複数の撮影写真を1枚におさめるiPhoneカメラアプリ

 前回が速く撮るカメラアプリでしたが、今回は連写カメラアプリです(が1回で収まらないので2回に分けます)。1回の操作で連続して撮影して保存できるもの3つ自分が購入したものです。しかし自分の持ってるiPhoneアプリをみるとよく買ってるなと思ってしまいます(笑)

QuadCamera 最初は、ToyCameraで有名な作者さんのアプリでQuadCamera。ボタンを1回押すと指定した間隔(0.1秒?3秒)と枚数(4枚/8枚)を設定し、撮影を行うと1枚の写真(600×800)にして保存されます。このQuadCameraは撮った写真に色の効果が追加できます。

サポートサイトは下記になります。
● QuadCamera – Art&Mobile
App Storeでは写真カテゴリーにあります。
● 連写カメラ QuadCcamera [iTunes]icon

また撮った画像をアニメーションGIFファイルにしてくれるWebサービスもあります。
● QuadAnimator – Art&Mobile

Flickrにもグループがあります。
iPhone ToyCamera

QuadCamera 設定画面から撮影間隔、撮影するレイアウト(2×2/4×1/4×2/8×1)、色の効果、撮ってすぐに写真をプレビューするかどうかの指定できます。またiPhoneの設定から各アプリケーションの設定でシャッター音のON/OFF、フルスクリーンシャッターON/OFF、ボーダーラインのON/OFF、周辺減光のON/OFFができるようになっています。

実際に撮影した写真ですが、保存した時のサイズはレイアウトにより異なります。
2×2(600×800)/ 4×1(1200×400)/ 4×2(1200×800) / 8×1(2400×400)

QuadCamera QuadCamera QuadCamera

 身近にある伊右衛門のおまけを撮ってみましたが、一つ欲しい機能としては、連続以外にもマニュアルが欲しいなと思います。(それだと連写アプリじゃなくなりますが)撮影間隔を3秒にしていても慌てちゃうときあるんですよね(笑)

MoloPix こちらは、自動で連続撮影の他に手動でも撮影ができるようになっているMoloPixというアプリです。最初にレイアウトを決めてから撮影するという手順になっています。また撮影した後に、縁の色を黒・白・無しにしたり、色をカラー・モノクロにしたり、レベルマッチのON/OFFも可能になっています。シャッター音が鳴りませんが次のバージョンで鳴るようになるそうです。撮った写真をそのままmolopix.comのサイトにアップできます。

サポートサイトは下記になります。
● MoloPix – Mobile Lo-fi Photography
App Storeでは写真カテゴリーにあります。
● MoloPix camera -multi-shot [iTunes]icon

 レイアウトを決める画面の右下に表示されているiマークをタップすると設定ができます。ここの設定を見るまで知らなかったのですが一応手ブレ機能も付いています。周辺減光やフラッシュの設定もここでできます。

MoloPix MoloPix

 こちらの画像サイズは変則で、レイアウトにより写真のサイズも変わってきます。
2×1(672×446) / 4×1(692×446) / 2×2(672×882) / 3×2(1002×882)

MoloPix MoloPix MoloPix

MultiShot こちらは前の2つとは違って連続写真ではなく、MoloPixの手動の部分という感じのMultiShotです。現在のバージョンは1.0でこれからの機能アップを期待してしまいますが、上の二つに比べると若干撮影と保存に時間がかかる印象を受けます。但しこのアプリで保存される写真のサイズは上の2つのアプリより大きなサイズで保存することができます。

サポートは下記のサイトになります。
MORINGO.net -iPhone Applications-
App Storeでは写真カテゴリーにあります。
● MultiShot [iTunes]icon

MultiShot 設定はレイアウトの指定とボーダーを入れるか入れないかの指定ができます。保存されるサイズは、レイアウトにより変わります。
2×2(900×1200)/ 4×1(1800×600)

MultiShot MultiShot

 今後のバージョンアップ予定では、撮影のレスポンス向上やレイアウト種類の追加、白黒・セピアの追加などがあるのも楽しみな点です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ARCHエンジニア

投稿者プロフィール

1994年からインターネット開始とともにホームページも開始(長くなるので省略)。iPhoneはiPhone 3Gから毎年切り替え派。写真の原点もここから始まり。海外・国内問わずiPhoneで撮った写真を提供し、iPhoneographyのキーワードを発信しながら普及活動も兼ね作品を出品。2015年 Apple World Gallery、Shot on iPhone 6(iPhone 6で撮影)で写真を提供、世界中のビルボード、新聞、雑誌に掲載。現在はiPhoneやアプリはあくまで趣味の範囲と割り切り、ロボットの開発に関わる仕事をしています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】

ピックアップ記事

  1.  今回のまとめ買いで新しく買ったレンズの1つであるFisheye 14mmレンズをiPhone 11…
  2.  過去に購入したMomentのレンズは広角と望遠でしたが、今回まとめ買いの際に初めてマクロレンズも選…
  3. 購入の理由や、注意点、あると便利な備品などは前回紹介しました。今回からはメインのレンズの紹介です。…
  4. 長い前説  昨年末にMomentのレンズを買い替えました。今までMomentの外付けレンズは、望遠…
  5.  2月1日といえば、PayPayのキャンペーンが開始です。(すき家の前を通って気づきました)  2…
  6. 2020年1月もあっという間に終わり、明日から2月ということで、1月に買った(食べた?)ものなどを…
  7. 以前、Appleのイベントで紹介されていたiPhone 11 Proのカメラ4画面から2画面の録画…
  8.  ほぼ10年ほど前に、このiWALK(同じメーカーかわかりませんが同じ形状のもの)を使っていたことが…
  9.  AppleのAirPods Pro未だにApple Storeでは出荷日が4週間となっている程、人…
  10.  今までいろんなカロリー管理アプリを使っていた中で一番自分に合っていたアプリで使いやすかったのでこの…

カテゴリー

アーカイブ

Sponsored Link

Sponsored Link

Powered by

ページ上部へ戻る