まるごと路線図 駅すぱあとでおなじみの路線図を表示してくれるアプリ。圏外でも見ることができます。

  • 2011/8/30
  • まるごと路線図 駅すぱあとでおなじみの路線図を表示してくれるアプリ。圏外でも見ることができます。 はコメントを受け付けていません

 私は普段、電車を使う時は、Googleマップか乗換案内を使っているのですが、電車に乗っていると時々圏外などになり、使えない時があります。またどこからどこまでという経路を知っても、実際に地図上のどの位置なのかというの全く理解していないため、いまだに東京都内に入ると、どの町がどこにあるのかという方角が全く分かっていません。ましてやずっと住んでいるわけでも無いので覚えることもできません。そんな時に便利なのが今回紹介するアプリです。見やすくて無料というのもうれしいところです。

サポートサイトは下記になります。
駅すぱあとワールド
App Storeでは旅行カテゴリーにあります。
まるごと路線図 – Val Laboratory Corporation

なおこのアプリはiPadでも使えるユニバーサルアプリになっています。

 
 アプリを初めて起動すると路線図が表示されます。しかし非常に細かいです。ピンチアウトかダブルタップで拡大していくことができます。ここでは東京近郊のマップを開いていますが、設定で、大阪近郊・名古屋近郊・福岡近郊のマップ/路線図も表示できるようです。
 ここではイタズラではないですが、確認のため機内モード(圏外・Wi-Fiなし)で起動していますが、きちんと表示されています。アプリ内部にまるごと入っていることが分かります。ただ無料なので広告が画面上に入っていますがあまり気になりません。(機内モードなのに広告が表示されていますがキャッシュなのかもしれません)
 画面中央がマップと路線図を入れ替わり表示できるようになっていて、これは画面下にあるメニューから切り替えて表示を切り替えることができます。
 画面下のメニューは左から路線図選択、マップと路線図の切替、駅の検索、現在地最寄駅(3G回線・Wi-Fiどちらか有効になってないと使えません)、そして設定になります。

 東京近郊で路線図を表示したところ、JR、私鉄、地下鉄も入っています。これはうれしいです。左のスクリーンショットは路線図を拡大した画面です。右のスクリーンショットは、路線図からマップに切り替えた画面です。機内モードなのでネットワークを使っていませんがきちんと表示されています。マップも拡大もできます。


 路線図の変更画面です。私は東京近郊しか今のところ使う予定はないので、他の路線図は不要なのですが、使う場合はここからダウンロードして使うようです。アプリをダウンロードした直後では、東京近郊もデータのアップデートを行いました。実際東京だけでなく、大阪、名古屋、福岡に出張が多い人には便利かもしれません。
 私も必要に応じて路線図をダウンロードしようと思っています。

 そして駅名の検索ですが、これは人に寄って、使いやすさが分かれるかもしれませんが、マップと路線図は切り替えられるものの、連動はしていません。つまりマップで東京を表示してて、路線図の方は横浜を表示ということができます。これが便利がどうかは使う人に寄ると思いますが、私の場合は便利だと思いました。
 実際に駅名の検索では、マップ表示の時に駅名を検索するとマップにピンが表示されますが、路線図に切り替えた時にはピンは無いので、もし同じ駅名を路線図で検索したい場合は、路線図を表示している状態で駅名検索をおこなう必要があります。

 
 最寄駅の探索機能ですが、当然のことながら、機内モード(3G,Wi-Fi共に使用不可)では使えません。ここで一旦機内モードをオフにして通常の3G,Wi-Fiが使えるようにして、この最寄駅の探索機能を実行してみます。
 私のところでは、正確に最寄駅を表示してくれました。これもマップと路線図は別々で動作するので、見たい方の画面で最寄駅の探索を行います。ここではマップと路線図両方で試してみましたが、ピンは最寄駅に刺さって表示してくれます。マップの方はそれに加えて現在地とその方角まで表示してくれます。

 あと、残りの設定に関しては、近隣駅の検索範囲として、200m,500m,1km,2km,5kmという指定ができるようになっています。駅が密集した地域に住んでいるとここらへんの調整は必要かもしれません。
 オフラインでマップも表示できながら広告はあるものの無料というのはうれしいアプリです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ARCHエンジニア

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。現在はiPhoneやアプリはあくまで趣味の範囲と割り切り、ロボットの開発に関わる仕事をしています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. ちまたではM1 Macの話題でもちきりですが、あと1ヶ月ちょっとすれば、来年が来て、Appleの初…
  2.  天気がすごく良く、普段だったら3連休ですし、遠出したいところなのですが、コロナにもし感染して会社に…
  3.  早めに買えるものは買ってしまう癖になりつつありますが、少し前の記事で書いたように保護ガラスフィルム…
  4.  私の周りでは、圧倒的にiPhone 12 mini購入予定者が多い中、私が選んだのはiPhone …
  5.  少し遅れましたが新しいiPhone 12のイベントがあり、久しぶりに2時に起きて見ました。おかげで…
  6.  年末にはCyber Mondayのセールがあると思いながらも、年に一度のプライム会員のためのセール…
  7.  だんだんと暗くなるのが早くなってきました。在宅勤務の17時くらいにはもう照明が必要になってきて、シ…
  8. 前回の記事にあるようにApple Watch Series 6に買い替えてから2週間経ちました。S…
  9.  9月16日のAppleのイベントの時間は次の日が出社だったため、寝てました(在宅勤務でも寝てたと思…
  10. iPad, iPad mini, iPad Air2など過去に買ってきては、使わないと売ったりして…

カテゴリー

アーカイブ

Sponsored Link

Sponsored Link

Powered by

ページ上部へ戻る