LINEで送る
Pocket

 iPhone 4標準カメラにもHDR撮影機能があり、このブログでもHDR撮影ができるカメラアプリを過去にいろいろ紹介していましたが、今回紹介するカメラアプリは、後から合成して作るものではなく、標準カメラのように撮影時に使うとHDR写真ができあがるというものです。速さ的には標準カメラにはかないませんが、他のアプリに比べると速く、且つ標準カメラよりも綺麗に面白く写真が撮れます。
iPhone写真のHDRアプリ6種類チェック | favLife 

 実は昨日元旦の初詣写真でも1枚目はこのHDR Fusionで撮影したものです。動いているものを撮るときには2枚を撮影してiPhone標準のカメラでは無理やりくっつけたような感じでおかしな写真になったりするのですが、こちらのHDR Fusionはそこは残像として綺麗に残るので多重露光のような写真になり、昨日撮影した写真を見る限り出来上がりも標準カメラよりもきれいに仕上がっていると思います。ただ劣っているとすれば保存速度と位置情報を記録しないところでしょうか。またこのカメラアプリの開発元はSlow Shutter CamやBurst Modeなど面白いカメラアプリを出しているところでも有名です。

サポートサイトは下記になります。
Slow Shutter Cam Support – Cogitap Software – iPhone Light painting and blur
App Storeでは写真カテゴリーにあります。
HDR Fusion [iTunes]icon

 アプリを起動すると、すぐにカメラが起動します。画面下の真ん中のボタンがシャッターで、その左側は露出調整の変更ができるターゲットを表示するボタンになります。右側は設定になります。
 左側の露出調整に関しては、シャッターを押したときに自動的に行われるのですが、それが気に入らない時にはこのボタンをタップしてターゲット(2つ)を表示し、ターゲットをスライドさせれば移動させることができるようになっています。
 シャッターをタップすると写真を2枚撮影しますが、カメラロールに保存できるのはHDR写真の一枚です。

 こちらの写真は HDR Fusionでシャッターをタップしただけの写真です。自動で暗いところと明るいところを認識してHDR写真にしてくれています。ちなみにこの写真は三脚で固定しているわけではなく、手で持って撮影したものです。
 ぶれている部分も見当たらず、よく撮れていると思います。ここで画面下の右側にあるSaveボタンをタップすることでカメラロールに保存されます。気に入らなければ左側にあるCancelボタンをタップすると撮影時のカメラの画面に戻ります。

 設定画面では、セルフタイマーと写真のサイズを指定できます。セルフタイマーは0秒(なし)、3秒。5秒、10秒とありますが、これは1枚目と2枚目の間隔ではなく、単純にシャッターが切られるまでの時間です。
 写真のサイズは3種類Small、Med、Largeになっています。私はLargeでしか使っていませんが、サイズはブレにも依ると思いますがオリジナルに近いサイズで保存してくれます。

 下の写真は HDR Fusionで撮影した写真で初詣の時に撮りました。夜明け前なので、光はライトの光のみですが、結構面白く、人が動いているところが残像として残っていて綺麗に撮れたと思います。

 動いている所で撮るのはあまり向いていないですが、これだと何か使えそうです。iPhoneの標準のカメラでのHDRだと動いている人などを無理やりくっつけて変な形になってしまうのですが、このHDR Fusionだと無理やりくっつけてないところが気に入りました。