LINEで送る
Pocket

 今週メインPC(Windows XP)が逝ってしまわれまして、急遽サブとしてあまり使っていなかったPCを引っ張り出して作業しています。メインPCはセレロン2GHzでサブPCはペンティアムDという古いPCなんですが、データの移行作業中にWindows 7の面倒なところを見ていて一気にMac購入の検討に入りました。(詳しいところは後日)
 そんな中、うれしい話が飛び込んできました。
 EYE’EMで行われていたコンペ(#SPACES)に入選しました。このSPACESというテーマは難しくて空間とか個人的には思っていてコンペに出していましたが2枚も取り上げられていました。

EYE’EM ? Blog Archive ? Winner living #spaces competition

 1枚目は通勤途中の駅のプラットフォームからの写真です。これはOldCamera [iTunes]iconで一発勝負で撮影した写真です。

iPhone365#172

 そして2枚目は、まさかこの色が入選するとは思いませんでした。どうしても海外の色って明るい中にも暗さがある感じだったりモノクロが好まれたりするんですが、こんだけ派手なものが通るとは正直意外でした。 こちらは今は公開されていないCamera +を使っています。

Harajuku HDR

 入選の情報がサイトにアップされた夜にメールで、写真をベルリンの大学に展示するけどいいか?というメールが届いたので、問題ないと返事したところ、すぐ展示するという返事でその展示風景の写真もFacebookにアップされていました。EYE’EMのチームは本当に実行するのが早くびっくりするんですが、まだヨーロッパとアメリカでしか行われていないのでアジアでもやってほしいところです(スポンサー次第なんでしょう)。
 EYE’EMはこうしたコンテストと展示会を頻繁に行っていて、もしiPhone(もしくは他のモバイルフォン)を持っていて写真に興味ある方は参加した方が面白いと思います。

 コンペなどの情報は、彼らのブログから次はこういう題でコンテストを開きますという内容が更新されます。
EYE’EM – blog

 EYE’EMのiPhoneアプリもあり、一度WebからEYE’EMのサイトに登録してからアプリで写真をアップロードするというのが簡単です。アプリに関しては私も記事を書いていますので興味ある方は見てもらえるとありがたいです。
EYE’EM アカウント登録・ビューア
EYE’EM ? 世界的に有名なモバイルフォトサイトのアプリが登場 
 日本でこういうイベントをやるにはスポンサーが付いたり、展示会場を無料で貸してくれるようなところがないとつらいですね。The iPhoneography User Group Japanでもコンテストはやっていくと思いますが、本当のところは紙にプリントして貼り出してみたいところです。