LINEで送る
Pocket

 以前、カレンダーアプリを、さいすけからWeek Calendarに変えた事を書きましたが、1日の予定を見た時に、さいすけもそうですが、1日全体の予定を見るのにスクロールが必要だったりします。それでスクリーンショットを見て気に入った今回紹介するアプリを購入しました。
週表示に特化した見やすいカレンダーアプリ Week Calendar 

 iOS4.0からなのかiOS4.1からなのか分かりませんが、最近iPhone標準のカレンダーにアクセスできるアプリが増えてきました。さいすけも、Week Calendarも可能です。今回のアプリもカレンダーアプリmiCalはGoogleカレンダーにはアクセスできませんが、iPhoneのカレンダーに登録しているGoogleカレンダーにアクセスできます。このアプリで気付いたのですが、複数のアプリでGoogleカレンダーにアクセスするよりも標準のカレンダーだけGoogleカレンダーと同期(CalDAV)で行い、他のアプリはiPhoneのカレンダーにアクセスするとネット接続も減り、比較的に同期作業も減るので便利だと分かりました。

サポートサイトは下記になります。
miCal – The missing calendar for the iPhone and the iPod touch
App Storeでは仕事効率化カテゴリーにあります。
miCal – missing Calendar [iTunes]icon

 アプリを起動するとこのダッシュボードの画面になります。ただiOS4以降に対応しているので、1度起動しておけば終了しないかぎりは以前見ていた状態で開けます。
 時間表示も大きいですし、当月1ヶ月のカレンダーも表示されています。(ただこの部分は操作することはできません)その下には当日の予定がリストで見えます。リスト自体には、時間と予定と通知表示が表示されていて分かりやすいです。このリスト部分の1つをタップすると更に詳細が見れるようになっています。
そして、今回のスクリーンショットではありませんが、誕生日のカレンダーも取り込んでくれて当日誕生日の人がいると当日の予定の下に表示してくれます。
 画面の下がカレンダーの表示切り替えと設定などの呼び出しになります。きちんとカレンダーの色分けもGoogleカレンダーに設定した色(そのままiPhoneの標準カレンダーの色になります)で色分けされていて、Week Calendarとも統一されるので分かりやすいです。

 下は1日表示、週表示、月表示、年表示にしたところの画面です。それぞれ横に指でスライドさせて前後を見ることができます。日表示では現在時刻でラインを引いてくれています。週表示にもカレンダーを表示していますが、これは週を変えていくと一緒にその週のある月に変わってくれます。また日表示/週表示/月表示は画面のダブルタップで新しい予定を入れることができますが、年表示だけは見るだけになります。
 残念な点が一つあるのですが、それは月表示で現在のバージョン1.0では日本語の所だけ予定が入っているのは分かるのですが表示できていません。

 画面下の一番左にある設定などの呼び出しでは、ポップアップのようなメニューで表示されます。Helpでは、このアプリの操作説明(英語)になっています。次のCalendarは、iPhoneの標準カレンダーに設定されているカレンダーを指定できます。不要なカレンダーがあれば非表示にすることもできます。Optionはこのアプリの設定で後述します。次のBirthdayは一覧で誕生日登録している人を見ることができます。Searchは検索ですが、最初に表示した時には一覧で予定が全てリスト化されて見えます。最後のTodayは当日表示していないときに当日に移動できる機能になります。

 下はBirthdayとSearchの画面です。誕生日は写真を入れておけば写真も表示されますし、Searchもインクリメンタルサーチで文字を入れるとすぐ検索結果が表示されます。

 オプションではダッシュボード画面のイベント表示の有無や作成時のデフォルト値(何分前に通知するかや予定時間など)、標準カレンダーとの同期もここで行えますし、自動でも行ってくれます。Load monthは過去のデータを期間を設定して読み込むことができます。最大5ヶ月で、1?5ヶ月の指定ができます。通知の指定はGoogleカレンダーに直接アクセスしているわけでは無いので、ポップアップのみでメールなどの指定はできないのが残念です。

 最後に特筆すべき点として、予定の入力の所ですが、場所の所に地図を入れることができます。と言っても今のアプリでは結構できますが、この地図の所はスライドして位置を決めるのこともできますが、検索ができます。これは正直なところ予定を入れる時の場所入力で、ひたすら地図をスライドさせて・・・という作業が減るのが良いと思いました。ただ、他のアプリとの連動はできないみたいで、実際にこのデータをiPhone 標準のカレンダーで見るとメモの欄に位置情報が入っていました。しかしながら地図自体を詳細から見れるのは良いです。ただピンチイン・ピンチアウトもできるのでもう少し地図を大きくして欲しかったかなと思います。
 下がその地図を指定するときの画面になります。左が場所を指定する時の画面で、右が位置を指定した後の詳細表示です。一番下に地図が表示され、ここからピンチイン・ピンチアウトも使えます。

 贅沢な使い方ですが、今は当日チェックはmiCal、直近などの週の予定はWeek Calendar、月の予定はさいすけというように使い分けています。ただ元のデータはiPhoneの標準カレンダーをGoogleカレンダーと同期(CalDAV)しているので、これの良い点としては、通知をポップアップにしていた場合でも、iPhoneのポップアップが1回で済むところです。悪い点としてはアプリを3つ使っていることなのですが、ホーム画面からすぐ呼び出せるので慣れると便利な点に変わります。できれば1つのアプリでこの3つを補ってくれるようなアプリが出てくれると良いのですが・・・あとToDoもPocket Informantのようにサービスを選べる(ToodledoやRTMなど)ものが付いてると嬉しいですね。