LINEで送る
Pocket

少し前にiPhoneで画像を加工できるPhotogeneを紹介しました。
iPhoneで撮った写真をiPhoneで加工できるPhotogene | favLife
ただ、Photgeneを使っていて思ったのは、更にやりたいこととして、写真の上にまた写真を貼り付けたりしたくなり探していたらちょうどタイミング良く、そういうことを実現してくれるiPhoneアプリがリリースされました。

Juxtaposer [iTunes]は、画像を呼び出して加工した画像を貼り付けれるアプリです。ちょうど10月31日までは115円で提供ということで購入。本当は他のアプリを買おうと思ってたのですが、こっちの方が安かったので試してみたら自分のやりたい事と一致しました。AppStoreでは写真カテゴリーにあります。

Juxtaposerを起動すると、選択式に進んでいきます。左は最初のベースとなる写真を撮るかフォトライブラリから選択するかの画面が表示されます。
選択した後に、次の写真も撮るかライブラリから選択することで加工ができるようになります。
このアプリでは、下地の画像をベースイメージ、加工して貼り付ける画像をトップイメージと呼んでいます。

メニューは上下にあり、下側は画面を触った時の操作を指定します。上はトップページの加工用のメニューになっています。
貼り付けた画像に対して指でなぞるなりペンを使って消すところを指定していきます。画像(トップイメージと全体)の拡大、縮小も可能で、アンドゥもできます。そして貼り付けている画像は、スタンプボタンを押すことで、下地に貼り付くことになります。なので、このままスタンプとして同じ画像をいくつも下地に貼り付けることができます。

画面の左上のフロッピーマークを押すと出る画面ですが、ここでこのまま保存するか、加工する画像や下地を変更することもできるので、違う種類の画像をペタペタ貼り付けることも可能になってます。

同じ画像を2枚貼り付けて、顔だけトップイメージで加工、拡大して元の下地に貼り付けると顔デカ写真ができますし。いろいろ楽しいことができそうです。うまくできてる写真はAppStoreのアプリデモの画像をてもらえると分かると思います。

とりあえずこれだけで写真加工アプリは終わりかな?と思ったらPhotoShareと連携するiPhoneアプリ Small Canvas (公開終了)が登場。こちらはiPhone自体を動かしてメニューやアンドゥ・リドゥができるところが面白い試みで、またそのままBig Canvas PhotoShare(PS)にアップできるということで購入してみました。しかしまだ慣れていないのでうまくできなかったり。慣れたらまた紹介したいと思います。