれません。私は10枚くらい立て続けに写真アルバムからエフェクトをかけて保存していたら突然終了しました。普段そこまでやらないので使う分には問題ないのですが、バージョンアップと共に安定度を上げていって欲しいところです。マシカク写真アプリが増えますが、なかなか消すことが出来ないので早くiPhone OS 4.0のフォルダが欲しいところです。