LINEで送る
Pocket

 今回紹介するアプリはiPhone写真アプリです。最近この手のエフェクトをかけるアプリというのが少ないのですが、その中で出てきたアプリだけに操作性はよくできていると思います。
 一番の特徴としては、操作がわかりやすいところです。フィルターを20種類も備えていますが、変わったところではノイズやフレーム、ライトリークの他に紙質も変えられるという面白い試みも入っています。それでオリジナルサイズの保存も可能なのでいろんなパターンで楽しめるアプリだと思います。

サポートサイトは下記になります。
Maple Studio
App Storeでは写真カテゴリーにあります。
iDarkroom [iTunes]icon

 この画面は起動した状態です。このアプリの中でカメラの起動と写真アルバムからの取り込みが可能になっています。画面が上部が操作のメニューになり、左からカメラを起動してからの取り込み、写真アルバムからの取り込み、設定、保存やメール・Twitter・Facebookへ投稿、ランダムエフェクトとなっています。
 写真を選択することで、保存やメール・Twitter・Facebookへ投稿、ランダムエフェクトが有効になります。
 設定では、カメラを使用したときのオリジナルの写真の保存オプションや、加工した後の写真解像度の指定が可能になります。TwitterやFacebookへの投稿は、一度保存の所から設定することで有効になります。写真を取り込むことで、画面下にさらにメニューが表示されるようになっています。

 写真を取り込むことで画面下のメニューが表示されます。画面下のメニューは左からフィルター(全20種類)、紙質のエフェクト(11種類)、ライトリークとボケ(全13種類)、周辺減光(全5種類)、ノイズエフェクト(全4種類)、フレーム(全7種類)となっており、アイコンをタップすることで、その上にフィルターのサムネイルと文字が表示され、タップすることで選択されます。なおフィルターに関しては1度にすべて表示できないため、横にスライドさせて選択することができるようになっています。そしてフィルターをタップするとすぐ写真の方へも反映されて確認することができます。
(ちなみにこのビルの写真ではボケも使っています)

 エフェクトはNormail, CrossProcess, Hi CP(CrossProcess)., Vivid, CP.Red, Redscale, CP.Purple, CP.Yellow, Lemon, Light Green, Green, CP.Green, Dark Brown, CP.Brown, Dark Blue, Faded, B&W, Hi B&W, Sepia, Hi Sepiaになります。

 紙質は、色によってはわかりにくいかもしれません。ここのサンプルでは明るい色の所(空や建物の壁)などを見るとわかりやすいと思います。この紙質のエフェクトはNormal, Canvas1, Canvas2, Sand, Recycle, Japanese, Wallpaper, Cardboard, Structure1, Structure2,Structure3の11種類になります。

 ライトリークはフィルムが感光したような効果を与えるもので、ボケは一部を意図的にぼかすのですが、ここではボケというよりも、ハートマークや花模様などかわいい光の模様を入れるような感じになっています。
 ライトリーク&ボケはNormal, LightLeakRed, LightLeakBlue, LightLeakOrange, LightLeak1, LightLeak2, LightLeak3, Bokeh1, Bokeh2, Bokeh3, Bokeh4, Bokeh5, Bokeh6の全13種類になります。

 周辺減光は調整する機能はなく、すでにある種類から選ぶものになります。周辺減光はNormail, Vignette1, Vignette2, Vignette3, Vignette4の5種類になります。

 ノイズは、写真の上から汚い感じの効果を与えるものです。ノイズはNormal, Scratch, Peeling, Grungeの4種類があります。個人的にはインターフェース的に増やせる構造なので、もっと増やして欲しいなと思いました。

 フレームは写真の縁をつけるエフェクトで、Normal, White, Rounded, Instant, Black, Black Rounded, Movieの7種類があります。ここもやはり少ない感じがします。次回のアップデートなどで増やして欲しいところです。

 使ってみた感想としてはフィルターは効果がすぐ見れてとても便利だと思いました。ただ少しボリュームが足りないかなという印象を受けましたが、オリジナルサイズの対応であったり、操作性の良さは評価できると思います。