LINEで送る
Pocket

 写真を撮る際にフォーカスと露出を別々に設定できるアプリを以前紹介したCamera+がありますが、いろいろあり公開停止になりました
 これによりフォーカスと露出を別々に指定して写真を撮るアプリが無くなったのですが、今回紹介するSimpleCameraはこれができます。また撮影と同時にEXIF情報、位置情報も写真に記録できます。
 フォーカスと露出を別々に指定、EXIF/位置情報保存(要iOS 4.1)の他にも、手ブレ停止時の撮影やシャッターボタンの位置変更、グリッド表示など撮影の際にあったらいいなという機能も搭載されています。

サポートサイトは下記になります。
SimpleCamera – novi’s page
App Storeでは写真カテゴリーにあります。
SimpleCamera [iTunes]icon

 アプリを起動するとすぐカメラになります。上にアイコンでメニューがあり、タップすることで設定を変えることができます。アイコンのメニューは左からフラッシュ(ON/OFF/AUTO)、露出の調整(LOCK/AUTO)、ホワイトバランス(LOCK/AUTO)、フォーカスの調整(LOCK/AUTO)、手ブレ停止時のシャッター感度(Low/Middle/High)、グリッドの5種類表示切り替えになります。
 そして、画面上にはDISPと書かれた部分は、タップするとアイコンを非表示にできます。(もう一度タップすると表示)シャッターボタンはカメラのアイコンの部分ですが、長押ししながら移動させることでシャッターボタンの場所を移動させ記憶させることができます。(これはiPhoneを横にした時と縦にした時別々で覚えてくれます。)
 画面の上メニューの右下になる再生マークはプレビューの表示になります。

 露出とフォーカスは、Camera+では二本の指で行っていましたが、このSimpleCameraではシングルタップした場所でフォーカス(青い枠)を合わせ、ダブルタップした場所が露出(黄色い枠)を合わせることになります。 なお手ブレ停止感知シャッターは、シャッターボタンを押すことでキャンセルできます。

 実際に、撮った写真を確認するのにExifWizard [iTunes]iconで確認しました。
 確かにExif情報と位置情報が記録されているのが分かります。iPhone 4では、シャッターボタンを押して行くと連続して撮影できますが、その間にこの情報も埋め込んでるんであれば速いと思います。