LINEで送る
Pocket

 今回紹介するアプリはDouble Exposureという多重露光を行うアプリ。多重露光というと写真を重ねて撮るというものになりますが、このアプリはiPhone 4の場合、ちょっと面白い機能を持っています。
 このアプリはカメラを2つ使うことができます。iPhone 4のカメラだと前面と背面のカメラを使って多重露光の写真が撮れるのは、背面のカメラでその都度撮るのも良いですがちょっと面白いです。

サポートサイトは下記になります。
Davander Mobile
App Storeでは写真カテゴリーにあります。
Double Exposure [iTunes]icon

 アプリを起動すると、すぐ写真を撮れる状態になります。画面下がメニューになっていますが、画面の真ん中はシャッターボタンになっているのがわかると思います。画面下の左はDouble Exposureで撮った写真を見ることができ、そこから他のサービスに投稿することができます。右の歯車アイコンのボタンは設定になっていて、ボタンを押すとメニューが上に上がって設定項目が表示されます。
 iPhone 4の場合は画面上部左にはフラッシュの切り替え、右にはカメラの切り替え(インカメラ・アウトカメラ)ができるようになっています。

 
 これは設定ボタンを押したときの状態です。画面下にさらにメニューが表示されているのがわかります。
 画面下の左にShort Delayと表示されていますが、多重露光アプリなので2枚写真を撮ることになりますが、その間隔になります。この部分をタップすることでManual、Short Delay、Long Delayと切り替えることができます。Manualの場合は2回シャッターボタンをタップすることになり、Short Delayは1回シャッターボタンを押すと1秒くらいで、Long Delayは3秒くらいで2回目のシャッターが自動で切れます。
 画面下の右はFlip DX Offになっていますが、この場合はカメラの切り替え(インカメラ・アウトカメラ)が行われない指定になっています。ここをタップしてFlip DX Onに切り替えると、写真を2枚撮るときに1枚目は最初のカメラ、2枚目はもう一つのカメラになります。つまり最初のカメラがインカメラだったら1枚目はインカメラで撮り、2枚目はアウトカメラになります。ここがFlip DX Offになっているとカメラは切り替わらずに2枚写真を撮ることができます。

 Double Exposureで撮影した写真は画面下の左にある写真マークのアイコンで呼び出すことができます。写真自体は撮影後にカメラロールに保存されますが、この画面から写真を指定して、コピーやメールだけでなく、他のサービス(Twitter / Tumblr / Facebook)に送ることができます。

 実際にどんな写真が撮れるかですが、下の写真がそうです。左が同じカメラで、真ん中が別々のカメラ(方向)で撮った写真になります。左は魚眼レンズを一方向だけ付けたものになります。面白いのは、片方に魚眼レンズを付けたりとか両方に魚眼レンズを付けて反対方向同士をつなげるなどおもしろいものができるのではと思います。そして多重露光ながらうれしいのがサイズは2592×1536で保存されるのは非常にうれしいです。

 両方のカメラで撮ろうとするとまっすぐ向いてると自分のアップが写ってしますので、横にして撮ったり、空と地面を同時に撮って多重露光にするとか面白い撮り方がいろいろできておもしろいと思います。