LINEで送る
Pocket

 多重露光のアプリというとDXPCAMERAtanで使うことができますが、複数枚の写真を重ね合わせて一枚の写真にできる合成方法の一つです。
 iPhoneで多重露光のアプリと言うと配置が決まっている写真同士で重ね合わせるので、ちょっとずらしたいなということができませんでした。しかしこのアプリは出来上がる写真がマシカク写真という欠点があるものの、2枚の写真の位置を調整できます。

サポートサイトは下記になります。
Drilbu … DOT HK! – iPhone Apps
App Storeでは写真カテゴリーにあります。
Doublexposure Pro – Photo fun [iTunes]icon

 アプリは上部にタイトルの左右にサムネイル写真が表示されていますが、ここをタップすると写真を選ぶことができます。左右1枚ずつ選ぶ形です。選ぶとすぐ中央にある写真が切り替わります。タイトル部分と写真の間にあるスライダーは、2枚の写真の濃さを表していて、右にスライダーを動かすと2枚目の方が濃くなる、逆に左にスライドさせると1枚目の写真が濃くなります。画面下がメニューになりますが、左からFilter(フィルター)、Develop(2枚の写真の合成)、一番右はタップすると複数のメニューが表示されますが、2枚の写真の設定になります。
 なお下のメニューと写真の間にある文字をタップするとヘルプが表示できます。


 出来上がる合成画面は真四角(1024×1024)になり、中央で表示されている部分になります。通常iPhoneで撮った写真を取り込むと縦長/横長になりますが、ここは設定で引き伸ばしたりすることができます。上部のスライダーを調整することでどちらの写真をメインに持って行くかということもできます。

 画面下メニューの中のFilter(フィルター)をタップすると更に色を選ぶメニューが表示されます。フィルターは写真に薄い色を付けるような感じです。3色(赤・緑・青)の他、NoctanとWarpz、そして何もしないMILKの計6色から選ぶことができます。

 画面下メニューの一番右をタップするとこのメニューが表示されます。これは写真2枚の操作になります。最初にこのアプリを使うときはLOCKがデフォルトになっていますが、1枚目(画面左側)の操作をしたい場合はAdjust 1, Crop 1, Retake 1を操作、2枚目(画面右側)を操作したい場合はAdjust 2, Crop 2, Retake 2を操作します。
 Adjustを選択した場合写真の明るさを調整できます。調整方法は、写真の部分を横に(スライドバーはでていませんが)スライドさせることで明るさが変わります。なお明るさを戻したい場合は写真のところをダブルタップすることで元に戻ります。
 Cropは先ほども言った真四角に調整するためや位置の移動に使う機能で、ピンチイン・ピンチアウトで縮小・拡大、スワイプで移動ができます。(但し回転はできません)
 Retakeは再度写真をカメラと写真アルバムから選ぶことができます。

 Developを実行すると、画面が切り替わり、多重露光で合成された写真が中央に表示されます。自分の思っていたイメージと違う場合は元に戻せます。また画面下のメニューからカメラロールへの保存、写真を添付したメールやFacebook、Twitterに投稿もできます。

 多重露光アプリとしては位置の移動ができる点がやっと出たか?という感じでが面白いなと思いました。あとサイズが1024×1024なのですが、ここはもう少し大きくして欲しいかなと思いました。自分でトリミング(正方形ではなく長方形など)できると更に活用する場が増えるかなと思いました。