MW600/B ソニーエリクソンのBluetoothワイヤレスヘッドセット購入

 iPhoneケースを新調して、イヤフォンを差すのがギリギリになったので、ケーブルレスにするためにソニーエリクソンのBluetoothレシーバー MW600/Bを購入しました。私のまわりでも購入している人がいたのも購入のきっかけです。
 実際、すでに使っていますが、iPhoneはかばんやポケットの中に入れたままでケーブルレスで音楽が聴けるのは良いですね。バッテリーを心配していたのですが、思ったよりもバッテリーの減りは少なかったので良かったです。それとイヤフォン自体は、一緒に付いてきたのがu字型が嫌だったのでY字型のAppleのイヤフォンケーブルを使っていますが、問題ないです。音も思っていたよりも満足いくレベルでした。

 付属品は、短いケーブルのインナーイヤーヘッドホン、イヤーピース(S/M/L 3サイズ各2) 、AC充電器があります。AC充電器と本体の端子はmicroUSBなので、エネループなどの充電池からは充電するには別途ケーブルが必要です。

 主な特徴としては、ホームページにも書かれていますが、毎日使う分には十分な機能だと思います。
MW600 | アクセサリー | Sony Ericsson
・ 通話/ラジオ:約11時間、連続待ち受け:約500時間、音楽:約8.5時間
・ 単独でも楽しめるFMチューナー内蔵
・ 着信電話番号、電池残量、FMラジオ周波数や日本語楽曲タイトルなどを表示する有機ELディスプレイ付き
・ 3台までの機器が登録可能なマルチペアリング対応
・ 通話/FM選局/曲送り戻し、音量調節、機器選択などシンプルな操作性
・ 通話時:ノイズリダクション機能、エコーキャンセル機能
・ 密閉型インナーイヤーヘッドホン付属
・ 好きなヘッドホンが利用できる3.5mmステレオミニジャック
・ microUSB充電端子

 この中にある機能でうれしいところとしては、電話の着信時には、電話番号も表示してくれますし、iPhoneの連絡先に登録されている電話番号であれば名前も表示してくれます。残念なところとしては、「日本語楽曲タイトルなどを表示する有機ELディスプレイ」とあるのですが、iOS 4.xのiPhoneでは表示してくれません。しかしながら、iOS 5では「曲名などのメタ情報に対応したAVRCP 1.3以降のプロファイルデータが送信されるようになる」らしいです。

 外見的な事では、背面はクリップ式になっているので、胸ポケットに挟むような形で付けることもできますし、イヤフォンのケーブルが長いとズボンのポケットに挟んだりすることができます。このクリップもしっかりしています。
 あとは軽い(本体13グラム)なんで、ぶらさげてても大丈夫そうな感じです(実際に落としたら怖いのでやりませんが)。

 microUSB端子ということで、ここは仕方のないところですが、エネループで充電したいがためにケーブルも購入しました。これでエネループ本体を忘れなければ万が一にも充電できます。

SONY ソニーエリクソン Bluetoothワイヤレスヘッドセットマイク付き  ブラック MW600/B
SONY ソニーエリクソン Bluetoothワイヤレスヘッドセットマイク付き ブラック MW600/B
メーカー:ソニー
発売日:2010/05/21
参考価格:¥10,800
価格:¥7,118
OFF : ¥3,682 (34%)

SONY ソニーエリクソン ワイヤレスヘッドセット MW600 (ホワイト) MW600/W
SONY ソニーエリクソン ワイヤレスヘッドセット MW600 (ホワイト) MW600/W
メーカー:ソニー
発売日:2010/05/21
参考価格:¥10,800
価格:¥7,118
OFF : ¥3,682 (34%)

USB2.0ケーブル(A to microB) 0.2m ブラック
USB2.0ケーブル(A to microB) 0.2m ブラック
メーカー:バッファローコクヨサプライ
発売日:2010/10/05
参考価格:¥?\819
価格:¥410
OFF : ¥409 (50%)

SANYO USB出力付きリチウムイオンバッテリー (専用高容量リチウムイオン電池使用) KBC-L2BS
SANYO USB出力付きリチウムイオンバッテリー (専用高容量リチウムイオン電池使用) KBC-L2BS
メーカー:三洋電機
発売日:2010/10/21
参考価格:¥4,370
価格:¥4,370

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ARCHエンジニア

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。現在はiPhoneやアプリはあくまで趣味の範囲と割り切り、ロボットの開発に関わる仕事をしています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1.  今回のまとめ買いで新しく買ったレンズの1つであるFisheye 14mmレンズをiPhone 11…
  2.  過去に購入したMomentのレンズは広角と望遠でしたが、今回まとめ買いの際に初めてマクロレンズも選…
  3. 購入の理由や、注意点、あると便利な備品などは前回紹介しました。今回からはメインのレンズの紹介です。…
  4. 長い前説  昨年末にMomentのレンズを買い替えました。今までMomentの外付けレンズは、望遠…
  5.  2月1日といえば、PayPayのキャンペーンが開始です。(すき家の前を通って気づきました)  2…
  6. 2020年1月もあっという間に終わり、明日から2月ということで、1月に買った(食べた?)ものなどを…
  7. 以前、Appleのイベントで紹介されていたiPhone 11 Proのカメラ4画面から2画面の録画…
  8.  ほぼ10年ほど前に、このiWALK(同じメーカーかわかりませんが同じ形状のもの)を使っていたことが…
  9.  AppleのAirPods Pro未だにApple Storeでは出荷日が4週間となっている程、人…
  10.  今までいろんなカロリー管理アプリを使っていた中で一番自分に合っていたアプリで使いやすかったのでこの…

カテゴリー

アーカイブ

Sponsored Link

Sponsored Link

Powered by

ページ上部へ戻る