The iPhone Lens Dial : これはゴツイ!回転式レンズ交換iPhoneケース

 Pinterestで見つけたiPhoneケースですが、iPhoneで写真を撮るのに便利な機能が付いたケースになっています。こういう形のものはすでに日本でも発売されていますが、ここまで本格的なダイアル式でレンズを交換できるものは初めてではないかと思います。個人的にiPhoneで写真を始めた頃コンバージョンレンズがいろいろあって、正直こういう形のものがあればいいなと思ってました。それがやっと実現され、欲しいと思ったものの結構高価でコンバージョンレンズは持っているので正直なところケースだけ欲しいところです。

 価格は249ドルで、ワイドレンズと魚眼レンズ、そして1.5倍の望遠レンズが付いています。レンズを持ってないことを考えてもちょっと高いかなと思いましたが、すでに在庫切れで次回は3月入荷のようです。

 そして取り外しは上下にスライドさせるだけの簡単さ。

 三脚を付けれる穴も2か所にあり、iPhoneを縦でも横でも固定できるようになっています。

 こういうのを見せられると、グッと欲しくなります。

 購入は下記のサイトからできるようですが、3月出荷と書かれています。
The iPhone Lens Dial
 日本のコンバージョンレンズを出しているメーカーさんが、このような切替式のiPhoneケース出してくれたら嬉しいんですけどね。関係者の方いたらお願いします。
 Amazon.co.jpでも購入できるようになりました。

Turtleback PentaEye for iPhone5
Turtleback PentaEye for iPhone5
メーカー:Turtleback
参考価格:¥27,600
価格:¥27,600

そしてこのレンズ付きケースの中であったレンズで、小さくても望遠というのが新しいレンズで出てきていますが、ワイド、マクロ、魚眼ときたら望遠も欲しくなります。ケースが一体化した望遠レンズはありましたが、コンパクトな望遠レンズも出てきています。こちらは2倍です。
● iPhone Journal – Schneider Optics announces 2x Telephoto Lens for the?iPhone
 昨年、iPhoneに簡単に取り付けれるコンパクトな望遠レンズを試す機会がありましたが、そこのメーカーさんかも早く出して欲しいところです。以外と2倍の望遠レンズってうれしいんですよね。

ARCHエンジニア

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。現在はiPhoneやアプリはあくまで趣味の範囲と割り切り、ロボットの開発に関わる仕事をしています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1.  新しいiPhoneは動画やブログでもいろんなところで紹介されて、ここが良い、ここが嫌いなどの話が出…
  2.  世間ではApple製品の話でもちきりですが、先日AmazonでKindle Paperwhiteを…
  3.  今日はiOS13(と watchOS 6.0)のリリース日。出社する前にiPhone XSとApp…
  4.  ちょうどMacBook Proを使い始めてから64日経ちました。2019年7月17日からです。その…
  5.  まもなくiOS13が登場するタイミングですが、私が昨年までiPhoneのカレンダーアプリの中でメイ…
  6. Apple Special Event.September10, …
  7.  前回、Instagram上にAppleから写真提供のコメントの話をさせていただきましたが、本日20…
  8. 本日、関東は大荒れの天気で、雪まで降ってました。そんな中、私のInstagramのコメント欄に驚き…
  9.  今回のレビューはFarfallaのiPhone X用のガラスフィルムです。このフィルム、前回のフィ…
  10.  更新もかなりのご無沙汰になりました。仕事も大忙しの中、写真を撮りに行く余裕は無いものの、通勤の行き…

My Instagram

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る