LINEで送る
Pocket

WebベースのRSSリーダーLivedoor Readerと共有できるiPhoneアプリが登場しました。自分はiPhone使う前までは、PCとiPod touchからGoogle Readerを使用していましたが、iPhoneからも見たいということで(Safariが落ちやすいので)、無料のiPhoneアプリ NetNewsWire [iTunes]に変更し、iPhoneからも見れてWebからも見れてという便利な状態だったのですが、1点クリッピングした記事がNetNewsWireから見れないという不満点があり早速LDR touch [iTunes]を使ってみました。

開発者のサイトは下記になります。スタートガイドなどが丁寧に書かれています。はてな touchを作られた作者でもあります。
24/7 twenty-four seven
iTunesではAppStoreのニュースカテゴリーにあります。
LDR touch [iTunes]

また初めてLivedoor Readerを使用するにはWebサイトからの登録が必要で、アカウント作成もWebサイトから行うことになります。
livedoor Reader – RSSリーダー

LDR touchの主な機能としては、

+Livedoor Readerとの同期
-フィード毎の未読/既読
-ピンの追加
+オフラインブラウズ
+Webサイトのブラウズ

となっています。実際今までは、NetNewsWireを使用していたのでそれと比較してみると機能的にはほぼ互角かなと思っていました。
実際に動作させてみると、

この画面の左上のボタンでWebサイトに登録したIDとパスワードを入力します。ここでの注意は、一度設定した後、ホームボタンを押して終了する必要があります。

「LDR touch」スタートガイド(初期設定) – 24/7 twenty-four seven
※初めて使用するときや設定変更した直後は、「自動的に既読にする」機能の処理が失敗することがよくあります。
初回起動時はフィードを読み込んだ後、いったん終了させて起動し直すと確実に動作します。2回目以降は必要ありません。

NetNewsWireだと作成されているフォルダ毎表示されていたのですが、LDR touchではフラットで表示されます。見え方としては、NetNewsWireの方がWebサイトのアイコンなども表示されて綺麗な感じがします。
ただタイトルの色が黒だとダウンロード済、グレーだと未ダウンロードのデータと一目で分かるところは便利です。

実際に操作は選択するとスライドして記事にたどり着くというスタイルで、最終的にたどり着く画面からWebサイトを見ることができます。NetNewsWireでは、Webサイトの内容を見るためにはSafariを起動するということになるのですが、LDR touchでは内部で表示されます。これはSafariが落ちやすいだけに有り難い機能。

また見たい記事などは、ピンボタンでピンを付けることができます。NetNewsWireでもクリッピングのボタンがあり、あとから読めるようになるのですが、これがNetNewsWireからは見れないのですが、LDR touchでは、ピンの情報をLDR touchから見れるようになっているのは便利です。

またこれらの情報は、WebベースのRSSリーダーLivedoor Readerと共有されているので、NetNewsWireでもNewsGator Onlineと同じですが、既読・未読・ピン情報が一緒というのが良いですね。

とりあえずRSSリーダーをどっちにしようかと迷ってますが、ピンがiPhoneからすぐ読める分LDR touchが便利でした。(NetNewsWireのアイコン表示で未読数が表示されるのも便利なんですが)しばらくは情報収集用とか、仕事用とかで分けて使って併用してみようと思います。iPhoneからのピン情報は閲覧しても消えることなく残ってるのでPC側でアクセスして消す必要があります。
ピンを消す方法は、消したいピンのところに右へフリック(スライド)すると削除ボタンが出てくるので、そのボタンを押すことで削除できます。
LDR touchからピンを消す方法 – 24/7 twenty-four seven