2008年分の医療費控除してきました

税務署 神奈川はここのところお昼は天気が良すぎるくらいで今のうちにと思い、2008年分の医療費控除手続きをしに税務署まで行ってきました。

サラリーマンで会社で年末調整はやってもらえるものの、医療費控除はやってもらえないんですよね?有休使わないといけないのが辛いところです。今回は昨年に続き2回目ですが、持って行くモノは準備万端でした。
医療費控除は確定申告の人の多い時期に行くのはやめておいた方が良いことは知っていたので今回も確定申告前に申請してきました。

私の場合は、計算しなくても毎月1万円鍼灸治療がかかっているので確実に10万円越えることは分かっていますが、レシートなどはどこか保管場所を決めておいておくと良いです。
前回もやりましたが、そのレシートを全部取り出して、病院毎、薬局毎の合計をExcelで出しています。

税務署へもっていったのは下の5つ
1.会社からもらった源泉徴収票
2.病院/薬局のレシート
3.レシートの合計を出したExcelファイルを印刷したファイル
4.還付金振込先の通帳
5.印鑑

3.のファイルは無くても良いのですが、合計は出しておくと税務署に入ってから電卓で計算する時間が節約できます。

今回は、機械の前で自分が入力することなく空いていたせいか書く書類だけ書いたら係の人が全て入力してくれました。非常に楽♪
時間にして30分もかからずに終了しました。

実際2008年の医療費はMacBook Proが買えるくらいの額でした・・・還付金もらうよりも病院に行かない方が絶対良いんですけどね?こればっかりは仕方が無いです。
ということで1ヶ月くらいで銀行口座に振り込まれるみたいですが、すぐ無くなるかな(笑)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ARCHエンジニア

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。現在はiPhoneやアプリはあくまで趣味の範囲と割り切り、ロボットの開発に関わる仕事をしています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. Momentの一連の記事も一旦この記事で終わりです。が、これからもちょくちょくMomentの紹介を…
  2.  今回のまとめ買いで新しく買ったレンズの1つであるFisheye 14mmレンズをiPhone 11…
  3.  過去に購入したMomentのレンズは広角と望遠でしたが、今回まとめ買いの際に初めてマクロレンズも選…
  4. 購入の理由や、注意点、あると便利な備品などは前回紹介しました。今回からはメインのレンズの紹介です。…
  5. 長い前説  昨年末にMomentのレンズを買い替えました。今までMomentの外付けレンズは、望遠…
  6.  2月1日といえば、PayPayのキャンペーンが開始です。(すき家の前を通って気づきました)  2…
  7. 2020年1月もあっという間に終わり、明日から2月ということで、1月に買った(食べた?)ものなどを…
  8. 以前、Appleのイベントで紹介されていたiPhone 11 Proのカメラ4画面から2画面の録画…
  9.  ほぼ10年ほど前に、このiWALK(同じメーカーかわかりませんが同じ形状のもの)を使っていたことが…
  10.  AppleのAirPods Pro未だにApple Storeでは出荷日が4週間となっている程、人…

カテゴリー

アーカイブ

Sponsored Link

Sponsored Link

Powered by

ページ上部へ戻る