あなたのiPhoneのバッテリー消費をおさえる iOS 7の7つの設定方法

  • 2013/10/14
  • あなたのiPhoneのバッテリー消費をおさえる iOS 7の7つの設定方法 はコメントを受け付けていません

バッテリー iOS 7にしたらバッテリーの持ちが短くなった、iPhone 5sにしたら以前よりもバッテリーの持ちが短くなったなどいろんなところでよく聞きます。私の場合、普段の仕事場ではフライトモードにしているせいか短くなったという印象は受けませんでしたが、休みの日にはやっぱり使い込むことが多いので減りは早いです。そんなiPhoneのバッテリーの節約術がMashableに載っていましたので紹介します。(それよりiPhone 5sのクラッシュどうにかしてほしい)

1. Appのバックグラウンド更新

Appのバックグラウンド更新

 おそらく最も多くのバッテリーを消耗させているところは、Appのバックグラウンド更新(デフォルトはiOS 7ではオン)と呼ばれている新機能です。 マルチタスクであることで絶えず更新がWi-Fiか3G回線を使ってバックグラウンドで動作しています。
 この機能を無効にするには、設定 > 一般 > Appのバックグラウンド更新をタップしてください。Appのバックグラウンド更新を全部オフにするか、アプリごとに指定することも可能です。


2.位置情報サービスを使用するアプリ

位置情報サービス

 Google MapsやTwitter、カメラアプリなどはあなたの位置情報を絶えず追跡しています。
 設定 > プライバシー > 位置情報サービスで完全に位置情報サービスを使用できなくするか、アプリごとに指定することが可能です。ただ唯一残しておきたい推奨するアプリとしては「iPhoneを探す [iTunes]」です。iPhoneを無くした時にとても便利です。
 さらに、画面の下にあるシステムサービスの中にある「この近くで人気」や「利用頻度の高い位置情報」を使用(オンに)していると、こっそりその情報を盗んでバッテリー消費しているアプリ達が分かるでしょう。


3.視覚効果を減らす

視覚効果を減らす

 Appleは新しい視覚効果のアニメーションを加えました。壁紙がiPhoneを傾けることで立体的な効果で止まったように動きます。しかしこれは少なからずバッテリーを消費します。また何人かの人々は、動作がとにかく眩惑させていると苦情を言いました。したがって、それをオフにすることに、害はありません。
 この設定は設定 > 一般 > アクセシビリティ > 視差効果を減らすのチェックをオンにします。


4.自動ダウンロード

自動ダウンロード

 App Storeのアイコンをタップしなくても、準備ができている場合は常に、iOS 7はあなたにアプリの最新版を自動的にダウンロードさせます。それは賢い機能です。しかし、あなたのバッテリーが残り少ない時にも、アプリの自動ダウンロードが実行されるということです。
 この機能を無効にするには設定 > iTunes & App Store > 自動ダウンロード の中のアップデートをオフにします。


5.AirDropをオフにする

AirDrop

 AirDrop同じネットワーク上の他のユーザとのファイル共有をすることができます。しかし、Bluetoothを使用しながらもあまりを使用しておらず、バッテリーを消費します。止める場合は、下から上にスライドさせコントロールセンターを開き、AirDropの部分をタップするとオフにすることができます。


6.明るさを下げる

AirDrop

 iPhoneを長年使っている人はご存じだと思いますが、バッテリー消費を防ぐ方法として有益な方法でした。
 またiOS 7も例外ではありません。コントロールセンターから明るさを調整するか、設定 > 壁紙/明るさで変更できます。明るさの自動調節はオフにして手動でするようにしておくこと。


7.Spotlight検索

Spotlight

 Appleの内部検索機能(Spotlight検索)はiOS 7からホーム画面を下にスライドさせることで、任意のスクリーンから呼び出すことができます。しかし、絶えず新しいデータをすぐ呼び出せるためにインデックスを付けているので、それはあなたのバッテリーを消費しています。
 設定 > 一般 > Spotlight検索をタップし、連絡先、App、ミュージック、メモ、イベント、メールなどの中からあなたが必要としないもののチェックを外しましょう。例えばPodcastや他のアプリから見れるイベントなど。

via 7 Ways to Stop iOS 7 From Killing Your iPhone Battery

 バッテリー技術が進歩してもっと長持ちしてくれるようになるとこういうチェックもしなくて済みますよね。それまではこの設定を見直してみるとか、機能を制限したくない方は、モバイルバッテリーでしのぐしかないですね。

cheero Power Plus 2 mini 6000mAh (レッド)
cheero Power Plus 2 mini 6000mAh (レッド)
メーカー:cheero mart
参考価格:?\2,550
価格:?\2,550

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ARCHエンジニア

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。現在はiPhoneやアプリはあくまで趣味の範囲と割り切り、ロボットの開発に関わる仕事をしています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1.  M1 MacBook Airを購入し、届いてから約2ヶ月。開封よりも先にやることが多くて、今週、月…
  2.  1週間ほど間が開いてしまいましたが、前回のiPhone 12 Pro Max用のMomentケース…
  3.  だいたい年末くらいには届くことを想定していたのですが、ホリデーシーズンのセールがあったせいか生産が…
  4.  気分によって、普段持ち歩くiPhoneの壁紙を変えたいという人は多いかもしれませんが、私もそのひと…
  5.  ここ最近は、以前欲しかったけど在庫無しで買えなかったものが復活していることが多くて嬉しいかぎりです…
  6.  ずっと在庫切れだったものが買えたことは、年始に報告しましたが、届きました。Anker Magnet…
  7.  今年の初売りセール。Amazonはある程度、自分の中では抑えたほうだと思います。ユニクロ、昨年もお…
  8. 1月2日から始まったAmazonの初売り。今年は無駄なものは買わないと思いつつも、あっコレ必要とい…
  9.  前回からの続きになります。前回はMOFTのウォレットスタンドだけ紹介しました。今回は、Apple純…
  10.  MOFTから登場したMagSafe対応のマグネットでiPhone本体や、MagSafe対応ケースに…

カテゴリー

アーカイブ

Powered by

ページ上部へ戻る