WWDC 2010基調講演でiPhone 4 / iOS 4発表

 昨晩はこのために早寝し、起きたのが2時半。すでにWWDC 2010 キーノートスピーチは始まっていましたが、見終わった感想としては、iPhoneを越えるのはiPhone(どこかで聞いたフレーズですが)だと思いました。

 何がすごいかって言うとあれがあれでしょう。あれが・・・みたいに次々と出てくる機能アップ。
 Apple日本語サイトもすでにiPhone 4の内容が出ています。そして英語ですが、動画も公開されています。他のスマートフォンの追従を許さない意気込みを感じます。
● アップル – iPhone – 新しいiPhone 4の機能をすべてご紹介します。
アップル – iPhone – iPhone 4の技術仕様

 そしてそのiPhone 4発売は今月6月15日から予約開始24日発売。価格は米国では16GBモデルが199ドル、32GBモデルが299ドルとなっています(現地にはソフトバンクの孫さんもいたようで、とにかくいろんな意味でお願いします。)そしてiPhone OS 4は名前を変更しiOS 4となり、このiOS 4は今月6月21日から提供開始と、発表から1ヶ月もかからないでいろんなものがやってきます。
iOS 4アップグレードは6月21日提供、iPod touchも無償

● アップル – iPhone – 新しいiOS 4ソフトウェアアップデートの機能をご紹介します。

 いや?iPhoneの横の縁のところがアンテナになってたり、カメラが500万画素でLEDフラッシュ付いたり、気になるRetinaディスプレイ、960×640ピクセル 解像度326ppi、2.4GHzのみですがWi-Fi 802.11n対応、インカメ付くし・・・とにかくいろんなことを書きたいところですが、そろそろ仕事に行く時間ということで、これいいな。白に黒か黒に白かでとりあえず悩みます。

 残念なところは予想通り外付けレンズを付けるとLEDフラッシュが使えなくなるところでしょうか(笑)64GBモデルが無いところも残念ですが、とにかく発表して今月発売というだけで嬉しいところです。

 GIZMONさんからのつぶやきで見ましたが、iPhone 4にも対応するそうです。iPhone 4の両方のレンズに対応するということで、期待してます。(新製品だとちょっと辛いな・・・)
● GIZMONレンズはiPhone 4にもいち早く対応します! ? ブログ ? ギズモショップ

ARCHエンジニア(本職)、写真人、ライター、レビュアー

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で東京タワーの写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。アプリや雑誌などにも寄稿してます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1.  タイムラプス撮影やスローシャッター撮影できるアプリが登場してからiPhoneを固定して撮るという機…
  2.  関東でも桜満開のニュースが目につくようになりました。しかしながらあいにくの天気で、雨やくもり空。昨…
  3.  前回の記事で、頭痛のためのアプリを紹介しました。このときに自分も頭痛がひどくて記録していましたが、…
  4.  運良く3連休に入ってくれて助かりました。実は先週末からかなり辛い頭痛が突発的に起きて、耐えていまし…
  5.  先日、iStockのコントリビューターに合格した話をしましたが、写真の販売のための審査も50枚ほど…
  6.  もう購入してから5~6年になるNikonのD7000。今でもiPhoneのカメラのサブとして(おそ…
  7.  毎年、花粉症らしい雰囲気がただよっては治るという時期ですが、今年は特に辛いです。特に帰りの電車の中…
  8.  おそらく、iPhoneの写真アプリの中で私が一番多用しているアプリだと思います。Googleに買収…
  9. よく使うカレンダーアプリ  iPhoneで使うカレンダーアプリもGoogleカレンダーを筆頭にいろ…
  10. Pixelに対応したケースが登場  先日Momentから発表がありましたが、Google Pixe…

My Instagram

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る