LINEで送る
Pocket

 前回のInstagramのちょっと便利な小技が好評だったので、今回はもう一つ、iPhoneのカメラアプリの中でも、かなり高機能でこれ一つでかなりの事ができてしまうCamera+ [iTunes]iconの便利な小技を紹介したいと思います。これもアプリを持っている方は知っているかもしれませんが、知らないのであれば知っておくと便利だと思います。

Instagramのちょっと便利な小技 
Camera+ 2.0 ? 公開停止になったカメラアプリが復活。機能も洗練された良カメラアプリ 

 Camera+ [iTunes]iconの最近の動画は見たでしょうか?かなり凝った動画で、新しい機能のClarityを紹介しています。1機能だけでこれだけの動画を作ってしまう程儲かっているのかと思ってしまいますが、すごいです。

 ここではそのClarityではなく、Instagramの時と同様に、長押しでできる事を紹介します。それはCamera+のLightboxの中で使うことができます。長押しで今回紹介するのは私の知ってる2点です。
 カメラモードからLightboxモードに移行した時に、写真をタップすると左図のようにEdit, Save, Copy, Shareと表示されたポップアップメニューが表示されると思います。
 ここで表示されているメニューの2つが今回紹介するものです。



 まず1つめですが、Saveの所を長押ししてみてください。
 通常、Saveをタップしただけだと、Lightboxにある写真がカメラロールに保存され、そのままLightboxからも消えてしまいます。
 ここでSaveのところを長押しすると、メニューが下から左図のように表示されます。
 Save and Removeは、通常のSaveのタップと同様の動作で、カメラロールへの保存と同時にLightboxからも削除されます。
 Save and Keepは、カメラロールに保存をされますが、Lightboxから消えずに写真は残ったままになります。
 Commit Editsは、LightboxからEditでエフェクトをかけたり、比率を変えたりしてもEditを実行するとその状態を保持してくれていますが、その状態をすべて写真に反映(コミット)し、再度エフェクトをかけたり、サイズを変えたりと、Editでやったことが再度できるようになります。つまりCommit Editsを実行すると以前の状態には戻せなくなりますが、例えばエフェクトの2度がけなどもできるようになります。
 意外とSaveしたときにLightboxから消えてしまうのが嫌な人も多いのでは無いでしょうか。


 次は、Copyの所を長押ししてみてください。
 Saveの時と同様に、下から左図のようなメニューが表示されます。
 Copyの機能は、Lightbox内で写真のコピーを取って、Pasteを実行するとで同じ写真を2枚作成できます。
 メニューのCopyはCopyをタップした時と同じ機能で、写真のコピーだけ行います。
 Copy With Edits Committedは、コピーするときに、その写真にエフェクトをかけたりリサイズしたりした内容を反映させた状態でコピーします。つまりコピーしてPasteを実行するとその写真にはエフェクトなどがかかった状態で元写真となっているので、再度エフェクトをかけたりリサイズしたりすることができるようになります。
 Copy Without Editsはコピー元の写真がエフェクトなどがかかっていない状態でコピーされます。つまり元の写真のままコピーされます。エフェクトをいろいろ試した状態の写真を、元の写真に戻す事なしに、元の写真をコピーすることができることになります。

 以上、Camera+のちょっと便利な小技でした。