9月10日 Appleスペシャルイベント。キタ!iPhone 5C!iPhone 5S!そしてdocomoもキタ!

起きてしまいました(眠りから)。

Apple 2013

 少し寝ぼけて聴いてたのですが、目が覚めたのは、iWorkのアプリが無料で提供されるということ。新しいiOSデバイスを購入した方には、iWorkは無料で提供されるとのこと。Apple Event
 iWorkと言えばiMovie, iPhotoを含んだアプリ5種類。それが新しいデバイスを購入することで無料で提供だそうです。

 iOS 7は、9月18日(現時時間)配布開始!今日じゃなかったのは残念。日本だと19日になりますね。

 そして新しいiPhoneは2種類提供。大方の予想通りの展開です。まず最初はiPhone 5C。Cはカラフルかな。5色展開されます。背面と側面は、一つのパーツで整形され、前面はマルチタッチパネルで継ぎ目が見当たらないそして接合部分もないデザイン。

iPhone 5C

 専用ケースも発売。丸い穴の開いたケース。いろんな色の組み合わせができるところがポップだなと思いました。iOS 7は、iPhone 5Cのために作られたような一体感だそうです。

Apple Event

Apple iPhone 5Cの紹介
アップル – iPhone 5c

アップル – iPhone 5c – 技術仕様

Apple iPhone 5Cの紹介動画
Apple – iPhone 5c – Videos

 そしてもう一つはiPhone 5S。色は、黒、ゴールド、シルバーの3色展開。これはすごい。来たよ64bit。モバイル機器での64bitチップは初搭載。iOS 7は、64bitで動作するようになっていて、32bit版との互換性もあるということで少し安心。そしてスペック的にはCPUのスピード、グラフィックのスピードは今までの2倍。初代iPhoneと比較すると、CPUの処理は40倍、グラフィックの速度は56倍ということで、すごい進歩。

A7

 A7と同時に動作するM7チップも登場。加速度センサーやコンパスを搭載した新しいチップ。新しい「CoreMotion API」が提供され、M7とGPSを組み合わせて1日の動きを監視するアプリが、NIKEより登場するとのこと。気になります!

M7

 しかもバッテリーの持ちは、これまでと同等かそれ以上の長さだそうです。

 今回iPhone 5Sではカメラの話が出てきました。ここはスライドを見るより動画の方が良さそうです。
 明るさはf2.2になり、センサーエリアは15%大きくなりました。Appleは、ピクセル数を増やすのではなく、大きなピクセルを採用。被写体を検知して、異なるフラッシュの色を発光させることで、自然な奥行きのある写真が撮れる。
 シャッターボタンを押し続けると、1秒間に10コマ撮影できるバーストモードも搭載。A7チップの性能により、連続で撮影した写真の中で、1番良い画像が自動選択。
 そして動画撮影は120fps(720p)のスロー撮影に対応。

 そして指紋認証。Touch ID。センサーは、ホームボタンに内蔵され、iOS 7は指紋認証を伝達し、ホームボタンに指をおくだけでロックを解除する事ができる。iTunesで配信されているコンテンツも、指紋認証で購入する事ができる。なおTouch ID(指紋のデータ)は、AppleのサーバーやiCloudには保存されない。

指紋認証

 2年契約の時の価格は、16GBモデル 199ドル、32GBモデル 299ドル、64GBモデル 399ドル(アメリカでの価格)。なおiPhone 5Cの予約は、9月13日より開始。128GBモデルは無かったですね。

iPhone

 iPhone 5CとiPhone 5Sの発売は9月20日から。対象国は、アメリカ、オーストラリア、カナダ、中国、フランス、ドイル、日本、シンガポール、イギリス。日本では、NTT docomoからも発売。

Apple iPhone 5sの紹介
アップル – iPhone 5s

アップル – iPhone 5s – 技術仕様

iPhone 5C / iPhone 5Sの比較
アップル – iPhone – 比較

 カメラの機能が大きく変化したことで、かなーり気になりますiPhone 5S。5Cは予約があるけど5Sは予約ではなく20日のような。Wi-Fiは802.11a/b/g/n Wi-Fi(802.11nは2.4GHz/5GHz)で802.11acは無いみたいですね。残念。

 今回もmacwebcaster.comさんに中継はお世話になりました。
 そして写真はTUAWに(写真元はEngadgetみたいですが)お世話になりました。

 日本はiPhone三国志時代突入ですね。私は今まで通りiPhone 3Gの時からSoftBankなので変わらないかなと。思ってます(買う気満々なのは5Sのカメラのせいです)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ARCHエンジニア

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。現在はiPhoneやアプリはあくまで趣味の範囲と割り切り、ロボットの開発に関わる仕事をしています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. Momentの一連の記事も一旦この記事で終わりです。が、これからもちょくちょくMomentの紹介を…
  2.  今回のまとめ買いで新しく買ったレンズの1つであるFisheye 14mmレンズをiPhone 11…
  3.  過去に購入したMomentのレンズは広角と望遠でしたが、今回まとめ買いの際に初めてマクロレンズも選…
  4. 購入の理由や、注意点、あると便利な備品などは前回紹介しました。今回からはメインのレンズの紹介です。…
  5. 長い前説  昨年末にMomentのレンズを買い替えました。今までMomentの外付けレンズは、望遠…
  6.  2月1日といえば、PayPayのキャンペーンが開始です。(すき家の前を通って気づきました)  2…
  7. 2020年1月もあっという間に終わり、明日から2月ということで、1月に買った(食べた?)ものなどを…
  8. 以前、Appleのイベントで紹介されていたiPhone 11 Proのカメラ4画面から2画面の録画…
  9.  ほぼ10年ほど前に、このiWALK(同じメーカーかわかりませんが同じ形状のもの)を使っていたことが…
  10.  AppleのAirPods Pro未だにApple Storeでは出荷日が4週間となっている程、人…

カテゴリー

アーカイブ

Sponsored Link

Sponsored Link

Powered by

ページ上部へ戻る