LINEで送る
Pocket

 手書きメモを何度か紹介してきましたが、今回の手書きメモアプリは、書き味なめらかで、ちょっとしたメモを取るのにも便利なアプリです。しかも無料です。

 iPhone版とiPad版は別になっています。広いiPad版では、その書き心地が存分に味わえるかもしれませんが、ここではiPhone版の紹介になります。iPhone版でもちょっとしたメモなどに活躍しそうです。

サポートサイトは下記になります。
● neu.Pen
App Storeでは仕事効率化カテゴリーにあります。
● neu.Notes for iPhone! [iTunes]

なおiPad版は下記になります。またiPad用にお絵かきアプリneu.KidsDrawも出しています。どちらも無料です。
● neu.Notes [iTunes]
● neu.KidsDraw [iTunes]

 このアプリを知ったのは作者のブログであり、既にある手書きアプリに不満を感じて製作したということもあり、こだわりが見えます。
Life is beautiful: iPadアプリ作成日記:書き心地重視のneu.Notesリリース!

 最初の画面では、メモを選択・作成・削除する画面になります。すでにあるメモは説明書のようなもので、見るとその操作が分かるようになっています。
 画面上の左側の+はメモの追加で、左側のマークは編集でメモの削除になります。画面の下にある、ALL や helpはメモを作成した時にメモのタイトルの他にタグを一緒に記録できるのでタグで表示数を変えたりすることができます。
 再度編集したい場合はメモの部分をタップすることで画面が編集画面に切り替わります。一番下のところは開発サイトへのリンクになっています。
(ここが大きくてタグの選択したいときにSafariに切り替わってしまうのではちょっと使いづらいところです。)

 下の画面は、少し異なっていますが、アプリの中に最初から入っているガイドになります。各アイコンの操作はこのガイドを見ることである程度分かると思います。アイコン以外の操作上の機能としてはピンチイン・ピンチアウトで縮小・拡大ができ、その状態からでも手書きすることができます。

 手書きで気になるところはペンの色や太さだと思いますが、豊富な選択肢があります。編集画面でペン自体は、3つ常に切り替えて使えるようになっています。
 色は全30色から選ぶことができ、太さは9種類が選べるようになっていますが、下のスライダーで更に細かく太さを調整できます。そしてペンの透明度もスライダーで指定することができます。
 画面の上下中央に丸いマークがありますが、これはメニューを隠す役割です。上のメニューの3種類のペンの中から1つ選んで、その丸いマークの右にある色と太さを表示しているところをタップすることで、このペンの色・太さを選ぶ画面になります。なお右側にある消しゴムも同じように太さと透明度が指定できるようになっています。

 画面の上部一番右にある・・・のマークをタップするとペンで書く以外の機能を使うことができます。写真アルバムからの選択のみですが、写真を貼り付けたり、地図を開いて、見ている地図(通常のものだけではなくサテライト・ハイブリッドの指定も可能)のページを貼り付けたり、通常白地ですがラインにしたりグリッドにしたりすることができます。写真や地図などは、その上から手書きを行う事ができるので、道案内だったり、写真に対してメモだったり簡単に作成できます。

 ここで例えば貼り間違えたとしても画面下の左右にあるアンドゥ・リドゥで戻してやり直しもできます。

 画面の上部2段目のメニューでは写真・地図・背景の設定機能の他では、現在表示しているページの削除、出力があります。
 出力は、現在のページ(Current Page)をメールに添付して送信する機能。これは現在のページをPNG形式/JPG形式/PDF形式のどれかに変換してメールすることができます。
 全てのページをPDFにしてメールで送る機能、Twitterに送信できる機能があります。複数ページまとめて送りたい場合などはPDF形式で送れるのは便利だと思います。

 画面下のメニューにはページの追加、ページ前後への移動の矢印もありますが、右側にあるアイコンでプレビューを見ながらページ切替ができる機能も便利だと思いました。ページが多くなってもこれだとすぐ見つけることができます。

 ここまで機能を紹介しましたが、一番重要な書き味(描き味)は本当、こだわりを持って使っただけあってカクカクすることなく滑らかです。あと、アプリを終了しても次回起動時には終了した時点のメモの状態を再現させるところにもこだわりを持っていたということで、メモを取るにはどちらも重要な機能で、すばらしいアプリだと思います。