Touchwriter : 手書きメモを取るのに便利な機能が揃っているアプリ

 手書きメモアプリに関しては、しばらくminiメモ(昔はゆびメモという名前でした)を使っていましたが、久しぶりに乗り換えるまでは行きませんが併用できるアプリが登場しました。
iPhoneで手書きメモを始めました 

 miniメモの方は手書きメモに加えて、図がかけるところで、これからも使うと思うのですが、こちらのTouchwriterは文字を手書きする時には、使う人の事を考えて作られたように便利な機能が入っています。そして偶然にもminiメモも今回のTouchwriterも同じ開発会社のものです。

サポートサイトは下記になります。
● Touchwriter for iPhone, iPod touch – Aesthology

App Storeでは仕事効率化カテゴリーにあります。
Touchwriter [iTunes]icon

 私の場合メモを取るときには、紙の手帳を使うことがありますが、電子的に後で使う時には手書きメモアプリを使うことが多くなりました。例えば、かかってきた電話の相手の名前や電話番号とか、気になった本の名前とか、移動中にふと思いついたこと等々。手帳に書くまではいかないメモを取りたいとき、iPhoneで手書きメモが役立っています。机のある場所が確保できると、そこから手帳に書き写したりすることもあります。

 Touchwriterを初めに起動すると、リスト表示のメモを表示される画面になります。ただし設定で、アプリを起動したら、すぐ新しいメモをとれるようにするオプションもあります。メモを取ることが多い場合は、マルチタスキング機能を使っていても呼び出した時にすぐ新しいメモになるので、そちらの方がオススメです。(前回のメモを表示するオプションもあります)
 この画面自体は、メモを後で見返す時に使うことが多いと思います。画面右上の+マークをタップすることで新規にメモを作成することができます。そして画面下にあるメニューはメモがメモ一覧を表示し、タグはメモに付けたタグを表示、地図はマップを表示しそこからメモを表示します。そして設定です。
 メモの一覧では、作成・更新した日時(当日だと時間)が一緒に表示されています。このメモの一覧からスライドさせるとそのメモは削除できます。タグ一覧から同じ操作をするとタグを削除することができます。またこのアプリは手書き入力時だけiPhoneを横長(ランドスケープ)にした状態でも使えます。

 
 メモを取るときは、この画面で、画面下のメニューの上に手書きができるスペースがあります。この四角が左右に1つずつあるときには、交互に手書きすることで次々に文字を入力していってくれます。最後の文字に関しては、画面下のスペースの所が確定というボタンになっているので、そこをタップすることで最後の手書き文字が入力されるということになります。
 画面下のメニューは左から、キーボードの切り替え(後述)、その横の丸いマークは手書きの色と太さ(手書き文字を入力する前に選択すると、それが有効になります)、スペース・確定、その右は削除(この削除は手書き文字スペースに何も書いていない時にはメモ上の1文字、手書きメモスペースに書いている時には1書き分が削除)、そして改行になります。メモの中の手書きはカット・コピー・ペーストができるようになっています。

 メモ時の画面下メニューの一番左にあるマークはキーボードの切替で、最初は手書き入力スペースが2つの枠で交互に書いていくことでメモへ反映されていきますが、もう一度キーボード切替をタップすると1つの枠になります。これは長い文章をまとめて入力する場合に便利です。日本語よりも英語などで使うことが多いかもしれません。
 そして再度キーボード切替をタップすると今度は絵文字キーボードになります。この絵文字iPhoneの絵文字に似ているものが揃っています。使うことで手書きメモも見栄えが良くなります。

 そしてメモに付けれる情報としてタグと位置情報の付加がありますが、これはメモ一覧から表示した時や、メモを書いた後に画面右上に表示している完了ボタンをタップすることでメモの下に手書き風のアイコンがありますが、そこから指定できます。下のメニューの左から削除・Google Docsで保存・Twitterで送信・写真を保存・メール送信・書き取り、タグ、位置情報追加、左右の矢印は、複数のメモがあるときにこの左右の矢印をタップすることで、切り替えることができます。

 タグに関しては、メモからタグ付けを行いますが、新規にタグを作成してからタグを付けることができますし、複数のタグを1つの手書きメモに指定することもできます。
 位置情報に関しても、1つの手書きメモで複数の位置情報を(画面下の位置情報を追加ボタンから)付加させることができます。ここで付加したタグ・位置情報は、手書きメモからも見れますし、一番最初に表示したタグ一覧、位置情報一覧からも呼び出せるようになります。

 機能はまだあります。先ほどの1つの手書きメモで一番左に表示されていた「削除・Google Docsで保存・Twitterで送信・写真を保存・メール送信・書き取り」。
 Google Docsで保存は、あらかじめ設定からGoogleアカウントを設定しているとGoogle DocsへPDFファイル(ファイル名にはTouchwriter-日時.PDF)として保存することができます。ここではTwitterの登録をしていなかったのでメニューに出てきていませんが、Twitterへ送信することもできます。
写真はメモの部分をそのままカメラロールに保存できます。メール送信は、メモの部分を画像として添付したメールを送ることができます。
 そして最後の書き取りが、また嬉しい機能です。これは手書きメモしたものを電子的に使いたいために清書したいということがあると思います。この書き取りでは、比較的短い手書きメモを見ながらキーボードで文字を入力して写すことができます。(文字認識ではありません)
 そして単なる手書きを書き取ることなのですが、この写した文字が電話番号、メールアドレスだった場合には、そこから電話、メール送信を行うことができます。これは手書きメモからそのまま出来る操作なのでとても便利です。すでにApp Storeで売られていないDitというアプリがあったのですが、こちらは数字を認識してそのまま電話をすることができるアプリだったのですが、それに近いことができます。

 設定は、サイズ(小・中・大の指定でページサイズを小さくするとパフォーマンスアップ)、キーボードは手書き(分割)・手書き・絵文字のON/OFF指定ができます。手書きの自動入力の時間は分割では無い方の手書き時の確定時間の指定や自動スペース、線の色や太さのデフォルト値指定ができます。
 起動の設定は、最初の方で述べた、アプリ起動時に新規メモの状態にするかどうかの指定、前回のメモを表示のON/OFFが指定できます。その他オプションでは、位置情報の自動挿入や画面回転、アプリバッジ(手書きメモの数表示)のON/OFF指定が可能です。
 それに加えて、この手書きメモの情報をMac/PCに既に公開されているソフトウェア(Touchwriter Sync)を使うことで、バックアップ・復元することができます。但しWindowsの場合はJavaをインストールする必要があります。(詳しくは下のリンク参照)
● Touchwriter: バックアップ

 機能的には手書きメモを取る前後もちゃんと対応されていて、しかも書きやすさも考慮されているとても便利なアプリだと思いました。あと欲しい機能としては、miniメモのように図を書きこめる機能が入ると良いなと思いました。

ARCHエンジニア(本職)、写真人、ライター、レビュアー

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で東京タワーの写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。アプリや雑誌などにも寄稿してます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1.  タイムラプス撮影やスローシャッター撮影できるアプリが登場してからiPhoneを固定して撮るという機…
  2.  関東でも桜満開のニュースが目につくようになりました。しかしながらあいにくの天気で、雨やくもり空。昨…
  3.  前回の記事で、頭痛のためのアプリを紹介しました。このときに自分も頭痛がひどくて記録していましたが、…
  4.  運良く3連休に入ってくれて助かりました。実は先週末からかなり辛い頭痛が突発的に起きて、耐えていまし…
  5.  先日、iStockのコントリビューターに合格した話をしましたが、写真の販売のための審査も50枚ほど…
  6.  もう購入してから5~6年になるNikonのD7000。今でもiPhoneのカメラのサブとして(おそ…
  7.  毎年、花粉症らしい雰囲気がただよっては治るという時期ですが、今年は特に辛いです。特に帰りの電車の中…
  8.  おそらく、iPhoneの写真アプリの中で私が一番多用しているアプリだと思います。Googleに買収…
  9. よく使うカレンダーアプリ  iPhoneで使うカレンダーアプリもGoogleカレンダーを筆頭にいろ…
  10. Pixelに対応したケースが登場  先日Momentから発表がありましたが、Google Pixe…

My Instagram

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る