This Is Note 4種類のノートが使えるかわいいフォントが特徴的なiPhoneアプリ

 1つのメモアプリで4種類のノート(一般的なメモ帳、フォトアルバム、日記、Todo)が使えるアプリです。1つのアプリで4種類のノートが使えるのも珍しいですが、使えるフォントは丸文字に近いものが多くかわいい系のフォントが入っていて(普通のフォントも使えますが)女性向けアプリとしての印象を受けました。

サポートサイトは下記になります。
:: This is note ::
App Storeでは仕事効率化カテゴリーにあります。
This Is Note (Note + PhotoAlbums + Diary + Todo) [iTunes]icon
 またノートが10個までしか保存できない機能が限定された無料版もあります。
This Is Note Lite (Note + PhotoAlbums + Diary + Todo) [iTunes]icon

 アプリの起動画面では、ノートがずらりと並んだ状態で表示されます。デフォルトで8つのノートがすでに入っていますが、6つ以上は次のページに指でスライドさせて移動させることで見ることができます。
 基本ノートは4種類で、タイトルを付けていろいろとノートを増やして使う形になっています。細かいところですが、このノート一覧の画面ではタイトルと付けることができると共に、中に記録されている項目数も表示されています。
 ノートの入れ替えは、この画面の左下にあるファイルのアイコンをタップすることで、ノートの削除、順番の入れ替えを行うことができます。
 右下の設定では、使用方法の他にキーボードの上に拡張する文字入力キーが表示されるのですが、そのカスタマイズや絵文字の使用有無、ToDoがあるときのToDoバッジの表示有無などの設定ができます。またアプリ起動時のパスワードロックに関してはロックとONにした時にはアプリ起動時にロックをかけることができますし、各ノート毎にもロックをかけることができるようになっています。ノートというと気になるのがGoogleドキュメントなどと同期できるのかどうかなのですが、そこはありません。しかしながらノートのバックアップと復元はWi-FiでパソコンのWebブラウザ経由で可能なのでデータを間違って消してしまっても元に戻すことが可能になっています。このバックアップと復元もこの設定から可能です。
 新しいノートを作成する場合にはこの画面から「新しいブック」をタップして作成します。ノートには表紙(全9種類)と中地のスキン(全4種類)やフォント(かわいいRixフォント8種類、システムフォント102種類)、ノートの種類(基本、ダイアリ、アルバム、To Do)から選択できます。設定でパスワードロックを使用できるようにしておくと、ノート毎にロックするかどうかも指定できます。

 ノートの種類を説明する前に共通の機能を紹介します。ノートに文字入力する際にはキーボードが表示されますが、通常のキーボードの上に普段よく使うようなキーを割り当てることができます。これは設定からキーボードの楸瑛を選択することで変更できますが、最初は絵文字が割り当てられています。
 各ノートの中の機能では、まず読取専用のアイコンがあり、タップすることで、修正ができないようにすることもできます。オプションでは、中地のスキンの変更や、フォントの変更、フォトアルバム/クリップボードへの保存、メール(フォントメール/フォトメール)、プリントが可能です。通常のメールを送る他にあるフォントメールではフォントのみ反映したメールで、フォトメールは全文を写真にしてメールを送ることができます。というのもノート自体には写真や地図、シールと呼ばれる画像なども貼り付けられるのでこういう複数の形でメールを送れるようになっています。その他、To Do以外では写真を撮る、フォトアルバムから選んで貼り付ける、マップの追加、シールの貼り付けがあります。シールに関しては、上下左右にスライドさせうrことで多くのシールがあるのがわかります。タップすることでノートに貼りつき、指で移動させることができます。シールの長押しでそのシールを削除できます。

 フォントに関しては、ここでは全部触れませんがシステムフォント以外にこのアプリで入っているRixフォント(全8種類)が特徴のあるフォントです。ここでは3種類だけ見せていますがどれも女性向きな感じがします。

 各ノートの説明ですが、まず基本のノート。メモ帳という感じですが、写真や地図、シールも貼り付けられます。画面右上にある+ボタンをタップすることでメモを追加できます。

 次は日記です。日記では日付曜日と表示され、その日の天気をアイコンで変更したり、その日のアイコン(横にスライドできます)を指定することができます。そしてその横の写真は、スライドさせることで地図に切り替えることができます。シールも使えるので日記としてもおもしろい日記が作れるのではないでしょうか。

 フォトアルバムでは写真を貼り付けるだけでなく、文字やシールを張り付けてデコレーションすることができます。

 最後のToDoもデコレーションすることで華やかなToDoにすることができます。

 なかなかよくできたアプリで、バックアップと復元もできるところで安心感はあります。これだけの機能があるとGoogleドキュメントなどへの同期は難しいと思いますが、単独で使うとしたらアプリを複数買うよりかは良いかもしれません。

ARCHエンジニア(本職)、写真人、ライター、レビュアー

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で東京タワーの写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。アプリや雑誌などにも寄稿してます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1.  タイムラプス撮影やスローシャッター撮影できるアプリが登場してからiPhoneを固定して撮るという機…
  2.  関東でも桜満開のニュースが目につくようになりました。しかしながらあいにくの天気で、雨やくもり空。昨…
  3.  前回の記事で、頭痛のためのアプリを紹介しました。このときに自分も頭痛がひどくて記録していましたが、…
  4.  運良く3連休に入ってくれて助かりました。実は先週末からかなり辛い頭痛が突発的に起きて、耐えていまし…
  5.  先日、iStockのコントリビューターに合格した話をしましたが、写真の販売のための審査も50枚ほど…
  6.  もう購入してから5~6年になるNikonのD7000。今でもiPhoneのカメラのサブとして(おそ…
  7.  毎年、花粉症らしい雰囲気がただよっては治るという時期ですが、今年は特に辛いです。特に帰りの電車の中…
  8.  おそらく、iPhoneの写真アプリの中で私が一番多用しているアプリだと思います。Googleに買収…
  9. よく使うカレンダーアプリ  iPhoneで使うカレンダーアプリもGoogleカレンダーを筆頭にいろ…
  10. Pixelに対応したケースが登場  先日Momentから発表がありましたが、Google Pixe…

My Instagram

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る