iPhoneのカメラアプリで撮影してもカメラロールに保存できない時の対処方法

  • 2012/10/6
  • iPhoneのカメラアプリで撮影してもカメラロールに保存できない時の対処方法 はコメントを受け付けていません

 iOS 6になってからiPhoneのカメラアプリのコメントを見ると、カメラロールに保存できなくなった(評価の星は1つ)というコメントを見ることがしばしばあります。iOS 6になってから急に増えたと思います。これはアプリ側の問題ではなく、iOSの仕様でこのようになってしまったので対処は自分で行うことになります。
 ただiOS 6よりも前にはカメラアプリを起動すると「写真やビデオに含まれる位置情報の利用を許可します。」というメッセージが出ていいえと選択すると使えなくなるということがよくありました。これはカメラロールにアクセスするためにiOS自体が出しているメッセージなので使用するにしないとカメラロールにアクセスできませんでした。

 iOS 6になってカメラアプリを立ち上げるとこういうメッセージが出るようになったと思います。iOS 6にした後に、初めてアプリを起動すると「(アプリ名)が写真へのアクセスを求めています」。
 ここで許可しないを選択してしまうとそのアプリではカメラロールにアクセスできなくなり写真の保存がそのアプリからだけできなくなります。なので起動したアプリで写真を保存したい場合はOKボタンをタップします。

 もし間違えて「許可しない」をタップした場合、後から訂正は可能です。それはiPhoneの「設定」から「プライバシー」を選択します。プライバシーの中に「写真」がありますので、そこをタップします。そうすると起動したカメラロールにアクセスしたカメラアプリが表示され、オン/オフの設定がアプリ名の横に表示されています。オフのアプリはカメラロールにアクセスできないので保存ができません。オンにすることで保存できるようになります。

 このプライバシーという項目ですが、写真だけでなく連絡先、カレンダーなど共有するアプリの設定ができます。ここは慎重に決めておくべき所もあるかもしれないので1度は見ておくと良いと思います。
 またiPad/iPod touchでも同じことなので、ここでは紹介していませんが確認しておくと良いと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ARCHエンジニア

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。現在はiPhoneやアプリはあくまで趣味の範囲と割り切り、ロボットの開発に関わる仕事をしています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1.  少し遅れましたが新しいiPhone 12のイベントがあり、久しぶりに2時に起きて見ました。おかげで…
  2.  年末にはCyber Mondayのセールがあると思いながらも、年に一度のプライム会員のためのセール…
  3.  だんだんと暗くなるのが早くなってきました。在宅勤務の17時くらいにはもう照明が必要になってきて、シ…
  4. 前回の記事にあるようにApple Watch Series 6に買い替えてから2週間経ちました。S…
  5.  9月16日のAppleのイベントの時間は次の日が出社だったため、寝てました(在宅勤務でも寝てたと思…
  6. iPad, iPad mini, iPad Air2など過去に買ってきては、使わないと売ったりして…
  7.  在宅勤務向けにいろいろと買い足していますが、4Kモニターにマウスと来て次はキーボードになります。会…
  8.  6月に在宅勤務用にモニターを購入した話を書きましたが、4Kモニターもっと早く買っておけば良かったと…
  9.  つい最近、マウス購入の記事を出しましたが、思った以上に良くて、もう一台、仕事用に買ってみました。た…
  10.  主にアマゾンからのお届け物の開封の話ですが、最近はビニールの袋に入ってお届けもあったりしますが、メ…

カテゴリー

アーカイブ

Sponsored Link

Sponsored Link

Powered by

ページ上部へ戻る