入門トイカメラ SuperPopCam : その名の通りトイカメラを楽しむためのiPhoneカメラアプリ

 iPhoneのカメラで写真を撮ること自体、まだまだアートとして撮るような事をする人は少ないと思いますが、ただカメラとして使うのでは無く楽しみながらアート感覚で撮れるこのアプリは、これからiPhoneのカメラで遊びたいと思っている人には始めの一歩的なアプリだと思います。
 何が始めの一歩的かというと、普通iPhoneのカメラで写真を撮って保存し、そこからエフェクトをかけたりしますが、そこの時点で結構敷居が高く、エフェクトを選ぶのに時間もかかったりでいろいろ悩んだりするところが出てきます。しかしこのアプリでは、普通のカメラと異なり、リアルタイムにエフェクトをかけた状態でファインダーが見えるので直感的でわかりやすく、そして撮った後でもそのままエフェクトを変えることができるので自分のイメージでそのまま撮れると思います。そしてそこからiPhoneのカメラが面白くなってくるのでは無いかと思います。

サポートサイトは下記になります。
Art & Mobile | for Good mobile applications
App Storeでは写真カテゴリーにあります。
入門トイカメラ SuperPopCam [iTunes]icon

 アプリを起動すると、すぐファインダーが表示されます。フォーカスと露出は標準カメラと同じように画面をタップすることで位置を変えることができます。
 最初はエフェクトが無い状態で表示されますが、ページをめくるように右から左、左から右と画面をスライド(スワイプ)させるとエフェクトが画面下に表示されているエフェクト名と共に変わっていきます。エフェクトが変わっていくので、お気に入りのエフェクトが見つかったら画面下メニューの真ん中にあるシャッターボタンを押すとそのエフェクトで写真を撮ることができます。
 画面下メニューの左側のアイコンは写真アルバムからの取り込みになります。すでに撮って保存してある写真に対してもエフェクトをかけることができます。画面下メニューの右側のアイコンは設定画面を呼び出します。
 画面をスライド(スワイプ)させることでエフェクトも変わっていきます。エフェクトはエフェクト無しも含めて10種類あります。

 画面下メニュー右側のアイコンの設定では、ポップアップで表示されます。ここでは四隅の暗さ(0?5)の選択、枠線(無しも含めて5種類)の選択、写真の形状を通常と真四角から選ぶことができます。
 そして、さらにここから詳細設定を書かれた上矢印のところをタップすると詳細設定画面を表示することができます。

 詳細設定では、まずイメージ設定で、写真にぼかしを入れるON/OFFや、写真のサイズ(640×480 / 960×720)指定、出力の際のTwitterアカウントの設定やその際の画像投稿サービスの設定(Twitpic / twitgoo / yfrog)、Facebookのサインイン設定ができます。
 機能設定では、写真を撮る際にマス目が表示できるガイドを表示のON/OFF、ボタンの音のON/OFF(ミュートにしていると音は鳴りません)、画面下メニューの色(黒 / 赤 / 青)の指定ができます。

 では、実際に写真を撮った後は、どうなるかというとそのエフェクトの写真が表示されます。ここでも左右にスライド(スワイプ)させるとエフェクトを変更できますし、画面下の一番右側にある設定ボタンをタップして、四隅の暗さや枠線、写真の形(通常か真四角)を変更することができます。画面下メニューの一番左側にある左向きの矢印はタップするとまた撮影の状態に戻すことができます。画面中央は保存、その右側は出力で、メール/ Twitter / Facebookに出力できます。ここでは撮った写真でエフェクト(全10種類)を並べてみます。左の写真はノーマル(NO EFFECT)で、左から順番にLEMONADE、VIOLET FIZZ、CHERRY PIE、DREAMY、CROSS PROCESS、HOLLYWOOD、CYANOTONE、SEPIA、BLACK&WHITEになります。

 入門とアプリ名に入れているだけあって、初心者には優しい機能が多くそろっています。しかしながらその分、解像度などを犠牲にしていて(iPhone 4の写真の半分以下)、Flickrで大きい写真で見せるというよりかは、Instagramで見せるような印象を受けました。なので今まで写真アプリを使ってエフェクトも他のいろいろなアプリを組み合わせて完成させてFlickrなどにアップロードしていた人には少し物足りないかもしれません。しかしながら、写真アルバムからの取り込みでは、このアプリ以外で撮った写真の取り込みができ、そこでは2048×1530の解像度で保存できました。このサイズまであればFlickrでも使えます。バージョン1.02では写真の取り込みでバグがあるようですが、次のバージョンで修正されるようです。
 このアプリで写真を撮って楽しさを味わって、他の写真アプリを試していくような感じで、iPhoneography(iPhoneの写真)の世界に入っていく人が、もっと増えればよいなと思いました。

関連記事

ARCHエンジニア(本職)、写真人、ライター、レビュアー

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で東京タワーの写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。アプリや雑誌などにも寄稿してます。

この著者の最新の記事

コメントは利用できません。

このページを

LINEで送る

ピックアップ記事

  1.  運良く3連休に入ってくれて助かりました。実は先週末からかなり辛い頭痛が突発的に起きて、耐えていまし…
  2.  先日、iStockのコントリビューターに合格した話をしましたが、写真の販売のための審査も50枚ほど…
  3.  もう購入してから5~6年になるNikonのD7000。今でもiPhoneのカメラのサブとして(おそ…
  4.  毎年、花粉症らしい雰囲気がただよっては治るという時期ですが、今年は特に辛いです。特に帰りの電車の中…
  5.  おそらく、iPhoneの写真アプリの中で私が一番多用しているアプリだと思います。Googleに買収…
  6. よく使うカレンダーアプリ  iPhoneで使うカレンダーアプリもGoogleカレンダーを筆頭にいろ…
  7. Pixelに対応したケースが登場  先日Momentから発表がありましたが、Google Pixe…
  8.  今回ご紹介するアプリは、タイトルの四季をフィルターで表しているカメラアプリです。この記事を書く頃は…
  9.  お店のショウウィンドウに飾られていたので写真を撮ってみました。男性にとっては無縁のひな祭りですが、…
  10.  私の住んでいるところは今月末から桜がお目見えします。今からすごく楽しみで、iPhoneもいろんなア…

Twitter でフォロー

My Instagram

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る