PictureShow 3.0 更なるアップデートで撮影機能UPに加えチルトシフトやHDRまで可能に

 今回紹介するPictureShowが最初にリリースされた頃は、あまりパッとしないどちらかというと消してもいいような感じのアプリでしたが、2.0でグッと操作性・機能性をアップし、3.0で更に機能を向上させています。まずは3.0でどんな風になっているのかYouTubeに紹介ビデオがあがっています。

 上のビデオを見るとわかりますが、変わったところとしては、撮影機能、エフェクト(チルトシフトとHDR)の追加、任意サイズの切取や反転、かけたエフェクトの記録(レシピ)と画面のメニューと見るとわかりますがかなり増えています。

サポートサイトは下記になります。
PictureShow
App Storeでは写真カテゴリーにあります。
PictureShow [iTunes]icon

 以前のバージョン2.0を紹介した記事が下記のリンクになります。
iPhoneで撮った写真に次から次へとエフェクトをかけてくれるiPhoneアプリ PictureShow 

 ここでは新しく追加された機能などを紹介していきたいと思います。まず、アプリを起動したときには、カメラを起動するか写真アルバムから選択するかのメニューが表示されます。カメラの機能。どうしてもエフェクト中心のアプリだとカメラの機能が入っていてもiPhone標準のカメラを使いがちですが、PictureShowのカメラはそこにも注目してもらいたいように標準カメラではできない凝ったカメラを用意しています。カメラの時に画面下に5種類のカメラがありますが、これを選択して使うことができます。画面右にCLOSEボタンがありますが、これはカメラモードの終了で、カメラを選択した後、右側に1つだけ表示されているカメラの部分をタップすることで撮影ができるようになっています。カメラは左から順にノーマル、4枚の写真を並べて1枚に、4枚の写真を縦に並べて1枚に、多重露光、並行に上下2枚を1枚にするカメラになっています。なお写真を撮り終わった後は、エディットモードに移行します。ノーマル以外はエディットモードに移行するのに少し時間がかかるようです。なおカメラモードの時にシャッターボタンの右に設定ボタンがありますが、タイマー設定やグリッド表示、複数撮影した時の各々の写真の保存、連写する際のインターバルの指定が可能になっています。他にカメラにはタップしてフォーカスを合わせる機能や、イン/アウトのカメラの切替、フラッシュの使用有無が操作できます。

 ノーマル以外の写真は以下のようになります。

 エディットモードで追加されたレシピはすごく便利だと思います。一度エフェクトやスタイルを設定したものを記憶しておき、後から呼び出せます。そのレシピも名前は任意で付けることが可能です。方法はエフェクトやスタイルなどを指定した後に画面左上にある?マークのアイコンをタップするとレシピが開きますので、そこで+アイコンをタップすると記憶できます。呼び出す場合も同様に?マークのアイコンをタップして、既に記憶してあるレシピを呼び出すだけで写真にレシピ通りのエフェクトやスタイルを付加させることができます。レシピを削除したい場合は、削除したいレシピの所で左から右にスライドさせてあげれば削除ボタンが表示されタップすることで削除できます。

 あと追加された機能の切取(Crop)や反転(Flip)は以下の図のように切取では、指で任意のサイズに指定の他比率を保ったままの切取も可能です。

 エフェクトをかける際には写真を上下にスライドさせて切り替えていく方法と、以前はレシピボタンの所に一覧を呼び出すボタンがありましたが、一覧を呼び出すボタンは画面上部の中央のエフェクト名のところをタップすることで表示されるようになりました。エフェクトは整理されて22種類から38種類に増えています。そしてスタイルも整理されていてポラロイド風なのもあったのですが、やはり版権の問題なのかフチがあって下に余白のあるものは無くなっています。今回追加されたチルトシフトとHDRはスライダーで調整するものになっていて他のエフェクトと操作が異なります。チルトシフトは写真上での操作(円と横方向の2種類)をそのかけ具合を下のスライダーで調整します。HDRは下のスライダーのみの調整になっています。

 編集した写真を保存する場合は、画面下のメニューの中のShareからカメラロールに保存が可能ですが、Tumblrが新しく追加されています。今回のアップデートはカメラ部分がメインのようですが、面白いアップデートだと思いました。私はおそらくカメラ機能の多重露光は面白そうなので使ってみようと思います。

ARCHエンジニア(本職)、写真人、ライター、レビュアー

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で東京タワーの写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。アプリや雑誌などにも寄稿してます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1.  タイムラプス撮影やスローシャッター撮影できるアプリが登場してからiPhoneを固定して撮るという機…
  2.  関東でも桜満開のニュースが目につくようになりました。しかしながらあいにくの天気で、雨やくもり空。昨…
  3.  前回の記事で、頭痛のためのアプリを紹介しました。このときに自分も頭痛がひどくて記録していましたが、…
  4.  運良く3連休に入ってくれて助かりました。実は先週末からかなり辛い頭痛が突発的に起きて、耐えていまし…
  5.  先日、iStockのコントリビューターに合格した話をしましたが、写真の販売のための審査も50枚ほど…
  6.  もう購入してから5~6年になるNikonのD7000。今でもiPhoneのカメラのサブとして(おそ…
  7.  毎年、花粉症らしい雰囲気がただよっては治るという時期ですが、今年は特に辛いです。特に帰りの電車の中…
  8.  おそらく、iPhoneの写真アプリの中で私が一番多用しているアプリだと思います。Googleに買収…
  9. よく使うカレンダーアプリ  iPhoneで使うカレンダーアプリもGoogleカレンダーを筆頭にいろ…
  10. Pixelに対応したケースが登場  先日Momentから発表がありましたが、Google Pixe…

My Instagram

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る