LINEで送る
Pocket

 iPhone 4のカメラはかなり気になりますが、3G/3GSのカメラも好きです。ただiPhone 4を買うと持ち歩く頻度が減るので撮るのもiPhone 4が多くなるだろうなと思っていますが、このカメラアプリ、操作も面白く、エフェクトもかけられると言うことで使い始めました。
 このアプリは無料のCamera plusとは機能なども異なります。このCamera+はカメラの機能では3GSではタップしてフォーカスの機能、揺れを検知して止まった時にシャッターが切れるスタビライザー機能、5倍デジタルズームを持っています。撮影した後はエフェクトをかけるのに、シーンで選ぶことができたり、またエフェクトをかけたり、比率を変えたり、縁を付けたりとこのアプリ一つでも結構遊べる要素が入っています。私はとくにシーン(全11種類)でエフェクトをかけられるところなどが気に入っています。また作成した写真はこのアプリからfacebook、Twitter、flickrへ投稿することができます。

サポートサイトは下記になります。
Camera+ …the ultimate photo app
App Storeでは写真カテゴリーにあります。
Camera+ …the ultimate photo app [iTunes]icon

 アプリを起動すると一眼カメラのファインダーのような画面が表示されます。真ん中に「Take photos」と「Lightbox」のボタンがあるのですが、この画面のファインダーをタップするとそのまま画面一杯にファインダーが広がり全画面で写真を撮る状態(「Take photos」と同じ画面)になりますし、ファインダーの右にあるシャッターボタン、これを押すとこの状態から写真が撮れます。とにかくアプリを起動してすぐ写真を撮りたい場合には便利です。そして右下には設定を行うメニュー(後述)があります。

 最初にこの写真を撮る「Take photos」を見ていきます。画面は縦向きが固定です。iPhoneを横にするとカメラと数字が横向きになります。右側にはデジタルズームの調整バー、下にはシャッターボタンがあります。シャッターのボタンの横にあるボタンは、スタビライザーをONにするスイッチで、このボタンをONにしてシャッターボタンを押しても振動時には撮れず、振動がおさまった時に自動で撮ります。iPhoneを持った時に親指だけで操作できる位置が気に入っています。連写は書かれていないのですが、2枚続けては撮れるようです。そして撮った写真は直接カメラロールに保存されるのではなく、このアプリで言うところの「Lightbox」に保管されます。画面左下のボタンはそのまま「Lightbox」への切り替えで右下は最初の画面に戻るボタンになります。下の画面はズームとスタビライザー動作時の画面です。
 ちなみにズームの写真でもフル解像度(3GSで2048×1536)で出力されます。

 そして「Lightbox」ですが、シーンやエフェクト以外にも面白い機能が入っています。このCamera+で撮った写真はこのLightboxに入りますが、写真アルバムからも取り込むことができます。画面下のメニューにあるボタンは、左から一括操作(複数選択してカメラロールに保存、コピーの作成、facebook,Twitter,flickrへ共有、削除、メール)、カメラへ切替、写真アルバムからの取込、Paste(コピーした写真がある場合)、Undo/Redo(直前の操作をやり直したり、元に戻したりできます。)。写真の並べ方も不均一でならべられています。
 写真をタップするとEdit(シーンやエフェクトなどの加工)、Save(カメラロールへの保存)、Copy(写真のコピー)、Share(facebook,Twitter,flickrへ共有、メール)が表示されます。ここでなぜコピーやペーストがあるかと言うと、このLightboxで表示されている写真をカメラロールに保存するとこのLightboxからは消えます。また写真アルバムから戻せば良いのですが、そうする手間を省くためにここでコピーしてペーストし、もう一枚同じのを作っておいてそちらを加工したりすることもできるようになっています。よく考えられていると思います。

 写真を選択してEditを選択するとEditモードになります。ここが私が気に入っているところで、シーン(Scenes)、比率の変更(Crops)、エフェクト(FX effects)、縁(Boarders)を付けることができます。(モデルがうどんですいません。)
 最初はシーンですが、画面下の一番左のメニューを選択するとその上にスライドメニューで表示されます。横にスライドしてシーンを選んで、タップして変更できます。シーンは、全11種類あり、使えそうなものもありそうです。

 次は比率の変更(Crops)全部で10種類ですが、うち一つはFreeなのでそこは隅の部分を指で移動して決めることができるので自由です。中には黄金比というのもあります。これも操作はシーンと同じでスライドさせて選択できます。拡大・縮小はできません。

 そしてエフェクト(FX Effects)は3種類のメニューがあり、各々8種類(真ん中は元の写真)のエフェクトがサムネイルで表示してくれます。エフェクト名がどっかで聞いたことあるようなアプリ名が入っているところが面白いです。このエフェクト単独で面白くなければ、他のアプリでエフェクトかけたものをCamera+で取り込んでみるとまた面白いと思います。またエフェクトなどは保存しないかぎりは1回しかエフェクトをかけることができません。そういうときにもLightboxのコピー&ペーストが役に立つと思います。

 最後は縁(Boarders)です。これは全部で8種類から選択できます。ちなみにこのうどんは丸亀製麺のかけうどん大です。

 そして最初に言っていたMENUの設定ですが、面白いのはこのMENU画面を開いている時にも上のシャッターボタンを押すと写真が撮れるところです。設定を変更している最中にシャッターチャンスが来たときにも撮ることができます。 ここでは、音(シャッター音は消せませんが他の音が消えます)、ズームバー表示、グリッド表示のON/OFF、共有サイト(facebook,Twitter,flickr)の設定、写真の解像度をフルサイズ(3GSで2048×1536)/最大1200pxにするかの指定、インフォメーションになります。

 エフェクトの方は試していますが、まだシーンはそこまで試していないので、いろいろ試してみてフィードバックしてみようと思っています。音と操作もなかなか楽しめるアプリです。