LINEで送る
Pocket

 インスタントカメラのようなアプリとしては以前紹介したShakeItPhotoやInstant Cameraなどが有名でしたが、やはりポラロイド社公式となると、それだけで使いたくなります。
インスタントカメラで撮ったような写真が出来上がるiPhone写真アプリ8種類 

 少し前にPolaroid公式として、このInstantCamがリリースされましたが、あまりにひどい出来で紹介できないまま、アップデートまで待っていました。本日アップデートされバージョンも1.1になり、やっと使えるようになりました。但しまだ1つだけ残っている修正内容があり、こちらは今後のアップデートで対応されるようです。

サポートサイトは下記になります。
Interactive solutions – Penté Group
App Storeでは写真カテゴリーにあります。
InstantCam [iTunes]icon

 このInstantCamはカメラとしての撮影機能と写真アルバムからの取込機能、Facebookやメールでの送信機能、そしてPolaroid Studioというネット上に作るアルバムの機能を持っているアプリになります。ネット上に作るアルバムはユーザーIDを作ることでiPhoneからだけでなくWebブラウザからも見ることができます。
 アプリを初めて起動するとすぐカメラの選択画面になります。起動してすぐカメラを選んで撮れるところが良いと思います。カメラの種類は全部で4種類あります。内1種類COLORIZEだけは、少し操作が異なり、後から色を指定するカメラになります。
 カメラの切替はカメラの写真のすぐ上に表示されているボタンで、B&W・Vintage・Colorize・Digitalをタップすることで真名kに表示されている写真も切り替わり、カメラも切り替わります。

 画面下が機能のメニューになっています。一番左のShareはこのアプリを友人に紹介する機能であまり使う頻度は少ないと思います。メール、Twitter、Facebookで、このアプリの紹介を行うことができます。Twitterなどには英語でそのまま呟かれるので注意です。

 画面下、左から2番目のPolaroid StudioはPolaroidが提供しているサイト上に写真をアップロードできる機能で、アカウントを作ることで使用できるようになります。アカウントを作ったら、最初にアルバムを作成することになりますが、このアルバムを作成することでそのアルバムの中に写真を追加していくという形になります。実際、写真の追加は写真を撮った時のメニューにあり、ここではアルバムの作成・削除・アルバム名と説明の編集、アルバムの中の写真の削除、アルバムのURLをメールやTwitter、Facebookに送信する機能もあります。Polaroid Studioのサイトでは写真にコメントやタグを入れることもできるので面白いと思います。ただ残念な事に、アルバム名や説明などに日本語は使えません。

 画面下メニューの真ん中にあるCameraは最初に説明したカメラを選ぶ(カメラの右下にSelectボタンがあるのでそこをタップする)ことで写真を撮ることができます。以前のバージョンではここがデタラメで撮った写真の左上しか写ってないという状態でしたが今回のバージョンで直りました。写真として撮れる範囲も表示しれくれているので分かりやすいです。
 しかし、ここで範囲を示してくれますが、撮れている写真はiPhoneに写っている部分が撮られているので、次の画面で移動させたり、2本指でピンチイン・ピンチアウトすることで拡大・縮小ができます。写真として出力した範囲を決めた後は、これぞポラロイドという操作で、マイクに向かって息を吹きかけたり、iPhoneを振ることで写真が浮かび上がってきます。

 出来上がった写真の下にメニューが表示され「ADD TEXT」で最大半角25文字の入力ができます(但し日本語は入力しても表示されません)。「SHARE」ではメールとFacebookに送信できます(宣伝も兼ねているので文字が長すぎてTwitterは除外されているのかもしれません。)。「SAVE」ではカメラロールへの保存と先ほど述べたPolaroid Studioへの保存もできます。「DONE」はこの画面の終了になります。

 画面下メニューのLibraryは、写真アルバムから写真を取り込んで、このカメラのエフェクトをかけて保存できる機能になります。操作は先のCameraと同じですが写真アルバムから選ぶところと選んだ後にカメラを選ぶところの画面が異なっています。ただ操作としてはとても簡単なので見ると分かると思います。

 InstantCam自体ポラロイド公式アプリということで嬉しいところなのですが、1点現在のバージョンでは不満なところがあります。それは写真サイズで現状では284×289しか無いところです。しかしながらアプリの説明では次のバージョンのアップデートで高解像度に対応すると書かれているので待ちたいと思います。しかしながら小さい写真でもPhotoDeskのようなアプリで繋げると結構面白かったりするので、今はそちらで遊ぶことにします。
複数の写真を1枚におさめて効果を追加できるiPhoneアプリ PhotoDesk 
 ちなみに下のは4種類のカメラで撮ったものをPhotoDeskで1枚にしたものです。最大サイズは1200と少し小さいですが、最大16枚繋げる事ができるので重宝しています。

 あとは、iPhoneから直接Bluetoothで印刷できるPoGoのようなモバイルプリンターをPolaroidが出してくれると嬉しいのですが、ここはApple次第なのでしょうか。