Deff CLEAVE ALUMINUM BUMPER Mighty2 for for iPhone5S/5 : iPhone 5sゴールドにやっぱりマッチしていた!新年用に衣替えです。

 iPhone 5の時にDeffのCLEAVE ALUMINUM BUMPERを使ってから、そのかっこよさに惹かれてiPhone 5の最後まで付けていたバンパーになりました。
Deff CLEAVE ALUMINUM BUMPER : かっこいい流線型のiPhoneバンパーに変更。しっくりくる感じがとても気に入りました。
 そしてiPhone 5sではいろいろなケースを衣替えしながら、ゴールドのバンパーが出たら速攻で購入。ただ他にも気に行ったケースがあったため、届いてはいたものの、新年用にしようと思ってました。そして本日衣替えしてみました。このバンパーの特徴としてはデザインもあるのですが、その曲線のため手が痛くならず持ちやすい点があります。

【iPhone 5/5S専用】CLEAVE ALUMINUM BUMPER Mighty2 for iPhone5/5S(ゴールド/シルバーメタリック)/Deff

 バンパー自体高価な方だと思います。箱もゴージャスって感じがしました。

CLEAVE ALUMINUM BUMPER Mighty for iPhone5/5S

 本体以外の付属品は、取り付けに使うネジが2本と予備に2本付いています。そしてサウンドON/OFFのボタン、ネジ用に使う六角ドライバーも入っています。

 実際に取り付け後は以下の写真になります。あとこのバンパーにはストラップを付ける穴がありますが今はまだストラップを付けていません。

CLEAVE ALUMINUM BUMPER Mighty for iPhone5/5S
CLEAVE ALUMINUM BUMPER Mighty for iPhone5/5S
CLEAVE ALUMINUM BUMPER Mighty for iPhone5/5S
CLEAVE ALUMINUM BUMPER Mighty for iPhone5/5S

 イヤフォンジャックに付いているのは埃が入るのを防止するためのコレです。安くて、SIMカードを出すときにも使えるので重宝します。クリアタイプや黒色タイプもあります。

<iphone5 >イヤホンジャックキャップ& Lightningコネクタカバー対応  白 ホコリ防止 2セット

 このバンパーの欠点は、Lightningケーブルの端子が太いと入らないところです。ここは注意が必要でApple純正のLightningケーブルは大丈夫です。

 そして反対側に向けるとゴールドで統一感が感じられます。

CLEAVE ALUMINUM BUMPER Mighty for iPhone5/5S
CLEAVE ALUMINUM BUMPER Mighty for iPhone5/5S
CLEAVE ALUMINUM BUMPER Mighty for iPhone5/5S
CLEAVE ALUMINUM BUMPER Mighty for iPhone5/5S

 ちなみに液晶保護は強化ガラスフィルムのコレになります。
REVOLUTION iPhone5/5S/5C対応 衝撃保護ガラスフィルム : 薄さ 0.15mmながらも表面硬度10H!そして透明度98%を誇るフィルムを使ってみる

REVOLUTION 衝撃保護ガラスフィルム 0.15mm 表面硬度10H iPhone5/5S/5C対応 RG015
REVOLUTION 衝撃保護ガラスフィルム 0.15mm 表面硬度10H iPhone5/5S/5C対応 RG015
メーカー:REVOLUTION
参考価格:¥3,980
価格:¥3,980

 背面はこちらのアップルロゴの周りに気泡が出ないものを貼ってます。
Simplism iPhone 5/5S 用 背面保護 気泡が入らない シームレス透明フィルムが本当に気泡が入らないか試してみた。

Simplism iPhone 5/5S 用 背面保護 気泡が入らない シームレス透明フィルム TR-PFIP13-SLAG
Simplism iPhone 5/5S 用 背面保護 気泡が入らない シームレス透明フィルム TR-PFIP13-SLAG
メーカー:Simplism
参考価格:¥780
価格:¥660
OFF : ¥120 (15%)

 やはりデザインがすばらしいだけあって模造品も多いようです。気に行ったけれども本物なのか不安という方は間違いない楽天市場の直営店で購入する事をお勧めします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ARCHエンジニア

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。現在はiPhoneやアプリはあくまで趣味の範囲と割り切り、ロボットの開発に関わる仕事をしています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

ピックアップ記事

  1. Momentの一連の記事も一旦この記事で終わりです。が、これからもちょくちょくMomentの紹介を…
  2.  今回のまとめ買いで新しく買ったレンズの1つであるFisheye 14mmレンズをiPhone 11…
  3.  過去に購入したMomentのレンズは広角と望遠でしたが、今回まとめ買いの際に初めてマクロレンズも選…
  4. 購入の理由や、注意点、あると便利な備品などは前回紹介しました。今回からはメインのレンズの紹介です。…
  5. 長い前説  昨年末にMomentのレンズを買い替えました。今までMomentの外付けレンズは、望遠…
  6.  2月1日といえば、PayPayのキャンペーンが開始です。(すき家の前を通って気づきました)  2…
  7. 2020年1月もあっという間に終わり、明日から2月ということで、1月に買った(食べた?)ものなどを…
  8. 以前、Appleのイベントで紹介されていたiPhone 11 Proのカメラ4画面から2画面の録画…
  9.  ほぼ10年ほど前に、このiWALK(同じメーカーかわかりませんが同じ形状のもの)を使っていたことが…
  10.  AppleのAirPods Pro未だにApple Storeでは出荷日が4週間となっている程、人…

カテゴリー

アーカイブ

Sponsored Link

Sponsored Link

Powered by

ページ上部へ戻る