LINEで送る
Pocket

 以前からこういうTips的なものを書きたいと思っていたのですが、実際iPhoneで写真を撮ってその場でエフェクトをかけたりしていると忘れるもので・・・今回たまたま思い出したので自分への忘却録も兼ねています。

 目の前の高いビルを1枚の写真におさめるってどんな感じかというと、百聞は一見に如かずというかこんな写真です。
Tokyo Tower
 この写真は浜松町駅前から撮った写真ですが、これから説明する撮り方以上に国際世界貿易センタービル(40階)が高すぎて全部入りきらず、ここでは後述の方法+以下のワイドレンズも使ってます。

【レンズよりどりキャンペーン対象商品】GIZMON iPhone 3G用ワイド&マクロレンズ
【レンズよりどりキャンペーン対象商品】GIZMON iPhone 3G用ワイド&マクロレンズ
メーカー:GIZMON
参考価格:?\4,176
価格:?\3,480
OFF : ?\696 (17%)

 しかしながらここまで高いビル(40階)でなければワイドレンズを使わなくてもアプリを使って作ることができます。今回必要なアプリはAutoStitch [iTunes]iconというアプリ。パノラマ写真の時に使いますが、今回は縦に使う感じになります。
撮った写真を自動でパノラマに AutoStitch 

 まず写真の撮り方ですが、同じ場所で上部と下部というようにiPhoneを横にして2枚撮ります。

 次にこの2枚の写真をAutoStitch [iTunes]iconで取り込みます。ここでの注意は順番です。
 AutoStitchで地面に近い方を先に選択し、次に高い所の写真を選びます。選んだ後は「貼付け」で写真を作っていきます。

 あとは完成した写真のトリミングを行って保存すれば完成です。写真のサイズも2728×2972と正方形に近い形になります。

 ここで順番が重要と書きましたが、順番を逆にした場合(写真の上部を先に選択した場合)、どうなるか。下のスクリーンショットが結果です。

 上部が外側に広がってしまい、ちょっと変な写真が出来上がります。撮った写真も無駄に捨てられる所が多いのが分かると思います。これはこれで何か他の物を撮った時に使えるかもしれませんが、最初のものよりも普通に見えません。
 こういう風にアプリを使うと面白い写真ができるのは楽しいです。また被写体が変わることで更に面白い写真ができるかもしれません。また何か思い出したら書いてみようと思います。

 そして、もしiPhone写真に興味がある方がいましたら、現在The iPhoneography User Group JapanをFlickrとFacebookで立ち上げ、Flickrの方にはいろんな写真が集まっているので見てみてください。またメンバーも募集していますので良ければ、よろしくお願いいたします。
Flickr: The iPhoneography User Group Japan