LINEで送る
Pocket

 さいすけに始まって、.Sched→Refills→CCalとiPhoneカレンダーアプリを渡り歩いていましたが、CCalはコピー機能が無いのと1日のスケジュールをパッと見たいときに表示されるメモが長いと切れてしまうということで、バージョンアップしていたさいすけに戻しました。そしたら以前よりも機能や操作性が良くなっているのにビックリ。再度さいすけに落ち着いてしまいました。

さいすけ

サポートサイトは下記になります。
さいすけ for iPhone
App Storeでは仕事効率化カテゴリーにあります。
さいすけ [iTunes]icon
ダウンロードする予定が使用日から7日に限定されている無料版もあります。
さいすけ 無料版 [iTunes]icon

 これまでの流れは、
iPhoneのカレンダーアプリはこれに落ち着いてます。 | favLife 
 ここで落ち着いていたのですが、次々出るアプリを試してみてRefillsと.Schedを比較してみました。
iPhoneのカレンダーアプリ.SchedとRefillsをチェック | favLife 
 そして無料ながらも見やすさに惹かれてCCalを併用しながら使っていました。
無料なのに高機能なiPhoneカレンダーアプリ CCal | favLife 
 いろんなアプリを試していて、さいすけが最初に触った慣れもあるんですが、元に戻りました。RefillsがバージョンアップでGoogleのタスクをサポートするとまた変わるかもしれませんが、今のところはまたさいすけに戻っています。CCalは見た目が綺麗なのですが、1つの予定を見た時にメモが長いと切れてしまうのが残念なところです。有料版も出るようなのでそちらが気になります。

 自分の場合、予定を確認するときの操作の流れとして、月表示から日表示で1つの予定を見る。なのですが、この1つの予定の時にメモは全部見たいというのがあり、Refillsの場合、画面の中のメモが更にスクロールになっているので全体を見づらいというのがありました。
 今回少し久しぶりにさいすけを触ってみましたが、まず月をスライドさせて切り替える時にもたつきがなくなりスムーズになりました。これだけでもかなり良いと思いました。あと表示の工夫で下にあったメニューが上に畳まれた状態で表示できます(左矢印の部分をタップすると延びて全部表示されます。ただこの矢印部分少し幅が欲しいところです)。これが出来たことで、下にあったメニューが消え表示部分が増えています。(以前の表示に戻すことも可能です)
 それと横表示にすることがよくあるんですが、このようになります。

 ここは変わっていませんが、月表示・日表示以外の週表示、リスト表示、年表示はこのようになっています。

 そして、1日の表示の時に予定の部分を長押しで移動することができるようになっていました。1日の中でちょっとだけ時間変更などには便利です。(こんなに予定が重なることは無いですが)iPhoneを横表示にすると、横に延びるだけですが、読みやすくなります。

 そしてRefillsやCCalなどには既にある機能ですが、予定の場所指定でマップの表示。
 場所の横に矢印マークがありますが、ここをタップするとアプリ内でマップ表示できます。そこから標準のマップに切り替えることも可能です。私の場合、仕事の事はさておき、写真を撮りに行くときなどはほぼ初めての場所というのが多いので重宝してます。
 またこの画面では書いていませんがメモの中に書かれているURLのリンクおよび電話番号による発信ができるようになりました。URLのリンクはSafariに切り替わりますが便利です。

 地味な機能かもしれませんが、嬉しい所としては同期期間を毎月自動でシフトする機能が増えました。これは、さいすけの画面のメニューから「通信」→「カレンダー更新設定」で表示される画面に同期対象期間というのが設定できます。この時に毎月自動再設定というのが追加になっていました。これは、毎月1日にこの同期対象期間を1ヶ月ずらしてくれるという機能で、毎月設定するのも面倒だったのでこれは嬉しい機能です。

 さいすけをバージョンアップしてみて非常に良い所が更新されていて良かったです。ただ、ここまで来ても不満なところがあり、同期に関してですが、新しいインターフェースにすると同期が隠れてしまっていて、矢印をタップしてから同期をする必要があります。せっかくのiPhoneなので振ったら同期開始などの機能も欲しいところです。