LINEで送る
Pocket

 クロスプロセスをシミュレートできるiPhoneアプリとして、以前ShakeItPhotoの開発元から出ているCrossProcessを紹介させていただいたことがあります。
ShakeItPhotoの作者が新しいiPhone写真アプリを公開 Cross Process 
 今回紹介するアプリも同じようなものになるのですが、CrossProcessと違う点として、自分で調整ができるというところです。そして開発元は嬉しいことに日本の方です。
 クロスプロセスというのは、以前紹介しましたが、フィルムカメラのネガ・ポジフィルムを違う現像処理(ネガフィルム→ポジ現像 / ポジフィルム→ネガ現像)を行うことで、普通の写真とは違った雰囲気の写真ができあがるので個人的には大好きなエフェクトの一つです。

サポートサイトは下記になります。
XProcess – mudaimemo iPhone Apps
App Storeでは写真カテゴリーにあります。
● XProcess [iTunes] 無くなりました。

 アプリを起動すると最初は画面下にメニューが表示されますが、設定からアプリを起動した時にカメラを起動するということも可能です。画面下のメニューは、左から設定、カメラ(カメラの起動/カメラロール/写真アルバムから選択)、共有としてメール送信になります。但し写真を選んでからでないと共有のメール送信はできません。

 最初に設定から見ていきます。ここでは写真のサイズやクオリティの変更、アプリ起動時にカメラの起動を行うかどうかの指定ができるようになっています。面白いのは設定の中にある「Shake to shuffle」。iPhone 本体を振ることでお任せでパラメータを調整できるところ。最初はとりあえず振って決めてその後、微調整といったことも可能です。(微調整を行った後、振ってしまわないよう注意も必要です)
 カメラの所のオン/オフは、先ほど申し上げたアプリ起動時にカメラを起動するかどうかの指定です。ただXProcessは iOS 4のマルチタスキング機能サポートしていて、ホームボタン1回押してアプリを終了したつもりでいても、そのままの状態で残っています。その時は、ホームボタンをダブルタップで起動しているアプリを見てXProcessが残っていたら一旦終了して、再度起動することでカメラが起動することが分かると思います。
 出力に関しては、画像のサイズ、画質を指定できます。このアプリのスペックでは1800pxが最大幅となっていたのですが、オリジナルサイズが選べます。こちらでiPhone 4で撮った写真を使ってみたところ2592×1935のサイズで出力できました。CrossProcessと異なる所としては、縁の指定が無いところ、アプリ内のカメラで撮る時に元の写真を保存するという機能がありません。ただ元の写真に関してはiPhoneの標準カメラなどで撮っておいてそれをこのXProcessでクロスプロセス処理を行うという形で使えば問題ありません。

 実際にクロスプロセス処理を行う時は、画面下メニューの真ん中のボタンをタップすることでカメラを起動するか、写真をカメラロールから選ぶか写真アルバムから選ぶか指定することになります。
 ここから写真を選ぶことでクロスプロセスの処理を自分で行う作業に入ります。
 実際には写真を選んだ後は、スライドバーが表示され、ここを調整するか、「Shake to shuffle」を有効にしておけばiPhoneを振ることでスライドバーが動いて、その瞬間選んだ写真の方にも変更が反映されます。
 スライドバーが表示されていないところの画像をタップすると写真が全画面で見ることができます。また画像をタップすることで元に戻ります。そして完成したら画面右上の保存ボタンをタップすると保存しましたという表示が行われた時にカメラロールに保存されます。

 あと残りの共有機能のメールですが、出来上がった画像を添付してアプリ内からメールの画面になり、そこからメールを送ることができます。
 CrossProcessと違って赤・青・緑のON/OFFではなく、スライドバーで調整できるのは嬉しいところで、自分の好きなように合わせられるのは良いと思いました。またオリジナルサイズのサポートも嬉しいところです。
 ただ写真を選ぶときに、私の場合カメラロールに1000枚ほど入っていたのですが、ここで写真をカメラロールから選ぶ時に、一番最初の写真から表示されてしまうので最新の写真を選ぶところがスクロールをしていかないといけないので、少し使いにくいかなと思いました。ただカメラロールにたくさん入っていなければそこまで問題にはならないと思います。