LINEで送る
Pocket

 Flickrアプリとしては、これまでMobileFotosや公式版のFlickr、FlickitFlickit Proをこのブログでは紹介しましたが、新しいFlickrアプリの紹介です。
私がFlickrの操作で使っているiPhoneアプリ3つ 
iPhoneアプリ Flickit(Flickr uploader)の有料版が登場 Flickit Pro 

 iOS 4になってからFlickit Proの調子が悪いようで、アップロードした写真が残っていたりするので時々このFlickStackerでアップロードしています。またビューアやFlickrサイトにアップした写真の修整などもできるところが重宝しています。またこのアプリはiOS 4、iPadにも対応しています。

サポートサイトは下記になります。
FlickStackr for iPad, iPod & iPhone
AppStoreでは写真カテゴリーにあります。
FlickStacker [iTunes]icon

 最初にアプリを起動した時にはFlickrのアカウントの設定がありますが、それが完了すると、この画面になります。
 一番上のユーザー名からは自分のアップロードした写真を見ることができます。Recent Activityは、FlickrのRecent Activityと同じで最近自分の写真にfavマークを付けてくれたり、コメントをくれた情報が表示できます。コメント自体アプリからも書き込むことができます。Recent from ContactsはContactsに入っている人の写真が新しい順に見ることができます。Your Groupは所属しているグループに投稿されている写真を見ることができます。このFlickrグループは公式版のFlickrアプリには無いのが残念。いろんな人に見てもらうには必須です。Uploadsは自分の写真アルバムからアップロードする機能です。
 Exploreも見れますし、Recent from Everyone は最近投稿された写真を見ることができます。ビューアとしては非常に見え方を変えて見ることができるのが良いと思います。他のアプリと違うところとしてはStack。これは名前の通り、Flickrで気に入ったものをfavするのではなく、アプリ上で取っておくようなイメージになります。Flickrのギャラリーに近いかもしれませんが、こちらはiPhoneだけで管理するものになります。またSearchの検索も便利です。

 こちらは最近のActivityの画面からの遷移です。画面の右上をタップするとサムネイルで写真を見ることができます。その左側はメニュー表示でタップするとメニューが表示されますが、ここから写真をダウンロードしたりStackに入れたり、オフラインモードにすることも可能になっています。

 上の真ん中にあるEditボタン。これが意外と便利で私はよく使っていますが、アップロードした写真に後から付加情報を加えたい場合があると思います。そんな時にこのEditは便利です。タグ、セット、グループ、場所、公開範囲など後から設定できます。

 中でも便利だと思うのは場所(Location)設定。新しいFlickrサイトのインターフェースでは場所が地図表示で見えるようになっていますが、Flickrサイトから場所を指定するとき、どうしても海外のサイトなので日本の地図表示が貧弱です。都会は大丈夫ですが、田舎だと細かい場所まで表示してくれません。このFlickStackerのLocationではGoogleMapsで表示してくれ自分でピンを指定できるのでアップロードした後、よく位置を指定しています。この画面から位置検索はできませんが、きちんと細かい地図が見えてくれるのは助かります。

 Exif情報も写真から参照することができます。

 Exploreも当日だけでなく、日付を選択して見ることができます。
 私のExploreに残っている写真も調べてみましたが見つけることができました。

 検索(Search)もよく出来ていて、キーワードによる写真や人、Flickrのグループを探すことができそこから写真を見ることができます。(ここからグループの参加は出来ません)
 それと、Use LocationのところをONにすると下に地図が表示されますが、地図をスワイプすることで移動でき、表示している所の写真を探すことも可能です。
 写真撮影したい場所で検索するとそこで撮影された写真が表示されるので、どんなものが見れるのか確認できる便利さがあります。

 写真を見ているときに、TwitterやFacebookなどに投稿したい場合もあるかもしれませんが、そこらへんもきちんとサポートされています。
 画面上の右から二番目のボタンをタップすることで、メニューが表示できますが、ここから写真を保存したり、メールしたり、TwitterやFacebookで通知したりすることができます。TwitterやFacebookはiPhoneのSafariがアプリ内部で開くイメージになります。

 設定に関しては、iPhoneの設定→FlickStackerからダウンロードするときの写真のサイズや、見ている写真の更新頻度、アップロードするときの写真のクオリティ、キャッシュのクリアなどが設定できます。

 ここでは文章だけでしたがStackの機能は、気に入った写真をお気に入りマークを付けるのでは、アプリ内で情報を取っておくことができる機能で、この写真すごいなと思った時にStackに入れて置いて後から見たり見せたり、スライドショーとして使うこともでき、便利です。

デル株式会社