LINEで送る
Pocket

 今回紹介するアプリInstagramですが、アイコンを見ただけで速攻ダウンロードしたものの、アカウントを作らなければならないということで躊躇していました。それと同時に海外の知っているiPhoneographer達が、出力される写真が小さい(612×612)からダメだという答えを出していて、私も一旦は削除したのですが、FacebookでInstagramを使った写真を見て、今度はアカウントを作成してやってみました。
 インスタントカメラのアイコンだと、カメラアプリと思い込んでしまいますが、このアプリそれだけではありません。SNSが本体と言っても過言ではないと思います。というかSNSですね。使ってみたところカメラアプリがおまけのような感じです。

サポートサイトは下記になります。
instagr.am
App Storeでは写真カテゴリーにあります。
Instagram [iTunes]icon

 このアプリは最初にアプリを起動した時に名前とメールアドレスの登録が必要になります。ユーザー名やパスワードを設定するとアプリが使えるようになります。アプリの中を見れるようになって最初に何をしたらいいかというところから始まりますが、アプリの下にあるメニューを一通り見てみることをお勧めします。画面下メニューは左から自分も含めたフォローした人の写真が時系列で見れるFeed、Instagramの中で現時点人気のある写真が見れるPopular、カメラの機能を持っていてここから写真をInstagramにアップロードするShare、フォローされたり、お気に入り(Like)登録された時に時系列で表示してくれるNews、自分の情報を確認・変更そして友達の検索や招待ができるProfileがあります。

 友達がすでにInstagramをやっているのであればProfileから検索、とりあえず写真の機能を試してみたいのであれば写真を撮ってアップロードするShare。いろんな写真を見たいというときはPopularでサムネイルで表示されている写真をタップするとその写真が見れるのでその撮影者から気に入った人をフォローするなどいろいろできると思います。

 Shareのカメラですが、カメラにはフラッシュのON/OFF/AUTOも付いていますし、写真を撮るだけでなく、写真アルバムから写真を選ぶことができるので(カメラが起動している時に右下の□のマークをタップ)、以前撮った写真などもShareすることができます。写真を撮影した(選んだ)後はこのアプリ自体にフィルター(ノーマル含め12種類)が入ってるので、例えばすでに撮影した(選んだ)写真をこのInstagramで取り込み再度フィルターを通すということもできます。フィルターは画面下に表示されているので横にスライドさせることで選択することができます。ここだけでもアプリとして成り立つんじゃないかというくらいのクオリティです。ただ残念なのはサイズが小さいこと。ですがSNSで見る場合には小さいサイズ(612×612)だと表示が速いことを考えたんでしょう。

 フィルターを選択して写真が完成するとアップロードすることになるのですが、ここでも面白い機能があります。タイトルと場所を書き込めますが、場所に関しては近くの場所を検索することもできます。またInstagramにアップロードすると同時にTwitter / Flickr / Facebook / Tumblr / Foursquareと連携でき、例えばアップロードしてすぐにTwitterを見るとタイトルとInstagramの中の写真をアップロードしたURLがリンクに追加されつぶやかれます。ここらへんは単にInstagramだけに終わらせないところが面白いです。
 ちなみにInstagramにアップロードした写真はWebブラウザで見ることができ、例えば以下のような表示になります。
instagr.am

 ここまでが主要なカメラアプリの機能ですが、SNSとしてはここからです。フォローされたり、自分のアップロードした写真が見た人のお気に入りに入るとNewsのところに表示されます。ここから自分の知らない人からフォローされたら名前をタップしてフォローしかえしたりするのも良いと思います。

 そしてProfileですが、自分の情報が見れたり、非表示(プライベート)にするだけでなく、一番最初に表示されている検索(Find friends)がよくできていると思います。検索はTwitterやFacebookに入ってフォロワーでInstagramをやっている人達からも検索できるのが便利です。見つけたらフォローするだけの簡単操作です。そしてフォローしている人たちの写真は、画面下メニューのFeedで時系列で見れます。気に入った写真にはLikeボタンをタップしたり、何か一言言いたいことがあったらコメントを入れたりしましょう。SNSとしては写真を見てLikeやコメントを入れあうという簡単なところなんですが、そのゆるさがまた良い感じです。

 これを始めた時に思ったのが昔やっていたPhotoShareというアプリ。それと同じ感じなのですが、TwitterだけでなくFacebookにもつながるのはうれしいところです。あと簡単に友達を探せると言うのも便利でした。コメントをくれた方の写真(Feed)にも名前をタップしてすぐ見に行けてそこからコミュニケーションもとれることができます。知り合いが居ないとSNSの機能の恩恵に預かれませんが、写真を通してコミュニケーションを取るというのも面白いと思います。これで出力できる写真サイズが大きければFlickrにも投稿したいところです。