LINEで送る
Pocket

 以前のエントリーでiPhone 4のLEDフラッシュを懐中電灯として暗いところを照らしてくれるアプリを紹介しました。
iPhone 4のLEDフラッシュを懐中電灯として使うiPhoneアプリ3種類 

 この中で、私のお気に入りはアプリを起動した時にすぐ点灯、点滅サポートということで、LED Light for iPhone Freeを使っていましたが、同じものをサポートしているアプリ LED FlashLightが期間限定無料で公開されています。

サポートサイトは下記になります。
● LED Flashlight.
App Storeではユーティリティカテゴリーにあります。
LED Flashlight [iTunes]icon

 このアプリは操作もLED Light for iPhone Freeと同じです。アプリを起動するとすぐ点灯します。
 画面中央のボタンをタップすると消灯します。そして画面下の真ん中のイナズママークをタップするとLEDフラッシュを点滅されることができ、一番下の部分を横にスライドさせることで点滅周期を変えることができます。
 点灯時と消灯時は若干色が変わっていることが分かります。
 またLED Light for iPhone Freeの説明の時に、バッテリー容量表示してくれると良いと書きましたが、こちらは設定で表示・非表示の設定ができます。(LED Light for iPhone Freeもその後のアップデートで表示できるようになりました。)

 画面右上の iマークをタップすると設定画面になります。設定画面ではステータスバー(iPhone画面の一番上に表示しているアンテナや時計、バッテリー残容量)の表示のON/OFFがあります。それと点滅のインターバルも指定することができます。
 設定画面以外のところでは、このアプリでLEDフラッシュを使った時間を記憶して表示してくれている画面もあり、これはLEDフラッシュを使っているとiPhoneでどれくらいバッテリーがもつか確認できますね。

 これを見た時に見つけたんですが、懐中電灯アプリで面白いものもありました。
 こちらは通常の点灯だけでなく、タップしている間だけ点灯や消灯ができます。あとS.O.Sの点滅もあります。

サポートサイトは下記になります。
● Vurb
App Storeではユーティリティカテゴリーにあります。
LED Flashlight Plus [iTunes]icon

 アプリ自体は起動するとすぐLEDは点灯しませんが、押した時だけ点灯させることが可能です。
 右上のボタンで常時消灯・点灯が切り替えられます。ここで点灯しているときに画面真ん中の大きいボタンを押しておくと消灯し、指を離すと点灯。逆に消灯しているときに、この真ん中のボタンを押しておくと点灯し、離すと消灯します。
 左上のS.O.Sはモールス信号で点滅してくれます。なおiAdsサポートと書かれているのでこちらも広告が出るのかもしれませんが、こちらではまだ確認していません。
 点灯・消灯を手動で繰り返すことが多い場合にはこちらが便利です。