三井公一写真展「iPhonegrapher ?around the water?」に行ってきました

 前置きの方が長くなると思いますが、2010年7月31日(土)から8月15日(日)まで東京駅近くのIsland Galleryで行われているiPhoneで撮った写真を展示している三井公一写真展「iPhonegrapher ?around the water?」に行ってきました。トークショーに申し込んでいたので、この日になりました。私にとっては遠出に近いので、1度東京に行くといろんなところを巡ることが多いのですが、今回も巡ってます。

 今回、m0r1さんも写真展に行かれるということで、一緒にお昼食べて、銀座お散歩撮影、そして写真展というルートで進行しています。

 m0r1さんとの待ち合わせ場所で、どうしても行きたかったインド料理のHATTIさんに行くことができました。中に入った瞬間カレーの匂い、そして異国感たっぷりな店内で、食欲MAX状態になりました。入り口で890円のランチ+飲み物マンゴラッシー(100円)を注文しました。(ランチタイムは11:30?15:00)。ここHATTIさんに来た目的は食べることもあるのですが、もう一つあり、それは、石渡こずえさんとはぴいさんの写真の展示会場でもあり、iPhoneで撮った写真「印度心象」を見ること。店内の壁面に飾られた写真がそうなのかな?と入って席についたときに思いました。

 そして食べる方のカレーですが、これランチタイム食べ放題なんです。正直カレー3種類(辛口、中辛、甘口)とナンとライス、そしてサラダバーもおかわりできます。そしてお味の方は、3種類のカレーどれもおいしく、またナンもアツアツでおかわりしようかと思っていたのですが、ライスも付いてて、この後動き回ることを考え断念。思い出しただけでも唾液が(笑) 絶対また食べに行きます。というか新宿行った時には寄りたい所です。
 食べ終わってからゆっくり壁に飾ってあるiPhoneで撮った写真を拝見させていただきました。どれもインドの日常の写真で、飾られている場所の影響もあると思いますが、インドの日常の雰囲気を味わえた感じがしました。

 おなかいっぱいになった後は運動ということで、銀座に行きフォトウォーク。土日、休日が歩行者天国になっているのを初めて知りました。道路の真ん中で撮ったりできるのは嬉しいところです。
Ginza

 この後、Island Galleryの方へ一旦行って見て回りました(無線LANも使えます)。中では、日本で初めて発売されるiPhoneで撮った写真集「iPhonegrapher―写真を撮り、歩き続けるための80の言葉」が販売されていました。世界だとBest Camera作者がアプリ出した直後に「The Best Camera Is The One That’s With You」を出されていましたね。
 見て回った後、トークショーまで時間があったので赤レンガの東京駅を撮ろうということになり、向かいました。・・・が2012年春までは復元修復工事中ということで、このことを場所に着いた時に知りました。

 東京駅でアタフタしている間にトークショーギリギリという時間になりました。nashikoさんからは席確保のつぶやきをいただき感謝。トークショーの後のサイン会、パーティーは不参加だったので、nashikoさんとはゆっくり話す機会が無くて残念でした。
 定員30名だったので、ギャラリーの中は余裕ありそうで無い感じでした。その中で席は林信行さんの真ん前という位置で正直、恐縮してました。
 話は、ところどころ笑いあり、三井さんと林さんの出会いから、写真集を作るきっかけや写真集製作にかかわった方々の苦労話、ギャラリーで展示することになった話などがありました。その中でもTwitterの話がでてきて、これからも更にいろんな決め事の選択肢の一つにTwitterが役立っていくのだな?と再認識しました。
 写真の中味の話だと使っているアプリの話になりますが、Photo fx [iTunes]iconCool fx [iTunes]iconで撮った写真に少し手直しする程度と言われていました。またモノクロもすごい良いと言われたのが印象に残っています。

 下の写真は、三井さんが撮られた写真が、雑誌の表紙になっている話で、詳細な話はここでは言えない内容。本人曰く、孫さんには嫌われているかも(笑)と言っていました。

 多摩川の写真を見ながら、ここはどの場所など二人で話しているところ、三井さん本人もこの写真が気に入っているそうです。

 ゆっくり時間が取れればもう一回行きたいところなのですが、まだ微妙です。でも暑い中、かき氷も食べれましたし、充実した半日でした。やっぱりiPhoneで写真撮るのは楽しいです。国内でももっと盛り上がってくれると嬉しいです。
 海外だとiPhoneで写真を撮る人はiPhoneographerで日本とはちょっと綴りが違います。海外の写真を検索するときはiPhoneographyで検索するとiPhoneで撮った写真がいろいろ見れます。

iPhonegrapher―写真を撮り、歩き続けるための80の言葉
iPhonegrapher―写真を撮り、歩き続けるための80の言葉
著:三井公一
出版社:雷鳥社
発売日:2010/08/07
参考価格:¥1,500
価格:¥1,500

 またトークショーの時に三井さんが関わっている雑誌 flick(フリック)の話もありました。iPhoneのカメラでグラビアアイドルを撮るという企画が中であり、とてもおもしろいという話でした。iPhone、iPad、Twitterと絡む雑誌のようで発売が楽しみです。

flick!(フリック)
flick!(フリック)
出版社:エイ出版社
発売日:2010/08/19
参考価格:¥980
価格:¥980

ARCHエンジニア(本職)、写真人、ライター、レビュアー

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で東京タワーの写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。アプリや雑誌などにも寄稿してます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

このページを

LINEで送る

ピックアップ記事

  1.  タイムラプス撮影やスローシャッター撮影できるアプリが登場してからiPhoneを固定して撮るという機…
  2.  関東でも桜満開のニュースが目につくようになりました。しかしながらあいにくの天気で、雨やくもり空。昨…
  3.  前回の記事で、頭痛のためのアプリを紹介しました。このときに自分も頭痛がひどくて記録していましたが、…
  4.  運良く3連休に入ってくれて助かりました。実は先週末からかなり辛い頭痛が突発的に起きて、耐えていまし…
  5.  先日、iStockのコントリビューターに合格した話をしましたが、写真の販売のための審査も50枚ほど…
  6.  もう購入してから5~6年になるNikonのD7000。今でもiPhoneのカメラのサブとして(おそ…
  7.  毎年、花粉症らしい雰囲気がただよっては治るという時期ですが、今年は特に辛いです。特に帰りの電車の中…
  8.  おそらく、iPhoneの写真アプリの中で私が一番多用しているアプリだと思います。Googleに買収…
  9. よく使うカレンダーアプリ iPhoneで使うカレンダーアプリもGoogleカレンダーを筆頭にいろ…
  10. Pixelに対応したケースが登場 先日Momentから発表がありましたが、Google Pixe…

Twitter でフォロー

My Instagram

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る