霧がかかったように加工できるiPhoneアプリ iFog

仕事納めも終わり、年末の大掃除に取りかかってますが、去年がほとんどできなかっただけに大変です。日頃からやっておけばいいことが結構あったりしますが、そんなことはさておき、今回はiPhoneの写真などに霧を吹き付けて加工できるアプリです。

開発サイトは下記になります。
● iFog
App Storeではエンターテインメントカテゴリーにあります。
● iFog [iTunes]icon

このiFogは他の加工アプリとちょっと違う所があります。マイクを使って霧を作るというところが面白いです。強く吹けば画面が真っ白になるくらい霧がかかりますし、少し吹くとうっすらと霧がかかります。
そこから写真に対して指でなぞって消していくと下の写真が出てくるというものです。何度も吹いて霧を出して指で消してということができるので、面白い写真ができるかもしれません。
また失敗した場合はiPhoneを振ると霧が消えてくれます。

画面の右下のマークをタップするとメニューが出てきます。作成した写真をそのままメールしたり、保存したりとありますが、カメラで撮った写真をそのまま加工対象の写真にしたり、今まで撮っている写真も対象にでき、最初から10種類の背景写真があるのでそれを使っても霧を付けて加工できます。また消すときのブラシの大きさは3種類あります。

ただこのアプリ使っていて思ったのは、写真を加工するよりも、霧を付けた後に手書きメモ風にメモを書いておくと窓ガラスに落書きしてる感じが出て面白いと思いました。

アプリで遊んでる場合では無いくらい大掃除やら年賀状書きが待ってるんですが、ま?仕方ないです(笑)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ARCHエンジニア

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。現在はiPhoneやアプリはあくまで趣味の範囲と割り切り、ロボットの開発に関わる仕事をしています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1.  少し遅れましたが新しいiPhone 12のイベントがあり、久しぶりに2時に起きて見ました。おかげで…
  2.  年末にはCyber Mondayのセールがあると思いながらも、年に一度のプライム会員のためのセール…
  3.  だんだんと暗くなるのが早くなってきました。在宅勤務の17時くらいにはもう照明が必要になってきて、シ…
  4. 前回の記事にあるようにApple Watch Series 6に買い替えてから2週間経ちました。S…
  5.  9月16日のAppleのイベントの時間は次の日が出社だったため、寝てました(在宅勤務でも寝てたと思…
  6. iPad, iPad mini, iPad Air2など過去に買ってきては、使わないと売ったりして…
  7.  在宅勤務向けにいろいろと買い足していますが、4Kモニターにマウスと来て次はキーボードになります。会…
  8.  6月に在宅勤務用にモニターを購入した話を書きましたが、4Kモニターもっと早く買っておけば良かったと…
  9.  つい最近、マウス購入の記事を出しましたが、思った以上に良くて、もう一台、仕事用に買ってみました。た…
  10.  主にアマゾンからのお届け物の開封の話ですが、最近はビニールの袋に入ってお届けもあったりしますが、メ…

カテゴリー

アーカイブ

Sponsored Link

Sponsored Link

Powered by

ページ上部へ戻る