LINEで送る
Pocket

 Big Canvas PhotoShare(PS)で写真をiPhoneからアップしたりしているんですが、iPhone標準アプリでは写真やスクリーンショットの加工ができないので、加工したい画像は、一旦iPhoneで撮った画像をパソコンに移動してパソコン側で加工してまたiPhoneに戻してアップとかしててすごく面倒で、iPhoneアプリを探していたのですが、PSの会話の中でよく見ていたPhotogeneを思い切って購入しました。結果としては、個人的にとても満足しています。

AppStoreの写真カテゴリーにあります。
Photogene ? – Omer Shoor

開発元サイトは下記になります。
Photogene サポートサイト

画像加工で私自身が必要だったのは下記の点ですが、どれも入っていました。
・日本語で表示できる。
・リドゥ、アンドゥができる。
・吹き出し文字が入れられる。
・回転ができる。
・明るさを変えたりできる。

実際に起動すると、新規に行うか、以前編集していた作業のつづきを行うかのメニューが表示されます。このメニューを選択した後は、左サイドにメニュー、画面下にメニューを選択した後のサブメニューが表示されます。どれもアイコンのメニューで分かりやすいアイコンになっています。

 ここではホームボタンを押しながらスリープボタンで撮ったiPhoneのスクリーンショットで試しています。

 左メニューの一番上のトリミングを選択した画面になります。トリミングしたい所が明るく表示されていて、四角い枠内をタップしたまま移動ができますし、四隅をタップして移動するとトリミングの範囲が変更できるようになっています。画面下のトリミングボタンを押せばトリミングが実行されます。

 こちらは画像の回転。画面下にサブメニューが表示されていますが、単純な回転だけでなくタップで微調整ができるようになってます。画像の反転もここでできるようになっています。

こちらはシャープ設定。画像の加工時はピンチアウトで拡大、ピンチインで縮小することが可能です。(但し実際の画像が拡大や縮小されるわけではありません。)

ここはシャープがあったのでボカシかソフトも欲しいところですが、今のところはありません。

これは色の調整画面、色温度や彩度、エフェクトの設定もできます。ここでモノクロにしたいときなどにも変更できます。

吹き出しを作成する画面です。画面下のメニューに吹き出しの形がいろいろ出てきます。画面の下のメニューには吹き出しの種類が多いので横にスライドして選択することができます。
また吹き出しを設定した後に、吹き出しの色パターンを選択できます。これも色パターンが多いので横にスライドすると他の色パターンが表示されるようになっています。横にスライドが面倒な場合、画面の一番下に細いボタンがあるのですが、それをタップするとスライドして表示されている物が全部表示されるようになります。

吹き出しを貼り付けた後、吹き出しの縁に少し影が付くところがかっこいいと思いました。

加工の最後は、フレームを入れる機能。フレームも表示しきれない種類があるので画面下のメニューをスライドして表示させることができます。フレームを表示した際の背景の色も指定できるようになっています。

あとは、アンドゥ・リドゥと保存のメニューがありますが、これだけの機能で600円は妥当かなと思いました。
またiPhone自体と横にすると・・・

ちゃんと横で作業ができるようになっています。

PhotogeneのFEATURES FOR NEXT Versionを見ると1.5の次のバージョンの事も書かれていてそこでは、
ガンマ補正スライダ、ヒストグラム制御、反射効果、サイズ変更(ケータイに送るときにiPhoneで勝手に縮小されるのでそこがどうなるのか気になりますが)、指だけで傾ける機能、グリッド表示などが書かれています。
あと、Photogeneだけでは足りない機能は他のアプリを使ってたりしてますが、そういうアプリの機能も取り込んでくれると嬉しいんですけどね(ホーム画面のアイコンが減るので)。

ちなみに他の画像加工アプリでは、フリーのScribble [iTunes](エンターテインメントカテゴリー)を使ってます。お絵かきができるだけでなくフォトライブラリに保存されている画像を読み込んでくれるので便利です。