LINEで送る
Pocket

 2週間ほど前に発表され、私自身は何も知らなかったのですが、海外の方からTwitterでCongratsなどの言葉をいただき、何が何やら理解していませんでした。
 そしてFlickrの方でThe iPhoneography User Group Japanのディスカッションでショートリストに入ってるという事を知り調べたところ確かに(ARCH@iPhoneとふざけた名前ですいません)入っていました。
EYE’EM ? Blog Archive ? EYE’EM NYC SHORTLIST
 ショートリスト自体意味が分からず、ロングリストから選出されたのだとは思うのですが、ここからまた選出されて優勝者が決まって展示会で写真が展示されるのであろうと思っていたのですが、ショートリストの写真も展示されると後から届いたメールで知って、その時は興奮しました。

 今回行われる展示会はEYE’EM New York Exhibition 2010。前回はベルリンで行われ、その時は応募制でしたが、今回は、EYE’EM自体が、Flickrのように写真をアップして見てもらうサイトを作ったので、そちらからの選出のようです。
世界中から集まるモバイルフォトの展示会 The EYE’EM Awards Exhibition 2010 

 会場はニューヨークのOPENHOUSE gallery(201 Mulberry St)で9月27日?9月29日までの3日間行われます。ギャラリーは白で統一されたとても綺麗な所のようです。これを見てる方でお近くの方がいましたらぜひ!(笑)

 私のFacebookにも参加予定というイベントが入れられていて、正直国内だったら行きたかったんですが、遠すぎるし平日ですしということで参加は辞退しました。
 しかしながら、いただいたメールを見るとギャラリーでは写真を販売するそうで、アクリルでカバーをした額に飾られるそうです。値段は書きませんが、私の写真も売られるんだと思うとなんか変な感じです。
 そして、未だにどの写真が展示されるのか私自身知らないのもなんか変ですが、開催後の写真を探してみたいと思います。ショートリストの写真が公開されました(忘れてたらしい)
● EYE’EM NYC 2010 Shortlist
 またFacebookの展示会場の写真から自分の写真を見つけることもできました。

 もしEYE’EMの写真共有サイトに興味ある方はEYE’EMのサイトを見て下さい。ここはiPhoneだけに限らずモバイル機器で撮った写真が対象になります。
EYE’EM